<   2006年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

【マロンロール】あっという間に金曜日の夜

f0006855_1250236.jpg
今回は、栗! クラッシュした栗入り。
クリームには、マロンクリームも仕込んでありマス。


■■■

あっという間に金曜日になっていた。
今週は早かったなあ~。

今日はなんだかとっても面白いトコへ行き、面白い体験をした。
久しぶりにワクワクどきどきしてしまいました。

さて。
最近アチコチでバラまいている、ロールケーキ。
レシピを聞かれたりすることが多々あるのだけれど、
レシピを聞かれることは、食べた方が気を遣って聞いてくださっている・・・・
つまり、社交辞令と思っている。

ところが社交辞令ではなく、実際に作ってくれる人が結構いるみたいです。
この前、以前レシピを教えた方のお宅に訪問したら、
ロールケーキ用の材料やら器具やらがどーんと一式買い揃えてあり、
「今夜焼こうと思って」と質問攻めにあって面食らった。 

これって、押し売り派手作りお土産派にとってはとっても嬉しいことです。
作ってくれるって事は、“美味しい”って思ってもらえたってことだから。

そんな流れでロールケーキ教室を友達相手に、ごくたま~に開くようになった。
だけど、実は人に何かを教えるのは非常に苦手だったりするアタクシ。
(いつも大雑把に仕事をしているので、ちゃんとしてないからね)

このロールケーキの生地は、「例の」魔法のスポンジなので、
失敗というものがほとんど無い。
だからあたしでも教えられるんだけど、怖いのはパン。
未だこっちの粉のクセをつかんでおらず、失敗を繰り返しているくらいなので、
パン教室だけは頑なに断っていた。

が、ついに久々にパン教室を開いてみた。
当日ははたしてちゃんと膨らんでくれるのか?とドキドキしたものの、
なんとかパンが出来上がってくれて、ほっとした~。
そうして“生徒さん”になってくれたお友達からくる質問が結構勉強になり、
改めて気づいたところや、思い出したところがあった。
つくづく、人に教えることって、自分の勉強にもなるんだなって思ったのでした。

それでね、初心者だったころ、ちょくちょく作っていたレシピで
久々に捏ねてみたのだけれど、やっぱりべタついてとっても扱いにくい。
水分量、日本のレシピよりかなり減らさないとダメみたいです。
久々にパンを研究したくなりました。
やりたいことだらけの、秋ですな。



f0006855_12522890.jpgそして、前回書いた1号作のお弁当。
結局作ったのは、2日だけだった。
が、以来、おコメを研いでくれるようになった。
ありがたや~。

しかしなぜか、彼の炊いてくれるごはんは、やわらかい。
水の量もあってるのになあ。
研ぎすぎってあり?

そして困ったことあり。
彼が弁当持ちになってから、冷凍ご飯が激増した。
冷凍ごはん、ビニール臭くて嫌いなんだよね。
もったいないから食べるけど。
[PR]
by windchill2 | 2006-09-30 13:11

【コーンパン】 1号、料理研究家への第一歩

f0006855_21274743.jpg

「もう、お弁当作るのやだー!自分で作れ!!」

と、冗談半分でキレた翌朝の昨日。
寝坊をしたら、1号が自分でお弁当を作っていた。

しかし家を出る時間まであと10分というところで、
ソーセージ炒めとご飯しか出来上がっていない状態だし、
朝食も食べてもいない。

どうもみても遅刻なので、テコ入れをした。
あー、過保護だ。いかんいかん。

弁当が出来上がらなくたって、ホットランチ(給食)があるんだから。
↑でも、未完成放置の1号弁当食べるのイヤだー。
それに、バスに乗り遅れた1号を、学校まで送っていくのはイヤだー。

と、母は朝から葛藤するのだ。


週刊文春8月31号の、“阿川佐和子のこの人に会いたい”のゲストは、
料理研究家のケンタロウさんだった。
かの有名な小林カツ代さんの息子さんです。

この対談が結構面白くて。
彼の子ども時代の話や、不本意ながら料理の道に進むことになった過程が、
料理好きの息子を持つあたし的には、結構ツボでした。

おっと、7時00分。あと15分で家を出る時間だ。

今朝もキッチンにいる1号にアドバイス口を出していたら、
“およびでない”と切られ、“ああ、そうですか!!」と逆切れしたあたしは、
こうしてキッチンから遠く離れたところで、ブログを書いている。

そろそろ手伝いに行ってやっか。




■追記■
その直後、ヤツは弁当を仕上げ、支度をして、5分ほど余裕の時間を送って、学校へ行った。
をを、素晴らしい!
お弁当の中身は凄かったですが。

そろそろ7時半なので、2号を起こすか。
二人の登校時間差、1時間45分。
最近やっと、このルーティンに慣れてきた。


■■■


写真は全然関係ない、コーンパン。
やっぱこの生地メチャメチャおいしいい!!

が。
作るの2時間半。消えるの5分。
ある意味、むなしい。
[PR]
by windchill2 | 2006-09-26 21:35

いくじまんが

Webがこんなに、CGがこんなに身近になるなんて、
思いも寄らなかった12年前。
日本の家族に向けて、自分の思い出のために、
1号の育児マンガを描いていた。
文章で表現できない小さな出来事を残しておきたいなって思って。
スクリーントーンなんか、買っちゃって楽しかったな。

最近は気軽に日々の出来事をブログに書きとめられるようになり、
写真も気軽に撮って加工できるようになったので、
子供のエピソードを絵として残すことがほとんどなくなってしまった。
それがちょっとつまんなかったりしている。

てな訳で最近、ふしぎちゃん2号がまた面白いことをやらかしてくれて、
あたしの絵心に火をつけてくれた。



では、2号劇場のはじまり、はじまり~♪
f0006855_10184378.jpg
f0006855_1018566.jpg

f0006855_1021355.jpg


いったい、彼女の頭の中は、どうなってるんだろうか?
なんで初めから、その大きな口から出さなかったのか?
てか、取り出し口作ってたんだ???
知らんかったヨ。

わが子ながら、不思議な女の子だ。



おまけの1号劇場。
今朝、出かける1号の後姿を見て、激しく思ったこと。

f0006855_10261941.jpg

たのむ。
そのシワシワつんつるてんのパンツ、はくならとりあえず言ってくれ!

秋は裾の上げ下げ作業で忙しいのである。
我が家だけかもしれないけど。
[PR]
by windchill2 | 2006-09-24 10:33

【まるごとバナナピーカンケーキ】

f0006855_1404112.jpg

【まるごとバナナピーカンケーキ】
ちょっと気を抜いていたら、バナナが黒くなりかけていた。
しかも3本も。
コワイ。凄く怖い。 
もうケーキ焼くしかないね。

その昔、妹からガメたnon-noのお菓子の本によると、
バナナケーキにバナナは2本でいいらしい。
それじゃ困るので、あまった一本は半分に割ってバターで焼いて
ラム酒を振ってみた。あああ、なんていい香り。

これにアイスクリームを添えて食べちゃいたい衝動に駆られるが、
今夜のミッションはバナナケーキなので、このバナナは
バナナパウンドケーキの上に乗っけて焼くことにした。
ついでに、カラメルで合えたピーカンナッツも乗っけてみた。

バナナを生地におさえすぎて、沈んじゃったのが予定外だったけど
結構美味しく出来上がりました。
沢山出来たので、1号のお昼のおやつにしのばせ、渋るオットにも持たせた。

会社から帰ってきたオットによると、「美味しい!」って好評だったとのこと。
そりゃ~、ケーキもらって「まずいですねえ」なんて、ふつー言わないわよね?
こういうお褒めの言葉はとっても嬉しいけれど、半分以下に聞いておかないと。
と、思うのである。

それでもここのところケーキを配りまくっているあたしとしては、
本当の評判が気になるところ。
ムリムリ押し付けちゃってるんじゃないか?
と、ちっとばかし危惧していたりする。

なんて思っていたところ、同じ日に2件の注文をいただいた。
(販売しているわけではありません)

そのうち1件は
「今度ケーキ作ってきてくれるの?くれないの?どっちなの?」
的な、脅しのようなリクエストであった。

人に物を頼むのに、そう高圧的なのもどうかと思うけどさー。
美味しいと思ってくれてるみたいだから、許す!
作ってくよ! ケーキ。
[PR]
by windchill2 | 2006-09-22 15:07

【抹茶マーブルロール】

f0006855_145231100.jpg

スタ研 ロールケーキ部 活動報告
ここのところ、生地をマーブル模様にするのに凝っている。
今回は抹茶マーブル生地に、生クリーム。
そして微妙にあんこを仕込んでみた。

実はマロンクリームで作るつもりが、居合わせた1号の反対にあって実現せず。
「栗嫌いなんだよね」だと。

今度は内緒で作ってやる。


■■■


自他共に認める器用貧乏のあたくし。
何事もそつなくこなせる利点が災いして、
努力ということが出来ません。
ひとつの成果をコツコツと積み上げていくことが出来ない。

ゴルフをやれば、やっぱゴルフはいいねえ~、と思い、
テニスをやれば、やっぱテニスかな? なんて思う。

今日はテニスをしたので、テニスな気分。
あー、思いっきりテニスボールをバックハンドで打ちかえしたい。

テニスを始めた去年の11月は、バックハンドが一切出来ず、
空を切るラケットに、ため息をついていた。
そんなあたしは、テニス仲間の一人の、
「バックハンドのほうがすき」という言葉に、驚愕した。
でも今はその言葉に共感できるのが、不思議。

来年の今頃は、どう思いながらテニスをしているんだろうか?
なんて思う、秋の夜更けかな。

ようやっと重い腰を上げ、外付けHDDを買い、
41GB分のバックアップを取っていて、ヒマなのでした。
(写真などは、ちょこちょことDVDに焼いていたのだけれどね)
もうかれこれ、2時間以上かかっていて、終わる気配がない。
見届けたかったけど、明日の朝も早いでもう寝る!

・・・・・最近6時間寝ることって、滅多にないなあ~。
お肌に悪いわよね。
[PR]
by windchill2 | 2006-09-19 14:59

【運動会弁当】 祝杯

f0006855_3493429.jpg

学生時代はウルトラ遅刻魔で、待ち合わせ時間には「まだ家」なあたしでしたが、
いつのまにやら、5分前行動の人間になっていた。
ただし気持ちだけで、体がついてこないことが多かったりする。
なにゆえか。

それは、ツメが甘い体質だからと思われ。 
しかもとっても。

たとえば、“明日は入学式♪” という夜。
服を選ぶまではする。・・・・んだが、
「んじゃ、靴は明日探そう」とか。

この最後の一歩が結構時間がかかる。


たとえば、“子どもの明日は運動会♪”という夜。
おかずの下ごしらえはした。 お弁当箱も用意した。・・・んだが、

水筒は明日探そっ。とかね。

いかん、いかん。これが遅刻の元凶なのよね。
着々と準備する割りに、ツメが甘い。
分かってるんだけど、最後で気が抜けちゃう。
情けない。

と言うわけで、明日は補習校の運動会です。

子供らの服も用意した。
水筒も人数分探した。
エキストラの水も凍らせた。
2号の帽子も家中探して見つけた。
おかずも珍し~く、冷たい系はすでにお重に詰めちゃった。
デジカメも充電中。
もちろん炊飯器もセットした。
これだけやれば、明日は怖いもんなし。

だと思う。(ちょい弱気)


■■■

と、ここまで書いたところで、遠い世界へ行ってしまっていた。
そしてやっぱりやってしまいました。運動会当日。

自分的にはちょっとありえない、目覚まし時計のセットし忘れで
一時間の寝坊をしてしまい、一気にやる気なくなったし。


f0006855_4214649.jpg

運動会は、お天気に恵まれ、去年ほど暑くもなく、
とても楽しい一日となりました。
初めて選抜リレー選手の母になれたし、
2号も2号なりに頑張り、徒競走はビリにならずにすんだ。ほっ!

そうして特筆すべきことがあった。
なんと1号2号所属の赤組が勝利に終わったのだ。
これは我が家的には、赤飯もの。

毎年書いているけれど、1号は小学校入学以来計6回の運動会を経験しているけれど、
一度たりとも、“勝ち組”に入ったことがなかった。

今年も午前の部が終わった時点で大差で白組がリードしていて、
連敗記録はほぼ更新。 “赤組の皆さん申し訳ない!”モードだったのだけど、
午後の部で逆転、気がついたら赤組が優勝していた。
苦節6年。やっとのことで1号、勝利チームの一員になれました。
いがった、いがった。

運動会後の祝勝会は深夜まで盛り上がり、
あたしはただいま微妙に二日酔いで体調ちょいワルです。ぐは~っ。

■■■

さて、反省会。
その1
前回お弁当を作りすぎて、食べるのが大変だったので、
今回は少なめにしたのだけれど、ちょっと物足りず、
一緒にお昼した友達から、おかずを恵んでもらいました。
やっぱり、お弁当は残るくらいがいいわね。

から揚げがはずせない1号とオット。
エビフライがはずせない2号。
という訳で、毎年代わり映えのない運動会弁当ですワ。

その2
デジイチ買って初めての運動会。
普段は静止画中心で、カメラの設定を“うちのごはん”モードに
マニュアル設定しているのをすっかり忘れ、
そのままで撮ってしまっていた。
露出もISO感度もまるでダメダメ。.
ただ設定をスポーツモードに合わておけばそれで良かったのに。
あー。ばかばか。

その3
あちこちで友達と話しまくっている間に、シャッターチャンス逃しちゃって、
あんまり写真が撮れていなかった。アホだー。

上手の友人A。
わざわざ好位置にあったあたしの席までやってきて撮影に望んだのに、
しゃべりまくり。 さらに近くに立っていた1号に
「1号くぅ~ん!」なんて手を振り、うろたえる1号を面白がっていた。

「ねえねえ、○年生始まったよ。」ってあたしが振った時には、
娘が中盤まで走ってきているところだった。
はははは~。 バチがあたったのじゃ。
[PR]
by windchill2 | 2006-09-18 04:00

【キャラメルチョコロール】 君たち女の子、僕たち男の子。

f0006855_13141068.jpg

【キャラメルチョコロール】
無敵だったロール生地、初めて割れてしまいました。
原因は焼き時間短か目だと思われ。

最近頻繁に焼いているロールケーキ。
まるでクラブ活動のようだ。

スタ研所属、ロールケーキ部。
いい響き。

■■■


今回は中学校のオモシロネタをば。

シカゴ郊外では中学校に入ると、日本の大学の様に授業は単位制になります。
クラスが一丸となって、勉強をするのではなく、
個々のプログラムに沿って、時間ごとに教室移動をしていきます。
ホームルームと担任の先生はいるのだけれど、
ホームルームに荷物を置くことは出来ない。

子供たちには、廊下にある個人の持ち物を入れておくロッカーと、
体育館脇の更衣室にある、体育着用ロッカーがそれぞれ与えられ、
その2つの小さな空間が、彼らの中学校ライフの拠点となるのである。

朝登校したら廊下のロッカーへ行き、荷物を入れ、必要な文房具を持って
1時限目のクラスで授業を受ける。 
休み時間に、文房具を入れ替えに行く。
毎時間の同じ手順をふむらしい。

そうして、驚くことなかれ、
なんと授業間の休み時間は、たったの5分しかないのである。

アメリカの中学校の建物は結構広いんである。
アメリカの中学校はものすごく遅刻に厳しいんである。

たったの5分で、ロッカーへ行き文房具を入れ替え、次の教室に行く。
それだけでも時間が足りなそうなのに、トイレに行く時間はあるのか?

と月一回のお仕事がある女の子を持つ親たちは気が気でないらしい。
噂によると、なにかと時間のかかる女の子はトイレに行く時間がなく、
生理用品は一日中変えず・・・・という噂である。

これはあくまで噂であって、本当の話は裏をとってないんですけれど、
それを聞いた時は、ヒトゴトながら衝撃を受けました。

そんな時間に追われる中学校ライフにあたって、友達から質問が来た。
「1号君のお弁当箱は、使い捨てなの?」って。
あたし的には突拍子もないことを聞かれた気がした。

へ?

「そんなもったいないことするわけないじゃん。普通のお弁当箱だよ。」
と答えた。

「でも、1号君と同じ学校へ通っている女の子のママが、
“ランチバックをロッカーにしまいに行く暇がないから、
お弁当は使い捨て容器に入れて欲しい“って言われたんだって。
ほかの中学校のママも同じようなこと言っていたよ。
きっと1号君、お昼休み以降ずっと、ランチバック持ち歩いて
授業受けてるんじゃないの~?」って。 

そんなこと、思いも寄らなかったことだ。
早速帰宅した1号に取材をしてみると・・・・・

「えええ? ちゃんとロッカーにランチバックを戻してるよ。
よゆーだよ。よゆー。」

ちなみに、1号はランチ直前の授業が終わるのが遅く、
ランチルームに到着するのがほかの生徒より遅いらしい。

うーん、仕入れてきた話とは、だいぶ温度差があるなあ。
男女の差でしょかね?


そういえば、新宿駅西口深夜発のスキーバスに揺られていた若かりし頃。
関越自動車道のサービスエリアの女子トイレは、
信じられないくらいの長蛇の列であった。
持ち時間15分な訳で、毎回絶望的な気分になったっけ。。

あの当時はフォーク並びなんてなくって、待ち時間は「運」頼み。
なかなか空かないドアに向かって、
「何やってんだよぅ~!!早く出てこんかい!!」と念を送っていたっけ。
それくらい混んでいた女子トイレを尻目に、男子トイレはガーラガラ。

あの当時、垂涎モノの男子トイレに行きたかったが理性が邪魔して適わなかった。
が、今だったら行けるかもしれない。
いや、行っちゃいかん。それやっちゃ、お終いなのである。
[PR]
by windchill2 | 2006-09-14 13:25

【明太子スパ】 すくだいのなみ

f0006855_23484615.jpg

100グラム980円。
この夏から明太子にはまった2号は、気軽に食べてくれるけど、
実は実は、結構な贅沢品なのだ。
ところで先日開催されていた日系スーパーの大北海道展に、
辛子明太子が売られていたようですが、北海道の名産じゃないんだけれど、
「海鮮」といえば、北海道。
そんな感じ?

我が家の明太子スパは、最後に明太子の漬けダレを和えるので
ものすご~く辛くて、風味があります。


■■■

f0006855_2349542.jpgすくだい(宿題)に、怒涛の猛チャージをかけられ、
昨日は午前1時までガラスに向かっていました。
なんてたって、500ピース分の型紙をガラスに描き写すのです。

考えただけでも、萎え萎え。
これは趣味よね。趣味なんだよね?
と、自問自答しつつ。



子供ら、特にまだ一人で勉強できない2号の勉強関係にも恐ろしく時間が取られるし、
最近は宿題って文字が、頭の中で常にぐるぐるしている。

英語の本読みと、日本語の本読みと、ピアノの練習で、
とりあえず1時間はかかる。
そこからそれぞれの宿題があったりして。

学校から帰ってきて2時間くらいは、お友達と遊ばせてあげたい。
でもそうすると、片付かない宿題に追われて、
就寝時間がどんどん遅くなってしまうのよね。
世界中の2ヶ国語を学ぶファーストグレイダー(一年生)たちは、
時間配分をどうしてるんだろか?
なんて思う今日この頃です。


それに。
1号のヤツめ、2日連続で弁当を持っていくのを忘れた。
厳密に言うと、昨日はバスに乗るときに気がついて、取りに帰ってきた。
バスの運転手さんに、「待ってるから取りに行って来い。」って言われたそうだ。

そして今日は、様子見していたあたしに玄関口で「お弁当は?」って
言われてハッとして、あわててランチバッグを取りに行っていた。

あのさー、ちょっと、シツレイじゃん?
さすがに気分悪いんだけど????

でも、スクールバスを待たせるほどの忘れ物でもないと思うんだな。
一応ホットランチ用のお金はチャージしてあるから、食いっぱぐれることもなし。
1号のヤツ、そんなに悲壮感漂う顔をしてたんだろか?
[PR]
by windchill2 | 2006-09-13 00:00

オトコの処世術@1号

f0006855_23251039.jpg

朝晩の冷え込みが厳しくなり、秋に突入したかと思われたシカゴですが、
いやー、今日は暑かった。
ゴルフ場で、口数が少なくなってしまいました。



1号の強い希望があって、相変わらず”正しい日本のお弁当“を作ってます。
最近は前夜に仕込むことを憶え、朝の作業が格段に楽になり、
もう、彼の登校時間の1時間前に起きることもなくなりました。

1号はあたしにヘソを曲げられないように、
帰ってきたら「美味しかった!」といって、お弁当箱を渡すし、
「ホットランチの列が長くて、並ぶのが面倒だから」なんて本音を言わず、
「お母さんのお弁当、美味しいから明日も作ってね!」なんて、
彼にしては珍しくお世辞を言うようになった。

そうそう、その調子。
“未来の奥さん”のご機嫌の取り方を、今のうちから学んでおくのだぞ。
結婚できるかは、置いといて。



トレジョの冷凍千切り3色パプリカ、結構便利です。
[PR]
by windchill2 | 2006-09-07 23:28

【焼き肉まん】 日々の雑感


f0006855_13241971.jpg
晴天だった今日はゴルフ日和。 ですが、まったりと一日を過ごした。
最近週に一日、なべるく予定を入れないオフの日を作るようにしている。
ステンドの宿題やら、家のメンテやら、やるべきことは沢山ある。

んだけれど、結局ぼーっと過ごしてしまいました。
それはそれで、楽しかったなり。

f0006855_1325215.jpg午後になって、昨日から作りたかった肉まんを作った。
蒸し器に入った8個は、正統派肉まんに。
あぶれた4個は、フライパンで焼いて、「焼き」肉まんになった。
皮がカリカリの焼き肉まん、ふわふわの蒸し肉まん、どちらもオイチかった!
1号には、焼き肉まんがツボだったようだ。
塊のバラ肉をミンチにするところからやった甲斐ありで、
とってもジューシーだった。


さる方から、スタ研はどうなったのか?というコメを
いただきましたが、スタンドミキサーは健在です。
ロールケーキ作りにも活躍してもらっているし、
今日の肉まんの餡も、スタンドミキサーで捏ねました。
これはフープロで作るよりもぜんぜん美味しい。
やっぱり素材はしっかりと形が残ってないとね。

それに冷え性のあたしにとって、冷たい餡を手で捏ねるのは試練なので、
そういう点でも本当に重宝してますヨ。

■■■

来週から、子どもたちの習い事が本格的に始まる。
1号は引き続き、テニスを続けたいそうだ。
2号もずっと前からやりたがっていた、テニスのレッスンを始める。

そんな話をお隣のJママに話したら、
「うちのJも、2号と同じレッスン取らせようかな?」
「じゃあ、同じ日にクラスを取ろう!」と盛り上がった。
これで送り迎えは1/2になり、とっても楽ちん。

2号はピアノの先生でもあるJママに、ピアノを習っている。
その同じ時間帯に1号のテニスがあって家を空けるので、
2号はそのまま、J君ちでお預かり。

2号たちの学校の送り迎えも、Jママと交代でしているし、
お隣と持ちつ持たれつのいい関係は、引っ越してきた当初から続いています。
ありがたや~。
おかげで英語での電話も、だいぶ慣れました。

■■■

さて1号の中学校は、体育の時間が毎日ある。
小学校時代には、体操着の存在は無かったのだけれど、
中学では指定の体操着がある。

・・・・んだよな。って、ふと今朝思った。
「ねえねえ、体操着って一度も持って帰ってきてないよね?????」
と恐る恐る一号に問うと、バツが悪そうに、「うん」と答えた。

ぎょえ~!!!(なつかしの少女マンガ風)

「今日絶対に体操着持って帰ってきなさいよねっっっ!!!」
と、叫んでいた母でした。

中学校に入って最初にあった説明会で、特に男の子の親は、
「汗くさいと友達にイヤがられるので、制汗剤を持たせるなり、
毎朝シャワーをさせるなり、個人的に対処させてください。
学校側はそういった問題に責任が持てません。」
って、体育の先生から指導が入ってたんだよー。
1週間以上も洗濯してない体操着って、どうなのよー????

とりあえず、ブツはただいま洗濯機の中です。
女の子に相手にされないのは仕方ないとして、
煙たがられるのだけは、避けよう。

■■■

一方、2号さん。
2号の英語力に驚いている日々です。
センテンスをすらすら書けたんだ~?
前置詞の使い方、あってるし。
現在進行形とか、使っちゃうんだ?

なんか、このへん、1号と大差ない感じ。
てえか、1号より正確だったりして。

へえええええ~。
[PR]
by windchill2 | 2006-09-07 21:36


2004年8月15日より、オットの転勤に伴い、シカゴで駐在生活を送っています。子供と一緒に、アメリカ生活を楽しんじゃおう!


by windchill2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

東京都出身。
90年代にカリフォルニア州に駐在。2004年8月より、シカゴ郊外に2度目の駐在中。

《主な登場人物》
オット  
1号♂ 17さい 
2号♀ 12さい
累計: 検索エンジン登録 
本日: SEO対策
昨日: メール配信   
アクセスアップ


旧ブログ→→→→→→→


windchill659(a)gmail.com
↑の(a)を@に変更して送ってください。

多忙のため、お返事を書くことがなかなかできませんごめんなさい。
シカゴについてのご質問等は、US新聞ドットコム住むトコ.COMなどの掲示板を利用されると、情報が集まりますよ






AX
Free counters!
free counters


カテゴリ

全体
ごあいさつ
旅行
日本
未分類

以前の記事

2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
more...

最新のトラックバック

アクアリウムの調査
from アクアリウムのアレやコレ。。
アクアリウムRSS
from アクアリウムのアレやコレ。。
アクアリウムの調査
from アクアリウムのアレやコレ。。
アクアリウムに関する記事
from アクアリウムのアレやコレ。。
コラーゲンパックでお見合いへ
from お見合い

検索

タグ

(68)
(54)
(52)
(41)
(35)
(34)
(30)
(22)
(21)
(20)
(19)
(19)
(15)
(14)
(13)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)

その他のジャンル

忍者ツール

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧