カテゴリ:旅行( 31 )

聖地セドナとアーチーズへの旅2011 5日目-2 Four Corners Monument

忘れていたわけではないが、ちっとも書けずにいた冬の旅行記の続き。
行ってみたいと思います。
f0006855_14232240.jpg

メサベルデを後にし、次なる目的地のFour Corners Monument(4コーナーズ)へ向かいます。
一時間半の旅です。

ここは観光地としてはかなりマイナーなトコロでカーナビには載っていない。
ネットで検索をかけてもなかなかヒットしない、なにげに幻の観光地なんであるが、
20年前にL.A.に駐在していた時から気になっていたので、寄ってみることにした。
f0006855_14283474.jpg

途中はなんもない。
砂漠の田舎の風景が続く。
たまに珍しい自然の造形物があるくらい。
f0006855_14291218.jpg

かなり退屈してきたところで、看板が。
やっと着いたか。
f0006855_14335157.jpg
標識のある角を曲がると入り口が。
なんともしょぼそーな雰囲気だ。閑散としている。
それにしては一人3ドルと、結構高いアドミッションフィー。
ここまで来たからには払いますとも。
f0006855_14374517.jpg

ささ、この先が、Four Corners Monument.
アメリカで唯一、4つの州境が交わるポイントです。
f0006855_1125852.jpg


いろんな立ち位置で撮ってみました。

親子で3つの州に同時にいる図  ↓
f0006855_151773.jpg


4州独り占めの図 ↓  まあオットならやるだろうとは思っていたポーズ。
f0006855_183487.jpg

4州で昼寝する図
f0006855_19613.jpg

などなど、空いていたのでいろんな写真が撮れた。

ちなみにこのポイントの回りは、ぐるっとネイティブアメリカンの土産物屋に囲まれているが、
この日は数店のみが営業をしていた。(目が合うとすかさず呼ばれる(~_~;)
ハイシーズンには全店舗が営業になり、にぎわうのであろうか。
いずれにせよ、オフシーズンに来ないとくだらない写真を撮るのは難しそうだ。

4つの州を股に掛け気が済んだので、明日飛ぶ予定のフェニックスの空港に
少しでも近づくべく、南西に進路を取る。
その為宿は取っておらず、「行けるところまで行こう」という
うぃんちる家十八番の作戦が採用されていた。

メサベルデが冬期で限定公開だったのと、4Cournersで時間がかからなかったせいもあり、旅は順調。
第一候補だったKayentaを早い時間に抜けられたので、3時間弱先にあるFlagstaffまで行くことにした。
f0006855_1265769.jpg

この3時間弱のドライブは西向きに走る。
しかも夕方の時間帯で晴れ。
f0006855_127155.jpg
アメリカの夕日は日本では想像できないくらいキツく、サングラスなんて殆ど役に立たない。
ドライバーは大変である。。


そのうち見事な夕焼けが広がった。
f0006855_1343469.jpg
f0006855_134437.jpg

こんなに美しい夕焼けは滅多に拝めない。
f0006855_1344993.jpg
汚れたフロントガラス越しじゃなく裸眼で眺めたいところだが、日没はすぐそこ。
お宿は決まっていない、ということで道を急ぐ。

とっぷり日が暮れていた午後7時過ぎ、Flagstaffで目を付けていた宿、
Embassy Suites Hotelsに飛び込んだところ、満室で玉砕。
前日夜にチェックした時には、「空室あり」だったのに・・・・

それから、2-3件電話するもどこも満室と断られ、
やっとこさ、”今日は年末の繁忙期だ”ってことを思い知る。
もう悠長に宿なんて選んでいられない。

道を車で流しながら、Vacancy(空室あり)の看板を光らせているモーテルに
手当たり次第駆け込むモードに突入。
でもなるべく内廊下のある中流モーテル希望なんてゼイタクなことも思っていた。
f0006855_21695.jpg
アメリカのモーテルは飛び込み客大歓迎。 外にある看板には 空室情報 が書いてある。
No が点灯すると”空室なし”です。


しばらく走り見つけた Best Western に駆け込んだら「ラスト2部屋」と言われあわてて申し込む。
こんなショボいモーテルに100ドル×2部屋も払うんかい。。。。などと思ったりもしたが、
躊躇しているヒマはない。
同じようなことを考えている客がやって来るんである。

”最後の客”だった我らが手続きをしている間に、レセプションのカウンターの上に置いてあった
"Vacancy"の立札は取り下げられ、「満室です」と断れて去っていく人も見た。

せせせーふぅ~!

ありがとう。Best Western!
野宿にならずに済んで良かったよ。

てな訳で精神的に疲れ果て外食する元気もなく、手持ちのカップ麺をすすり、
デリバーしたピザをつまんで5日目終了!
[PR]
by windchill2 | 2012-02-07 02:20 | 旅行

聖地セドナとアーチーズへの旅2011 5日目-1 Mesa Verde National Park

12月28日はれ 旅は5日目
今日は寄り道しながらアリゾナ州フラッグスタッフまで南下します。
f0006855_1140264.jpg

まずはMesa Verde National Park(メサベルデ)に向かいます。
f0006855_1245231.jpg
f0006855_125059.jpg

f0006855_125893.jpg

f0006855_1251886.jpg

f0006855_1253147.jpg

f0006855_1254291.jpg
メサ・ヴェルデは12世紀頃に作られたネイティブアメリカンの住居跡です。
メサ・ヴェルデとは、緑豊かな台地という意味らしい。
f0006855_126497.jpg
目的の住居跡は入り口の看板からすぐかと思いきや、そこから20kmくらい先の山の上にあった。
高地な上に更に一気に登るので、高山病になる人が多く、「水を沢山のめ」という
注意書きを度々目にします。

ワタシも高山病になったことがあるけども、気持ち悪いし頭が痛いしで
旅が台無しになってしまうんですよね。


f0006855_12135945.jpg
ささ、目的に地着きました。
冬期はオフシーズンということで、一か所だけ公開しています。
さてどんな住居なのでしょうか。
f0006855_12155614.jpg
崖の下に、土壁でできた住居が・・・
f0006855_12165141.jpg
f0006855_1217196.jpg

下へ行くハシゴが
f0006855_132076.jpg

地下室がありました。
f0006855_13201363.jpg

f0006855_13205985.jpg

他に、クリフパレスという200室もある有名な建物があるのだけども、
シーズンオフなので、公開されていませんでした。残念。
[PR]
by windchill2 | 2012-01-14 13:25 | 旅行

聖地セドナとアーチーズへの旅2011 4日目-3 アーチーズ国立公園

デリケートアーチで感動した我ら。
次なる目標のバランスロックへ向かいます。
f0006855_1317250.jpg
絶妙なバランスを保ちそびえ立っている。
バランスロックは駐車場の近くにあるので、簡単に見ることが出来ます。
ちなみにとても大きいです。
f0006855_1317541.jpg
すでに疲れ切っている我ら。
車から降りたのは、ワタシだけでした。

陽も傾いてきたので、ダブルアーチへと急ぎます。
このアーチは、インディージョーンズ最後の聖戦の舞台だそうです。
f0006855_13192635.jpg
懲りずにまた登りだす我ら。
f0006855_1322355.jpg

足場が悪くてかなり怖かったです。
f0006855_13224574.jpg
f0006855_13225245.jpg

f0006855_13225713.jpg
f0006855_13231237.jpg
f0006855_1323186.jpg

近くにあるWindowsも見たかったが、日没が近いのと疲れたので、
遠くから眺めるだけになった。
f0006855_13254421.jpg
この頃になると、夕陽にあたり、岩々が燃え出して美しかった。

デリケートアーチはどうなってるんだろうか?
きっと綺麗だろうなあ、なんて思いつつホテルへ向う。
f0006855_13271963.jpg
f0006855_13272684.jpg
神々しい風景。
f0006855_13273330.jpg

今夜もHampton Innにお泊りです。
女子チームのお部屋。
f0006855_1328536.jpg


明日は、魅惑の都市 Mesa Verde に向かいます。
[PR]
by windchill2 | 2012-01-10 13:35 | 旅行

聖地セドナとアーチーズへの旅2011 4日目-2 アーチーズ国立公園

4日目 アーチーズの続き

パーキングで軽くランチを食べたら、この旅で一番楽しみにしていた
デリケートアーチへと向かいます。

デリケートアーチは奥まったところにあり、パーキングからは歩いて小一時間程。
大したことがないと思っていたのだけども、我が家的にはセドナのカセドラルロック登山なんか
足元にも及ばないほどの難所だった。
ともかく遠い。 
険しい道はほとんどないけれど、だらだら続く上り坂を歩き続けるのが辛かった。
では、レポをば。
f0006855_1422735.jpg

f0006855_1431417.jpg

休み休みゆっくり進む。
外気温は低いものの、日差しが強く汗ばむ。
冬でこうなのだから、夏はかなりの苦行になると思われ。
f0006855_1433127.jpg

f0006855_1445228.jpg
はるか遠くに、出発したパーキングが見えるが、先はまだ長そうだ。
f0006855_1451746.jpg

f0006855_146985.jpg
この大きな岩盤を登りきったら・・・・ と期待は膨らむ



世の中そうは甘くない
f0006855_211881.jpg
しかも、周りから人気がなくなってしまっていた。
もう一組、東洋系の父子がいるだけ。
大勢いた人々はどこへ?
疑問に思いつつ進んでいくと
f0006855_223291.jpg
先のほうで一号が「アーチだ」と叫んでいる。
えええ、着いちゃったの。
あの先に見える小っさなアーチがあれ?

いろんな人のサイトを見ると、
「崖っぷちの登り坂を上りきると、目の前にアーチが飛び込んできて、感動!」
と書いてあるけど、これが感動?????
細い坂道登ってないし

なんて思っていたら、先行していた一号がまた叫んだ。

「道間違えたよ、 アーチの麓までは行けるけど、それ以上は先に進めないよ 」

一見アーチまでいけそうですが、かなり危険を伴うかんじ。
足を滑らすと、すり鉢状の底まで滑落です。万事休す。
二人の勇者が反対側まで渡ったが、
同じく道を間違えた殆どの人は引き返してきます。
f0006855_236588.jpg

渋々正しい道へと引き返した。
かなりの迂回なので、体力的にも精神的にもダメージは大きい。
f0006855_2373656.jpg

やっと、正しい最後の坂道へたどり着く。
f0006855_229368.jpg
この坂道が一番の難所だった。
凍っていてツルツルな上に道幅が狭いので、下山者と鉢合わせすると大変である。
転んでいる人も数人目撃。痛そうだ。

坂を上ると・・・・
f0006855_2452420.jpg

コレよ、コレ。感動のシーン。
f0006855_2444345.jpg

同時にワタシは安堵感でいっぱいだ。
しかし素晴らしい景色。
いったいどうして、このような巨大なアーチが浸食されずに残ったんだろう?
このアーチ部分だけ固いんだろうか?
f0006855_9444389.jpg

景色を堪能して帰路につく。
大抵帰りみちは、行きはなんだったんだろうか?
と思うくらい短く感じるけれども、
今回に限ってはそんなことがなく、すっごく遠かったです。

そんな道のりを、あかちゃんを背負ってやってくる人や、
ベビーカーを担いでやってくるツワモノもいた。
あの最後の凍った細い坂道もなんのその、赤ちゃんを乗せたままのベビーカーを
両親が前後で持って、タンカのようにして登ってきた。
恐るべし。 ワタシにはできないよ。
いろんな意味で感動のデリケートアーチ観光だった。

その3へつづく
お次はダブルアーチとバランスロックでございます。
[PR]
by windchill2 | 2012-01-09 02:59 | 旅行

聖地セドナとアーチーズへの旅2011 4日目-1 アーチーズ国立公園

12月27日はれ 寒い!旅は4日目
f0006855_13562030.jpg
昨日までと打って変わり、標高1000m以上あるMoab(モアブ)の朝は寒い。
車の窓には霜がびっしり。
f0006855_13552429.jpg
ホテルで提供される暖かい朝ごはんを食べ、出発。
f0006855_1351955.jpg
モアブの街を抜けしばらく行くと、Arches National Parkだ。(アーチーズ)
f0006855_13511462.jpg
パークレンジャーに自分たちの持ち時間を告げ、お勧めのポイントを教えてもらう。
お勧めは、ランドスケープアーチを見て、その後一番有名なデリケートアーチへ向かい、
その後ダブルアーチを見る、というプラン。
f0006855_13512138.jpg

f0006855_13513548.jpg
うーん、結構寒いかも。
f0006855_1351559.jpg
f0006855_135254.jpg
f0006855_13515218.jpg

f0006855_13521089.jpg
つまらない道をだらだらと歩いてきたので、なにかどどーんと欲しかった我らには、
ちょっと地味すぎたアーチだった。
このアーチは崩落を繰り返し、細いところは幅2m程で、何時崩壊してもおかしくないんだそうだ。
下を通るトレイルがあったらしいが、今は危険なので閉鎖されている。
f0006855_148944.jpg

f0006855_13521994.jpg
さらっと見て、帰途に着く。。はずが、その先の険しい道なき道に2号の心が奪われた。
パークレンジャーによると、この先にはダブルオー(W.O)アーチがあるらしいが、
道程がかなり険しく時間がとられる為、他のアーチも行きたいのであれば、スルーがベター。

しかし、我が子たちは止まってくれないのである、とほほ。
f0006855_13522310.jpg

f0006855_13524081.jpg

f0006855_1415105.jpg

f0006855_14153433.jpg

f0006855_14155425.jpg
2号が、いぇーい!とポーズと取ったところで、リングにタオルを投げ入れた。
もう帰るよ。
ダブルオーアーチへは、まだ半分も来ていないのだ。
2号も満足していたので、すんなりパーキングまで引き返すと、11時近くなっていたので、
早めのランチ。
f0006855_13525959.jpg
パーク内には食べ物が売っていないという話だったので、スーパーで買ったサンドイッチとチップス、それとホテルで貰ってきたバナナ。
ブーイングだらけのランチだったが、食べてみればかなり美味しく、みな満足する。

お次は、この旅で一番楽しみにしているデリケートアーチへ向かう。

つづく
[PR]
by windchill2 | 2012-01-07 14:29 | 旅行

聖地セドナとアーチーズへの旅2011 3日目-2 メキシカンハット

12月26日 モニュメントバレーからの続き

モニュメントバレーを後にして、163を北上。
メキシカンハットへ向かう。
小さな町を通り抜けたら、さらっと出てくるモニュメント。
f0006855_11354295.jpg

かなり地味目ですが、確かにメキシカンハットをかぶっているように見える。

てことで、次へ。
目的地まではまだ200kmほどあるので、あんまりゆっくりいしてるヒマもありません。
本来163をそのまま進むと速いのだけども、ビューを求め261を北へ迂回し
Valley of the Godsを臨みながら進む。
f0006855_1136826.jpg
と、視界に大きくて高い壁が迫ってきた
f0006855_11361685.jpg
f0006855_11362495.jpg
うへ、ココ上がって行くの?なんて話しているうちにみるみる崖のきわを登りだした。
f0006855_11363145.jpg
車内はコワイコワイの大合唱。
落ちそう~
1号はこの旅で、スリル満点のこの崖っぷちの道が一番印象に残っているらしい
f0006855_11363853.jpg

f0006855_11364410.jpg
f0006855_1319787.jpg
なんつか、言葉が出ません。
かなり遠回りでしたが、それだけ価値のある道だった。
「グランドサークルへ行っちゃうと、どこもつまんなくなっちゃうよね。」
って友だちと話したんだけども、その通り。


f0006855_1319850.jpg
風景は秋から冬へ。
このあと日没。以降写真なし。
アーチーズ国立公園へのゲートシティMoab(モアブ)はかなり寒かった。

27日へ続く
いよいよ、アーチーズへ入ります。
[PR]
by windchill2 | 2012-01-05 13:46 | 旅行

聖地セドナとアーチーズへの旅2011 3日目-1 モニュメントバレー再び

12月26日はれ 気温40°F前半(6-7℃)
午前8時、セドナを後にしユタ州のアーチーズ国立公園へ向かいます。
寄り道せずに7時間半の旅です。
f0006855_137190.jpg
f0006855_137734.jpg
f0006855_1371228.jpg
f0006855_13153141.jpg
寄り道しないのもつまらないので、まずは3度目になるけどもモニュメントバレーへ向かいます。
f0006855_137259.jpg

f0006855_1371920.jpg

走ること5時間、モニュメントバレーが間近に迫ってきた。
f0006855_1372988.jpg
入場料一人5ドルを支払いビジターセンターへ。
f0006855_1373210.jpg
f0006855_1374013.jpg

f0006855_137526.jpg

f0006855_13223126.jpg
f0006855_1322527.jpg
しばしビュートを眺めたら、車で下界へGo!中の世界を回ります。
前回はキャンピングカーで来たので、ツアーに参加したのだけども、
今回は問題なしの車だったので、自分たちで未舗装の道を回った。
f0006855_1375762.jpg
f0006855_138188.jpg

↑ 今回は昼間だったので、影がなく全体的に風景がのっぺりとしている。
ちなみに夕暮れ時に撮った前回の同じ場所はこう ↓
f0006855_13262687.jpg
訪れる時間により全然表情が違いますね。
f0006855_13111782.jpg

ささっと回り、次なる目的地、メキシカンハットへと向かいます。
f0006855_13112250.jpg
おおっと忘れちゃいけない、ポイント。
f0006855_13112649.jpg

どこまでも続くまっすぐな道。
圧巻です。
驚くべきとことは、ずっと先に見える地平線までが10分~15分で行けるということ。
数時間先の目的地を考えたら、気が遠くなったりする。

つづく
[PR]
by windchill2 | 2012-01-04 14:03 | 旅行

聖地セドナとアーチーズへの旅2011 一日目

2011年12月24日(土)晴れ
午前8時フライトの為、午前5時起床、午前6時出発で、オヘア空港へ向かう。
休日の朝なので、15分かからずに空港へ到着。
ロングタームパーキングから空港施設まではモノレールを使うので時間がかかるものの、
国際空港へのアクセスの良さは、素晴らしすぎると毎回思う。
f0006855_7164055.jpg
空港で夜明けの風景を眺める。
f0006855_7394894.jpg
およそ3時間半のフライトののち、アリゾナ州フェニックス到着。
Sky Harbor International Airport(スカイハーバー)空港は小ぢんまりとした南国風の空港です。

アリゾナ州フェニックスは砂漠の中の都市で、夏は40℃超、冬でも20℃以上あり晴天率が高く、
シカゴとは両極端なトコロであり、マイアミと共にシカゴのご老人たちの冬場の避寒地になっている。 
街はサボテンで溢れ、12月のこの日は半そでOKな感じだった。

f0006855_7165825.jpg
ちゃちゃっと車を借り、ランチをして出発。
目指すは、日本でも有名になりつつあるネイティブアメリカンの聖地、セドナ。
パワースポット(ボルテックス)が点在している癒しの町らしい。
2時間ほどのドライブで到着です。
f0006855_7172088.jpg
セドナが近づいてくると、聖地っぽい風景が広がる。
f0006855_7172595.jpg

f0006855_7321137.jpg
午後2時すぎ、セドナに到着。
とりあえず滞在予定のホテルへ赴き、チェックイン。
f0006855_7321311.jpg
Hilton Sedona Resort&Spaの2ベッドルーム。
真ん中にリビングルームを挟んで、ベッドルームとバスルームが両翼にあります。
2号もトシゴロになってきたので、流石に一家で一部屋はキツクなってまいりました。
以降すべての日程は、女子、男子チームに分かれ宿泊です。

冬とはいえまだ日が高いので、早速お出かけ。
街の真ん中で存在感を振りまいているBell Rock(ベル ロック)へ向かう。
視覚的にもインパクトがあるが、最もパワーの強いボルテックスがある場所とも言われている。
f0006855_732932.jpg
駐車場からしばし鑑賞。
明日は登ろうか、などと考えつつ次なる場所へ向かう。
f0006855_7173489.jpg
当初、夕日がきれいと言われているAir Port Mesaに行くつもりが、
途中で寄ったビジターセンターで「もっときれいなところがある」と
勧められた夕日のポイント、Red Rock Loopへ行く。
f0006855_8105364.jpg
確かに素晴らしい風景でココロが癒されるのである。
f0006855_8124288.jpg
満足するまで景色を堪能し、ホテルへ戻って一日目終了。

冬の旅行は日が短いので、夏の様にだらだらと回れない。
時間との勝負だ。
[PR]
by windchill2 | 2012-01-02 08:23 | 旅行

TRip to Door County 2010 ・・・4 お終い

f0006855_135497.jpg

さて、今回の旅のラストを飾るイベントが待っています。
それは。

Fish Boil を食べる!

文字通り、“魚の茹でたもの”のなんですが、Door County の名物です。
Fish Boil の単独パンフレットがあるくらい力が入っており、
食べないって手はないでしょ。という雰囲気。
調理風景が必見らしい。

このショー。
あちこちのレストランで開催されるのだけど、
夜の時間帯しかやっていない。

早い時間帯にこの地を後にしたい我が家は、
一番早くスケジュールされていた
The Viking Grill というレストランへ向かいます。
f0006855_1545548.jpg

お店に到着すると既に調理が始まっていて、ジャガイモと玉ねぎが
グツグツと煮えたぎる大鍋で茹でられているところだった。
f0006855_141178.jpg
鍋守のおじさんに、「魚は入ってるの?」の聞くと
「まだだ」とのこと。  

しばらくして魚が運ばれてきました。
f0006855_1412571.jpg

ううー、結構グロイ絵です。魚が得意じゃない1号ドン引き模様。

これを鍋に籠ごとドボンと投入し、続いて塩も投入し、しばし煮ます。
これだけ。 凄くシンプル。
そして、おじさんが俄かに注目を引いたと思ったら、

ファイヤー!!! ををを~

f0006855_141495.jpg

このファイヤー、調理的にはさほど、というか全く?意味がなさそうなんですが、
楽しいのでよぉぉぉぉし。

ささ、魚が煮えたようです。
f0006855_1424016.jpg
おばさんの手を借り、ざっぱーんと籠を上げます。
f0006855_1484993.jpg
店内へ入り給食の時間のごとく並びます。
「あ、それじゃなくて、あっちの身がいいんだけど~?」
などと言えない雰囲気の強面の給食当番が、無言でサーブしてくれます。

f0006855_1434190.jpg

いよいよお食事タイム。
煮上がったばかりの魚とお芋と玉ねぎに、たっぷりの溶かしバターとレモン汁をかけ
いただくんですが、コレがうま~い!!
2号はもちろん、あの魚嫌いの1号さえ「うまい」と言って食べました。

淡水魚特有の臭みが殆どなく、んとに美味しかったんです。
ついでのチェリーパイも甘すぎず美味しかったです。

この魚は、先ほどのMaster Boiler(なんか凄い響きだ)のダンおじさんによると、
ミシガン ホワイトフィッシュ(Coregonus clupeaformis)だそうです。

f0006855_156819.jpg
お店はこんな感じでございます。
The Viking Grill


時は午後5時半。
美味しい魚料理も食べることができたし、
数件のお宿でVacancy(空室あり)の看板を見かけたので、
ここらでお宿を取って・・・・と行きたいところですが、

我が家の”いきものがかり”2号が、家に置いてきたトカゲちゃんを
旅の間中酷く心配しており、このまま家に帰ることにした。

てな訳で、一路シカゴの自宅へ。
頑張れ、専任ドライバー、オット。
非情な家族は爆睡させていただきます。

午後10時すぎ自宅に到着。
オット曰く、運転中にあちこちで花火が上がって綺麗だったとのこと。

今回の旅は、1号の運転教習もかねていたのだけれど、
イリノイ州って、片道5時間半のうち1時間ほどしかなく、
あんまり教習時間を稼げなかった。これは失敗だった。
やっぱり南に行かねば、と思うのだった。

おしまい
[PR]
by windchill2 | 2010-07-07 01:58 | 旅行

TRip to Door County 2010 ・・・2



7月4日(日)
6時半起床。
朝食サービスが始まる7時にカフェで、朝食。
f0006855_648050.jpg

卵料理やら、ソーセージ、ワッフル、シリアルなど結構充実していて、
「ご飯いらない」といっていた子どもら、もりもり食べます。

すでに曇り空な上に強い風が吹いていて、
午後からお天気が崩れる予報だったので8時前に頑張って出発。
いざ、ドアカウンティーへ。
f0006855_6505933.jpg

農業王国、ウィスコンシンののどかな風景が続く中、
半島の西側を抜ける42番で北上。
f0006855_6543157.jpg

途中途中で、小さな町をいくつか横切っていきます。

f0006855_6545283.jpg

それぞれの町の沿道には、建国記念日と言う事で星条旗と沢山の折りたたみ椅子が。
何事かと思ったんだけど、午後9時頃から始まる花火大会の場所取りなんですね~。
建国記念日は、各地で大がかりな花火大会が行われる唯一の日なのだけど、
時は午前9時前。 前日から置いてる?
気合いを感じました・・・。


途中のSister Bayには、あるコトが名物のレストランがあります。
f0006855_656295.jpg
それはヤギー!
f0006855_6593590.jpg

本物のヤギが、レストランの上で草を食んでいます。
Al Johnson’s Swedish Restaurant

ドアカウンティーでは、こんな風に屋根に草を生やしている家をちょくちょく見かけますが、
ヤギがいるのは、ほとんど、というかここでしか見ませんでした。

この草の屋根、北欧の伝統的なスタイルらしく、断熱性が優れているんだそうだ。
日本のかやぶき屋根のような感じでしょう。

そして途中にあったくねくね道。ちょっと面白い。
サンフランシスコの Lombard Street の自然版ってかんじ?
f0006855_754455.jpg
まっすぐ作れない理由でもあったのだろうか。


午前10時ぴったり。
Ellison Bayのツーリストインフォメーションが開店時間だったので寄って、
案内係のおばあちゃんにアレコレ指南していただき、
Washington Island 行きのフェリー乗り場へと向かいます。

3 へ続く
[PR]
by windchill2 | 2010-07-06 07:13 | 旅行


2004年8月15日より、オットの転勤に伴い、シカゴで駐在生活を送っています。子供と一緒に、アメリカ生活を楽しんじゃおう!


by windchill2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

東京都出身。
90年代にカリフォルニア州に駐在。2004年8月より、シカゴ郊外に2度目の駐在中。

《主な登場人物》
オット  
1号♂ 17さい 
2号♀ 12さい
累計: 検索エンジン登録 
本日: SEO対策
昨日: メール配信   
アクセスアップ


旧ブログ→→→→→→→


windchill659(a)gmail.com
↑の(a)を@に変更して送ってください。

多忙のため、お返事を書くことがなかなかできませんごめんなさい。
シカゴについてのご質問等は、US新聞ドットコム住むトコ.COMなどの掲示板を利用されると、情報が集まりますよ






AX
Free counters!
free counters


カテゴリ

全体
ごあいさつ
旅行
日本
未分類

以前の記事

2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
more...

最新のトラックバック

アクアリウムの調査
from アクアリウムのアレやコレ。。
アクアリウムRSS
from アクアリウムのアレやコレ。。
アクアリウムの調査
from アクアリウムのアレやコレ。。
アクアリウムに関する記事
from アクアリウムのアレやコレ。。
コラーゲンパックでお見合いへ
from お見合い

検索

タグ

(68)
(54)
(52)
(41)
(35)
(34)
(30)
(22)
(21)
(20)
(19)
(19)
(15)
(14)
(13)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)

その他のジャンル

忍者ツール

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧