<   2008年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

カンクン@カリブ海 2日目 =ジャングルツアー=

2日目 12月22日 晴れたり曇ったり 
f0006855_849773.jpg

今日はワタクシの誕生日。
ン十回目かは置いといて。
ホテルにアピールしておいたら、シャンパンとケーキが
部屋に届いていました。
f0006855_923694.jpg
このケーキがかなり美味しく、
皆で取り合いに。
あの、ワタシの誕生日ケーキなんですケド?
ともあれ
フロントの兄さん、グッジョブ!

::  ::  ::

ホテル生活も2日目突入です。
なかなか気に入ったホテルですが、不満はどこかに必ずある訳で。
このホテルは、音が結構響く。
夜中、廊下を歩く人たちの声で目覚め、
早朝ご近所さんの目覚まし時計の音で起こされ、
極めつけは設定してもいない自分の部屋の目覚まし時計で起こされる。
時は、午前0時。 って真夜中よ??
百歩譲って前にいた人が消し忘れたってのは判る。
判るけど、なんで夜中の12時なのよ??
子供たちはどの音にも余裕で寝てましたけどね。
その眠りの深さが羨ましい。

::  ::  ::

昨夜は早く寝てしまったせいか6時に目覚め、
7時には全員スタンバイOKということで、早速朝ごはんを食べに行くことにする。
もしかしたら日本食が・・・いやいや贅沢は言いませぬ。
白いごはんだけでもあれば嬉しいなあ~という、オットと1号の期待を込め
オリエンタルレストラン、MIYAKOへ。 
f0006855_8564890.jpg
f0006855_854565.jpg

ビーチに面していない為、人気薄で朝はいつもガラガラなので、
がっつり一番乗り。
ワタシは目の前で焼いてくれるワッフルがあるから、好きなんだけどね。

残念ながらメニューはアメリカン&メキシカンのラインナップで、
オリエンタルのオの字もありません。
まね、なんといってもこのホテル、昨日から日本人を一人も見かけないもん、
そんな少人数派のためにわざわざ日本食作りませんて。 

日本人ハネムーナー御用達と言われる
FACB(フィエスタ アメリカーナ グランドコーラルビーチ)の
朝食ビュッフェは納豆まであるとかないとか。
なので、ご飯を食べたい人はFACBに泊まるべし。

ご飯を食べ終わったら早速プールへ。
f0006855_8575353.jpg
午前中一杯プール&波高しのビーチで遊び、
早めの昼食を取り、衝動的に申し込んだジャングルツアーへ出発。

ツアー会社は歩いてすぐのところにあるとのことで、徒歩で向かうが、
ホテルゾーンの目抜き通り、ククルカン通りは、
速度制限70キロの上結構な交通量で、信号なし。
渡れんの?ってかんじで、ちょっと怖い。
f0006855_9112836.jpg

道路脇には、何気にイグアナちゃんが!
結構デカいんですよ。体長50センチ以上ある。
でもとってもおとなしくてカワイイんです。
f0006855_919485.jpg


チェックインをを済ませ、ライフジャケットとフィンを受け取り、
ツアーに関する説明を聞き、船へ乗り込む。
4人の乗り小さなモーターボートに分乗し出発。
6隻が1列になって、マングローブ゙の生い茂るリーフを抜け外洋へ向かいます。
f0006855_8583787.jpg

カンクンの海は外洋に面していて、
年中遊泳禁止の赤旗が立つ波が荒い海なんです。
それに加え、滞在中は強風が吹き荒れていて、白波が立ちまくり。
ボートが転覆するんじゃないか?というくらいの波が襲ってきます。

でもそこは初心者向けのツアーだから~と高を括っていたら、大間違い。
その大波の間を猛スピードで、ボート隊が進むんです。

ワタシ達、完全に空飛んでたし。
大波が前方に見えると、「これまでか・・・」なんて思っちゃってた。
ジェットコースター好きの2号でさえ、途中から泣きだし。
ワタシだって泣きたい! もう帰りたい!って喚きたかった。


とまあ、そんな状態が10分近く続き、もうどうにでもなれ、
とサトリを開きだした頃、シュノーケリングポイントに到着! 
はあああああああああ。怖かった。
f0006855_8591430.jpg

ここで35分のフリータイム。皆が海に飛び込みます。
うわー、冷たい!寒い! 魚あんまりいないし!
というのが正直な感想。
タヒチのボラボラ島やハワイはオアフ島ハナウマベイで、
魚の大群に囲まれた経験があるだけに、
ちょっとやそっとのお魚じゃあ、感動しないわしら夫婦です。 
すみません。

シュノーケリングを無事追え、帰途に着く。
あの大波が~と心配したが、帰りは超からだが寒い以外すこぶる順調でした。
寒い以外は。
海で冷えた体に、風が吹き付け、寒いのなんの。
体はガタガタしっぱなしでした。
冷え性の人は、冬場の涼しいカンクンじゃつらいかも。
ツアー自体は、自分で船の舵取りも出来るし、
スリル満点だしで楽しいと思います。
f0006855_912094.jpg

ホテルに戻り、2度目のランチ。
これがオールインクルーシブのいいところ。
夕方はまたまたプールサイドで、カクテルを飲みながら読書。
幸せ~。

夕食は朝も行ったMIKADOへ。
1号がうどんを食べたいというので。
はいはい、好きなだけ食べて頂戴。
朝と打って変わって、大盛況の店内です。
f0006855_90354.jpg

突き出しのお寿司の巻物、アペタイザーと進んで、1号のメインはうどん。
どうこのメニュー構成?
出てきた期待のうどんは、小さい上にうーむむ?な感じで。
これでは足りないので、お寿司を追加注文。

ここで、1号が知りたくて仕方がなかった、このホテルの
オールインクルーシブのシステムが明かされた。
それは、「このメニューにある料理、全部持ってきて」といったら
持ってきてくれだろうし、レストランのハシゴもありだってこと。
それに出かける前にレストランに立ち寄って、
お弁当を作ってもらう、なんてこともあり。
実際朝ごはんを持って、観光バスに乗り込む人が結構いるんです。

結構気に入りましたぞ、このシステム。
でも、夜のMIYAKOはもういいや・・。
[PR]
by windchill2 | 2008-12-31 09:40 | 旅行

くもち

f0006855_27189.jpg

この時期恒例になりつつある、もちつき大会をしました。
皆の予定がかみ合わず、不吉な「くもち」ではありますが、
「日本時間の30日ってことで!」とこじつけ開催決定!

「くもち」→「(2)9日 餅」→「苦餅」ということで、
12月29日についたお餅は、のどに詰まるから不吉ということらしい。
恥ずかしながらこの「くもち」って言葉、初めて知りました。
なにしろ東京の私の実家あたりではお餅はお米屋さんから
つき立てでまだ暖かい、のし餅を配達してもらうという習慣だったので。

つきたてお餅をみなで丸めて、大きいだの小さいだのと大笑い。
持ちよった大根おろしや、自家製あんこ、きな粉、明太子やのりで食べておいしかった~。
冬休み中の子ども達も一緒に、ワイワイガヤガヤな餅つき会でした。


::  ::  ::


我が家がカンクンで極楽生活を享受していた頃、
シカゴあたりは、ちょっと大変だったらしい。

去年更新した、積雪の記録を更新したとかで(噂レベルですが)、
大雪が降ったんだそうだ。
確かに帰宅したとき、我が家のドライブウェイは雪が沢山積もっていて、
このままガレージまでたどり着けるか、つけないか、微妙なレベルだった。
結果はたどり着けてほっとしたんだけれど、
同じ便でカンクンから帰ってきた友達の家は、雪に埋もれていて、
雪かきをしなくちゃ、車をガレージ入れることが出来なかったんだとか。

こういう時、“自力で雪かき”生活の一軒家組はちょっと大変だ。
タウンハウスは、アソシエーションが雪かきはやってくれるから。
まあ、一軒家組も、雪かきを業者に頼めば、こういう心配もありませんが、
例年、大雪は月一程度だったので、業者を頼むほどのことでもないかって感じで頼まずじまい。

しかし去年くらい降るのだったら、頼んでも良いかもと思ったりします。
我が家出入りのガーデナーさんの雪かきサービスは、
確か1シーズン何度雪が降っても200ドルくらいと、リーズナブルだったしね。
次のシーズンは考えてみようかな。


で、この話は、大変だったのねえ~で締めたいところですが、
そうもいかないようで、大雪の数日後の日曜日には、なんと気温が
-20℃から、一気にプラスに転じ、転じすぎて、15℃近くになり、
しかも土砂降りだったので、あたりの雪山は一気になくなり、
それが大量の水を作り、川沿いは洪水になってしまいました。

洪水被害はまだまだ続いて、中西部からニューヨークにかけて、
大変なことになっているようです。
幸い我が家のあたりは被害はなかったのだけれど、
日曜日の朝は、あちこち道路が冠水していました。

この寒い時に、洪水だなんて・・・。
そういえば、我が家も去年の今頃は停電で避難したっけな~などと思い出します。
被害に遭われた方たちが、はやく通常生活に戻れますように。
[PR]
by windchill2 | 2008-12-31 02:14

カンクン@カリブ海 一日目


寒波に襲われているシカゴ。
午前8時50分のフライトに向け、午前5時起床。
今回は出発前の大仕事、雪かきがあるので余裕を持って。
外はマイナス22℃、強風が吹き荒れていた。

重装備でえいやっ!と外に出る。
動けば暖かくなると楽観的だったけれど
フリースの手袋はまったく役に立たなかった。

パウダースノーなので、あっという間に除雪完了。
オヘア空港にむけ、いよいよ出発です。
車を止めて外に出ると異常な寒さで足がすくむ。
f0006855_711019.jpg

空港施設内に入っても、寒い。寒い寒い!
南の島に向かうから救われるのだけど、
帰りはきっと精神的にもこの寒さはつらいだろうなあと思うのだった。


乗り継ぎの人を待って30分ほど出発が遅れたけれど、空の旅は結構順調。
たったの3時間30分で、この大きな機械の塊は、
ワタシ達を氷の世界からトコナツの国へと連れて行ってくれるのだ。
今朝という今朝は、感動すら覚えます。

f0006855_721392.jpg

カンクン空港は小さな、しかし観光地だけあって洗練された空港だった。
一歩通関を出ると、人だかり。
噂のタイムシェア(リゾートマンション)の 勧誘あり、タクシーの客引きあり、
ともかくメキシコのおじちゃんたちで、活気にあふれている。
構えていた割に意外と声はかけられずで肩透かし。

空港の出口では、事前にネットでたのんでおいたタクシー会社の
オッパッピー風な兄ちゃんがプラカードを持って待っていた。
メキシコ人は、どこか日本の芸能人に似ていて、楽しませてくれる。

やってきたタクシーに乗り込み、一路ホテルへ。
今回はヒルトンとオールインクルーシブ系のホテルで悩みに悩み、餓鬼1号に押し切られ、カンクンパレスホテルへ。
オールインクルーシブとは、滞在中の食事から飲み物の料金、そしてアクティビテーなどがホテルの宿泊料に含まれるシステム。
あまり観光に行かず、ホテルで一日中食っちゃ寝したい、
というアメリカ人観光客の為にできたシステムらしい。

カンクンは、最近この手のホテルが多くなってきているとかで、
なかでもパレス系は料金の割にご飯がおいしいと評判でした。
まあ、美味しいといっても・・・アメリカクオリティですが。
f0006855_725425.jpg

ホテルのフロントの兄さんたちは限りなくホストっぽくて、かなり面白い。
チェックイン作業の合間にウエルカムドリンクのスパークリングワインと
子供達にはノンアルコールカクテルを頂き早速いい気分で、
食っちゃ寝生活に突入したのだった。

とりあえず、部屋でひと段落。
テーブルの上には、ワインとフルーツが。
思っていたより広い部屋で、エクストラベッドを2台入れることができ、快適。
ちなみにエクストラベッド代も込みなので、何台追加しようが無料です。
真中にジャグジーがどーんとあるけど、家族連れには入りずらいぞっと。
f0006855_75435.jpg


部屋のチェックがすんだら、早速遅いランチをとりに、プール脇のレストランへ。
1号大喜びで、食べまくる。
いつもあまり飲ませないジュース類も今回は解禁です。
f0006855_742191.jpg


暗くなるまでプールで遊んで、晩御飯はステーキハウスへ。
f0006855_7165622.jpg

食べてばっかりで済みません。
極楽のまま、翌日へつづく。
f0006855_718341.jpg

[PR]
by windchill2 | 2008-12-28 07:08

いのちをせんたく♪

f0006855_10231325.jpg


-22℃のシカゴを脱出して、命の洗濯をしてきました。

といっても洗濯するほどくたびれてないと思うんだけど・・・。
楽観的な上にツヨイ性格なもので。

けどけど、脱出する日の早朝は、空港のパーキングで死ぬかと思った。
ジーンズの上にスキーウエアを着てくるべきだと思いました。
マイナス22℃の気温の上に、強風が吹き荒れ、
体感温度は、-30℃を余裕で下回っていました。

近くでワタシたちを下ろし、車を止めに行ってくれた夫のスニーカーの靴底は、
刻々と硬くなっていったとか。<安物だからか??

ともかく足がすくんで、歩けません。
空港ビルディングに入っても、飛行機に乗り込んでも、
まだ寒くて、ダウンコートをずっと着ていました。
チョロいと思ってたけれど、やっぱりシカゴは侮れなかった。

そうして3時間半後には、ジーンズを履いているのが嫌になるくらいの、トコナツの地。
この季節にこんなに暖かいところがあるなんて、ちょっと許せませんでした。

だけどシカゴに帰ってみれば、眼下に広がる摩天楼に心を奪われ、
雪のある風景に癒されます。 
勝手な住民である。

あれあれ?
時間がないから、とりあえず写真を一枚貼って帰宅報告と思ってたのに、
いきなり旅行記始まり?って雰囲気で。
いやいや、いかん。
まず年賀状を書かなくては!

という訳で、やっぱり「とりえあえず」帰宅報告!でした。
[PR]
by windchill2 | 2008-12-26 19:21

【苺のバースディケーキ】 あっけなく冬休み

f0006855_0214494.jpg

【苺のバースディケーキ】
ケーキ職人になっていた先週に作ったケーキのひとつ、
お嫁に行ったバースディケーキ。
「ほんとーに適当でいいから」という注文主の言葉を素直に受け、
ナッペからデコまで、ちょー適当につくってしまった。
余ったクリームをもったいないからと、いらないところに絞り出してしまって、
そこからやる気が失せてしまったっていうか。
最初の一手を間違え取り返しつかなくなったっていうか。
そんなこともあるのね。将棋や囲碁じゃあるまいし。

ちなみにイチゴのケーキ。
アメリカ人の女の子たちには不評だったとか。
みんな苺をよけて食べたらしい。

ええー、子供って世界中誰でもイチゴ好きってわけじゃないんだ??
オドロキ

::  ::  ::


以下、土曜日の日記です。

2-3日前から、金曜日はストームが来るから No School になる!
とウワサがあったとおり、昨夜からの激しい雪で、今日は二人の子ども達の学校が休校になった。
今日が学期最終日だったこともあり、あーっけなく冬休みに突入してしまいました。
きっと沢山の子供たちが大喜びで、ソリをしに行ったことでしょう。

クリスマス前のこの日は、子ども達は先生にクリスマスプレゼントをあげて、締めくくるという
結構大事な日なので、ストームを予期して、前日に早めのプレゼントをあげてた生徒も多かったみたいです。

まね、2号の担任の先生@新婚さんは、今日どころか、
一昨日から休暇取って休んでいるので、休校になろうがなかろうが関係なかったんですけどね。
こういうとこ、割り切ったアメリカの先生だな~と、改めて感心します。

今日のストームは、すごいことになると昨夜テレビでは盛んに報道してまして。
フリージングレイン(freezing rain 氷雨)といって、普段の雪より深刻な被害が起こるんです。
どんな現象かというと、地表の温度が非常に低く上空に暖かい空気があるときに起こり、
木の葉や車など、物の表面の温度が氷点下になっているために、
降った雨が瞬時に凍り付いてしまう現象で典型的な写真はこんな感じ。
f0006855_0163779.jpg
(ネットからお借りしました)

この雨が降ると、町の機能はマヒし、停電などが起きる確率が高くなります。
つい先週も、ニューイングランド州などで、65万世帯が停電になり、寒さの中
5日以上も復旧していない事態に陥るほど、怖い雨。(今は不明)

昨夜は、
懐中電灯よーし!
カセットコンロよーし!
ろうそくよーし!
早めにお風呂に入って温まろう!
などと、停電に備えていた我が家でしたが、Freezing rain は少し南の方に被害をもたらしたそうで、 
我が家のあたりは大雪程度でした。

それでも朝9時前に雪の中買い物に出たら、車が全然走っていなくて、
ゴーストタウン状態でしたけどね。
f0006855_0201589.jpg

雪はけっこう降っていましたが幹線道路事情は割に良かったです。
ところが、一本裏道に入ってしまうと、除雪がまったく追い付かず状態で、
さらに各家庭から出された雪が道の真ん中で大きな山を作っているところもあって、
イヤな汗が出ちゃいます。 よその人のことを考えて欲しいよ、まったく。
今日は、夫と車を交代していて車高の低いセダンだったので、
この山や坂を越えられないんじゃないか?というヒヤヒヤシーンが何度かありました。

それもこれも今年は経費削減なのか、除雪があまりされなかったせい。
我が家の前の道は、早朝に一回きたのみ、2回目は夕方でしたもんね。

ともあれ、今年の冬も雪が多そうな気がします。
[PR]
by windchill2 | 2008-12-21 00:28

【豚ヒレ肉の唐揚げ】 踏んだり蹴ったり


f0006855_1518430.jpg

鶏のから揚げは我が家の定番メニューですが、
実は豚ひれ肉で作った唐揚げも、柔らか~くておいしいんである。
レモン汁をたっぷりかけて頂きます。


::   ::   ::

ここしばらく、踏んだり蹴ったりのひどい目にあっていました。

その1
ここ2日連続で、お財布忘れ。
お財布を持って行くのを忘れるなんて年に一度あるかないか、なんだけれど2日連続。
しかも今日は、遠くのお店に出かけて行ってから気がついた。がーん!である。
それに伴い、ドライバーズライセンスも不携帯でございました。
つかまらなくてよかった!

その2
最近とっても寒いシカゴあたり。
毎朝窓の外側に置いている温度計をチェックするのだけれど、
-15℃(華氏6゜くらい?)なんてのが一昨日で、
ガレージ前がすっかり凍っていたのに気付かず、
昨夜雪かき中に思いっきり転び、一年がかりでやっと治った肩が~~~!! 
痛いんです再び。 しくしく。

テニス仲間に話したところ、そんなに肩ばかり故障するなんて、
江原さん的には、肩に業があるらしいよ~ってことでした。


その3
年末に海辺のリゾート地に避寒する我が家。
どうやら、ワタシの体調がその頃アヤシイ。
そこで病院に行き、ピルを処方してもらいました。
日曜日から飲み始めたんだけれど・・・・・

げろげろげろげろ~!

というピルのサイドエフェクト(副作用)に見舞われ、
真剣に寝込んでいました。
あまりに辛く、こんな毎日気持ち悪いんだったら、体調不良の方が何倍もいい!と
ピルの服用を2日でやめちゃいました。

あまりよく知らなかったのだけど、ピルって妊娠状態に体を持って行くらしく、
妊娠中の私といえば、思い出すのも嫌なくらい酷い悪阻に悩まされ・・・・
そのおかげで、子を生むたびに痩せていくという、
普通のお母さんとは逆パターンの体重の推移をし、現在に至ってます。

ピルの副作用は、吐き気、頭痛、食欲増進などなどがあるみたいですが、
良いこともはもちろん沢山あって、避妊はもちろんのこと、骨粗鬆症や、婦人科系の病気や、更年期障害
などにも効果があるみたいで、うまくつきあえればいい薬らしい。
私は子宮内膜症持ちなので、旅行が終わったらもう一度違うピルで
トライしてみてもいいかな、なんて思ってます。

昨日まで飲んでいたのは、シーズニークという、しっかり服用すれば、
名前の通り季節毎、つまり3か月に一度しか生理がこないっちう、スグレモノ。
f0006855_222267.jpg
一年に一度というピルも開発れているし、
半永久的に生理を止められるという薬もあるらしいのですが、
副作用はいかばかりなのか。


強い副作用といえば、思い出すのが、1号を妊娠中@カリフォルニア
何度も書きますが、あまりにひどい悪阻であっという間に体重が5キロも落ちちゃって、
重ねて5ヶ月を過ぎても終わる気配がまったくないツワリに、
参っていたワタシへ、若き主治医が吐き気止めを処方してくれたのでした。

その薬の副作用がものすごかった。
なんか、突然頭の中や体がむずむずしてきて、わーって叫びたくなってしまうんです。
死にたい!とか突発的に思っちゃったり。コワヒ。

でもそれが副作用だなんて夢にも思わず、訳の分からない自分に耐えていたんです。
そしてある日、診察中にぽろっと「最近こんな風になってしまってねぇ~。」
と先生に話したところ、「あ、それは副作用ですね。薬変えましょう」となり、
それ以降、あれはなんだったの?というくらい
あっさり死にたくなくなり、それはそれは驚いたのでした。
副作用はコワイ。

そのお薬にまつわるエピソードはまだあって、
妊娠中は薬を飲まずに堪えるもの・・特に悪阻を薬でコントロールするなんて、
と思っていた当時の私は、先生に尋ねたのでした。

「先生、妊娠中にこんな薬を飲んでも大丈夫なんですか?」

それの答えは
ういんちるさん、これは末期のがん患者も
飲んでいる安全な薬なんです。
だから大丈夫ですよ。


でした。

ま、ま、末期がん患者ですかぁ~!???
全然安心できましぇ~ん。 って絶句した思い出が。

その主治医のセンセ、ちょっとズレてるお方でした。
元気かな?


そんな訳で、話を現在に戻しますと、
悪夢のツワリ再び!で寝込んでいたので、あらゆる仕事が滞りがちだった我が家。
それでも、頑張ってニューイヤーカードーの作成に取り掛かったのだけど、
出来あがってきたカードを取りに行ってみたら、
あらあらあら! な仕上がりでした。

見れ見るほど、投げやりになってテキトウに作ったんだな~ってのが、
自分で分かりますです。

で、なぜ今年はニューイヤーカードなのかといえば、
クリスマスにはどう考えても間に合わないと踏んだからでございます。
ふふふのふ。
[PR]
by windchill2 | 2008-12-18 15:33

【マロンロール】 ケーキ職人になってます。


f0006855_0293672.jpg

【モンブランロール】
たまには変ったロールケーキでもと思いたち。
ココア風味のスポンジで、生クリームとカスタードクリームと栗を巻き込んでます。
上には生クリームとモンブランクリーム。
仕上げに、サクサク感がいいパールシュガーを散らしました。
クオカのサイトから、アイデアのみいただき!
レシピは相変わらずの適当です。
栗は、「甘栗むいちゃいました」使用。

◆◆◆
ええと、以下は12月12日金曜日の夕方に書いたモノです。
    ↓
最近ケーキを焼いてなかったのだけど、昨日からケーキー職人モードです。
渡米直後からとてもとてもお世話になった、
心のオアシス的なお友達が帰国してしまうので、
彼女に食べてもらおうと、今日はモンブランロールを一本。

明日は
お誕生日ケーキのオーダーを受けているのでイチゴのショートケーキを一台。
1号がスリープオーバーに行くので、お土産にロールを一本。
夜のガールズナイトのデザートにも、一本。

明日の土曜日は朝から夕方まで予定がつまっており・・
さらに、1号が友達の家にママポテトを持っていきたい、
というので、それも作るでしょ。

こうして書きだすとすっごくムリっぽい。
そして今夜のおかずは、ハンバーグ。
(明日の補習校のお弁当のおかず対策)

ケーキの生地も、ホイップクリームも、ママポテトに使うマッシュポテトも
ついでの今夜のメインのハンバーグも・・・

全部全部ぜーんぶ!

スタンドミキサーを使うのだ。
ミキシングボール一つじゃ足りませんて。
体も一つじゃ足りないかもしれません。

しかし、写真のケーキ。
美味しくかわゆくできたんだけど、家の中でさえ扱うのがが大変。
(切るとすぐ倒れちゃうので)

ロールケーキは携帯性の良さがいいところなので、
やっぱり外側にデコするのはいけませんね。


::  ::  ::


と、ここから土曜日の朝の日記。つまり今。
ムリっぽいと書いたスケジュール。
結構こなせてます。
残るは、ママホテトのみ。
バースディケーキは、朝一番で嫁に行きました。
キッチンも片付いた。

思ったより仕事早いじゃん。ワタシ。
自画自賛。
[PR]
by windchill2 | 2008-12-14 00:25

雪かきと湯たんぽとボケてるワタシ


f0006855_145859.jpg
晩ご飯前の一仕事。

これは昨夜の写真です。
昼ごろから雪がどっさり降りました。
といっても、積雪量は5センチくらいかな?
雪かきの楽しい季節です。

f0006855_20485523.jpg

そしてベッドの中には、ぽかぽかの湯たんぽ。
冬のささやかな、楽しみ。

湯たんぽ、本当にいいよ~。
去年の今ごろも書いたんだけど、このHot Water Bottle。
ドイツ製のfashy(ファッシー)というブランドのもの。
通販で購入できます。
熱湯が入れられて、氷枕のようにラバー製なので
ネコがいるみたいに、柔らかな感触で、朝までぽっかぽか。
お部屋を冷やして、足もと温かく。頭寒足熱でいい感じ。
ワタシの冬の一押し商品デス。

◆◆◆

今日は大チョンボをするところでした。
というのも、明日友達の送別会が我が家の近くのレストランであり、
時間があったら帰りに寄ってもらおうかなどと思いつき、
めったに人が来ないせいで荒れまくりの家を大片付けし
ケーキでも焼こうと卵を室温に戻し・・・ていて、
ふっとなにか悪い予感がして、メールをチェックしたところ。

送別会は、明日じゃなく明後日だった。

がびーん!

あわてて、明後日の予定をキャンセルするために、あちこちメールを飛ばしました。
やっぱり送別会が最優先です。

ボケててすみません>関係者各位
[PR]
by windchill2 | 2008-12-10 20:53

ガムシャラな日


f0006855_4294719.jpg

今日は家でガムシャラに働いております。
どれくらいガムシャラかといいますと、
お昼ごはんは納豆ごはんを立ち食いでかき込んだくらい。
朝は、ベーグルを半個とコーヒーでした。

家にいる時は、最近はこんな食生活で、
酷い時は、朝、ベーグルとコーヒー。
昼もベーグルとコーヒーてな感じ。

昨日ゴーカな鍋ランチを友達の家でゴチになりながら、
「アメリカ人の中には、毎日毎食、年がら年中
食べるものが固定している人がいるみたいで信じられな~い!!」
などと話していたんですが、どうしてなかなか、
ちゃっかり自分がそうでした。 
毎食ベーグルとコーヒーだけでいいです。

それでも、アメリカに来てしまってから、2回りほど大きくなったワタシ。
大きくなってしまった体はなかなか元には戻ってくれませんね。

鍋の友達の家には日本の最新鋭の体重計がありました。
体重のほか、今では常識になっている体脂肪率はもちろん、
基礎代謝、BMI、何やら解らぬ骨格筋率、体年齢も図れるスグレモノでして。

それぞれ部屋の隅に行き、靴下を脱いで測らせていただきましたところ、
体重と、体脂肪率はさておき、体年令は、実年齢よりマイナス5才ということで、
自分的にはマズマズの数値だったような気がします。 
あー、ドキドキした。
この体年令、体脂肪率は低く、骨格筋率は高く出るほど、より若くなるんだとか。
アスリートな友達は、マイナス8才!で、もしかしてこの体重計は
おべっかが上手なんでしょうか。

実年齢と、体年齢、そして見た目年齢。
女性の場合、手の甲と、首のたるみ具合を見れば、
どんなに顔を若く作っても、年齢がわかるなどと言われております。
ついでに言うと、カカトのツルツル具合。

見てる人は見てるもんで、世の女性、とりわけおばさんは、
ボトックスを打つ前に、まずはお肌の手入れをいたしましょう~。

そういう自分は、ここ数年、体を洗う石鹸で洗顔し、基礎化粧品は
日本で仕入れているエバメールという、糊状の美容クリーム1コで済ませているんですけどね。
エバメール、すっごくいいので、お試しを!



ささ、現実逃避はおしまい!
まだまだ仕事が山済みなのです。
[PR]
by windchill2 | 2008-12-10 04:38

【洋風春巻き】 ピカチュウになりたい。 

f0006855_8435580.jpg
【いつか作った、宴会のおつまみ】

アメリカの学校では、日本じゃあまり体験できないことがしばしば起こります。

去年、2号のクラスメイトに韓国人の男の子がいました。
名前は、テ・ジューン。

ある日のこと、先生が言いました。
「今日から、テ・ジューンはピーターになります。」

そうしてその日から、テ・ジューンはピーターになった。
何事もなく。

こういったことが、すんなり受け入れられちゃう国なんですね~。
面白いのが、韓国系、中国系の子ども達は(大人も)、
母国名とアメリカ名を使い分けていて、
学校ではアメリカ名で通している子がほとんどなんですが、
私たち日本人でアメリカンネームを使う子はあんまりいません。
1号に至ってはちゃんとアメリカンネームを持ってるんですけどね、
やっぱり日本の名前で通しています。

この差はなんなのか? 恥ずかしいから?なのかな。
韓国名は、憶えにくいってのがあるみたいです。
確かに、かつてのお隣さん、グレースの韓国名は、
何度聞いても、難しくて復唱さえできませんでしたもん。

さて、テ・ジューンの話には、続きがあります。
ピーターになったテ・ジューンがすごく羨ましかった2号。
家に帰って来てから、盛んにその話をするのです。

面白いので、つい
「じゃあ、2号も〝今日からピカチュウって呼んでください″って言ってみたら?」
って軽~く言っちゃった母。

確かにその時2号の眼はキラキラしてたんですが、 
まさか翌日本当にそんなことを先生に言うなんて、思いもよりませんでした。

「今日ね、先生にね
“今日からピカチュウって呼んでください”
って言ったらね、
“ピカチュウって名前に変えるんだったら、お母さんに手紙を書いてもらいなさい”
って言われちゃった」
とがっくりしていた2号。

流石にアメリカの学校はそんなに甘くなかったようでゴザイマス。
[PR]
by windchill2 | 2008-12-06 09:22


2004年8月15日より、オットの転勤に伴い、シカゴで駐在生活を送っています。子供と一緒に、アメリカ生活を楽しんじゃおう!


by windchill2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

東京都出身。
90年代にカリフォルニア州に駐在。2004年8月より、シカゴ郊外に2度目の駐在中。

《主な登場人物》
オット  
1号♂ 17さい 
2号♀ 12さい
累計: 検索エンジン登録 
本日: SEO対策
昨日: メール配信   
アクセスアップ


旧ブログ→→→→→→→


windchill659(a)gmail.com
↑の(a)を@に変更して送ってください。

多忙のため、お返事を書くことがなかなかできませんごめんなさい。
シカゴについてのご質問等は、US新聞ドットコム住むトコ.COMなどの掲示板を利用されると、情報が集まりますよ






AX
Free counters!
free counters


カテゴリ

全体
ごあいさつ
旅行
日本
未分類

以前の記事

2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
more...

最新のトラックバック

アクアリウムの調査
from アクアリウムのアレやコレ。。
アクアリウムRSS
from アクアリウムのアレやコレ。。
アクアリウムの調査
from アクアリウムのアレやコレ。。
アクアリウムに関する記事
from アクアリウムのアレやコレ。。
コラーゲンパックでお見合いへ
from お見合い

検索

タグ

(68)
(54)
(52)
(41)
(35)
(34)
(30)
(22)
(21)
(20)
(19)
(19)
(15)
(14)
(13)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)

その他のジャンル

忍者ツール

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧