<   2012年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2号の読書記録 : 帰国子女の英語力 →7年半

f0006855_11172516.jpg

先週のこと、2号が浮かない顔で登校していった。
その日は年間読書ポイントが目標値に達成した2号が
校内放送で紹介される日で、
目立つことが嫌いな2号はそれが憂鬱だったのだった。

といっても学校で唯一人紹介されるわけじゃなく、20人くらいの子が、
物凄い高速流れ作業で自分の名前とポイント数を言い
一瞬で消えていくので、大して目立つわけじゃないんだけどねえ~。
それでもイヤらしい。

2号の小学校では読書を奨励していて、AR(Accelerated Reading)というシステムを採用している。
自分のレベルに合った本を読み、その後PCでその内容を把握しているかのテストを受け、
そのテストの正解率によってポイントが加算される。
f0006855_11182857.jpg

ハリーポッターの第一巻、「賢者の石」は、5年生相当レベルで全問正解で12ポイント。
2号が12月に読んでいたエラゴンの最新刊 Inheritance は7年生レベルで、
文字数も多いので49ポイントと言う具合。
f0006855_1119468.jpg

確認テストは20問の質問があり、一問間違える毎にポイントが減って、
正答率が60%を下回るとポイントが付かない。
2号は、一度これでポイント0を取ったことがある。
なんでかって、間違ってスペイン語でテストを受けてしまい、
質問が分らなかったんだって。アホだ・・・・
しかしテストは一回しか受けられないので(2号談)、徒労に終わる。

そんなわけで今年度は年度の半ばの1月で100ポイントを達成できた。
(でもそのうち15ポイントくらいは、日本語で読んだダレン・シャンだったりして)
f0006855_11182857.jpg

ハリーポッターを2年生の時に読んでいた2号のクラスメイトの女子は、
もう既に500ポイントを達成してるんだそうだ。
凄いなあ。

とまあ、2号は現地校では学年相当の英語力が身についている様である。
話し言葉は、アメリカの典型的6年生女子っぽいらしい。 
しかし日本語の勉強はめっさ遅れ気味で、読書も2学年くらい下の本を読んでいる。
まあ、本を読んでいるだけマシとしよう。
話している内容も幼稚。自分のことを”2号ちゃんはぁ~”と言う。 東京の女子は”ウチはぁ~”って感じ?

一方1号は、在米歴の割には日本語は遅れていない。と思われ。
その分、英語は苦手なようでバイリンガルには程遠く、留学生レベルの英語力だ。
やはり性格は幼稚である。 アメリカの子どもは精神年齢が低い。

1号と2号、渡米した年齢か、その性格の為か、語学力の方向性がかなり違ってきている。
[PR]
by windchill2 | 2012-02-13 13:16

1号倒れる

f0006855_13463133.jpg
一年ぶりの2号画伯の雪上絵。

今年は雪が少なくて暖かい冬で、雪が大好きな2号は浮かない顔をしている。
しかし今日は、横殴りの雪が降り、体感温度はかなり寒かった。
シカゴの冬らしい天気です。

+++

1号が一昨日の夜から倒れている。
一日寝てればなおるだろうと高を括って転がしておいたんだけども、
今日になっても症状は良くならず、かえって酷くなってきた。
症状と言うのは、熱と咳とのどの痛み。

これって、ストレップスロート(溶連菌感染症)の典型的症状じゃないか、
と気付き、しかたなく近所のクリニックに連れて行ったら、
めっさかわいいインド系の女医さんに「ビンゴ」と言われた。

がーん。
こんなことなら、昨日のうちに病院へ連れて行けば
回復も早かろうに、ごめん>1号
咳と喉の痛みで、かなり苦しそうでございます。

しかし、ワタクシ。改めて思うことは、
病院関係の英語で困ることは少なくなった、
ということ。

今日聞かれたことと言えば、受付では医療保険のこと。
看護士さんとは、今回の症状、病歴、アレルギーの有無、など。
ドクターとは、診断の結果や処方される薬のこと、
学校に提出する診断書の依頼、と定番の話しばかり。

子どもが罹る定番の病気や症状は、学校からのレターを読んでいれば
おのずと頭に入ってくるので、診断を聞かされても対応できるんである。
来たばかりの頃、Pink eye(結膜炎)が分らずオタオタしたのが懐かしい。

さて1号の病気が、みなにうつらないことを祈るばかり。
特に来週はコーラスの発表会があるので、倒れたくないのよね。
未だ音がちゃんと取れていなくて、今日の臨時練習で激しく反省しました。
自主練がんばります。


+++


吹雪の中向かった近所のスーパーで、シイタケを買った。
シイタケは、市民権を得ている数少ない日系のお野菜でございます。

不慣れなレジのお兄ちゃんが、「これ、ポートベロ?」と聞いてきた。
ポートベロマッシュルームは、茶色だが巨大で肉厚なキノコである。

う「いんや、シイタケ」

兄「え?」

う「シイタケ マッシュルーム」

兄 ????

う「s h i i t a k e 」←スペルを言ってみた。

兄「Oh~!! シィ~トゥア~キィ~!」


・・・・・・正しい発音してるのに。
やっぱここはアウェーだ。
[PR]
by windchill2 | 2012-02-11 14:03

チャイナタウンへgo

f0006855_1313431.jpg
ダウンタウンのチャイナタウンツアーしてきました。
お店を覗いたり、飲茶を食べたり。
おばちゃんたちは、どこでも姦しいのだった。
f0006855_1354341.jpg
飲茶は、有名処のPhenixにて。
平日の昼はがら空きでワゴンが回っていなかったけども、全てのご飯が熱々ってのが、いい。
(昔は平日も混んでいたということで、単に人気が落ちたってことかもしれない)
ごはんはどれも美味しかったです。

f0006855_1391844.jpg
f0006855_1392965.jpg

午前10時半過ぎのチャイナタウン界隈。 
早すぎて流石に人はまばら。
っつーか、寒い!
f0006855_13103859.jpg

アジア系のパン屋さんでパンをいくつか買ってみる。生地が甘い。
店員のおばちゃんたら、無愛想を通り越して怖かった。
f0006855_13113936.jpg
ほんのり甘いスフレ、美味しかった。エッグタルトは、いま3つ。。。
f0006855_13104554.jpg
雑貨屋にはおもろい商品が。
f0006855_13125329.jpg
スーパーでは、わたしのオキニの中華麺を買った。
ここでもバッタもんくさい食品が沢山あり、ワンダーランド。
f0006855_1313075.jpg
てことで、晩御飯は、中華風焼きうどん。
もっちもちで、かなり美味しかった。

平日のチャイナタウンは穴場かもしれない。
カメラにメディアが入っていなくて、写真があまり撮れず残念。
[PR]
by windchill2 | 2012-02-10 13:22

聖地セドナとアーチーズへの旅2011 5日目-2 Four Corners Monument

忘れていたわけではないが、ちっとも書けずにいた冬の旅行記の続き。
行ってみたいと思います。
f0006855_14232240.jpg

メサベルデを後にし、次なる目的地のFour Corners Monument(4コーナーズ)へ向かいます。
一時間半の旅です。

ここは観光地としてはかなりマイナーなトコロでカーナビには載っていない。
ネットで検索をかけてもなかなかヒットしない、なにげに幻の観光地なんであるが、
20年前にL.A.に駐在していた時から気になっていたので、寄ってみることにした。
f0006855_14283474.jpg

途中はなんもない。
砂漠の田舎の風景が続く。
たまに珍しい自然の造形物があるくらい。
f0006855_14291218.jpg

かなり退屈してきたところで、看板が。
やっと着いたか。
f0006855_14335157.jpg
標識のある角を曲がると入り口が。
なんともしょぼそーな雰囲気だ。閑散としている。
それにしては一人3ドルと、結構高いアドミッションフィー。
ここまで来たからには払いますとも。
f0006855_14374517.jpg

ささ、この先が、Four Corners Monument.
アメリカで唯一、4つの州境が交わるポイントです。
f0006855_1125852.jpg


いろんな立ち位置で撮ってみました。

親子で3つの州に同時にいる図  ↓
f0006855_151773.jpg


4州独り占めの図 ↓  まあオットならやるだろうとは思っていたポーズ。
f0006855_183487.jpg

4州で昼寝する図
f0006855_19613.jpg

などなど、空いていたのでいろんな写真が撮れた。

ちなみにこのポイントの回りは、ぐるっとネイティブアメリカンの土産物屋に囲まれているが、
この日は数店のみが営業をしていた。(目が合うとすかさず呼ばれる(~_~;)
ハイシーズンには全店舗が営業になり、にぎわうのであろうか。
いずれにせよ、オフシーズンに来ないとくだらない写真を撮るのは難しそうだ。

4つの州を股に掛け気が済んだので、明日飛ぶ予定のフェニックスの空港に
少しでも近づくべく、南西に進路を取る。
その為宿は取っておらず、「行けるところまで行こう」という
うぃんちる家十八番の作戦が採用されていた。

メサベルデが冬期で限定公開だったのと、4Cournersで時間がかからなかったせいもあり、旅は順調。
第一候補だったKayentaを早い時間に抜けられたので、3時間弱先にあるFlagstaffまで行くことにした。
f0006855_1265769.jpg

この3時間弱のドライブは西向きに走る。
しかも夕方の時間帯で晴れ。
f0006855_127155.jpg
アメリカの夕日は日本では想像できないくらいキツく、サングラスなんて殆ど役に立たない。
ドライバーは大変である。。


そのうち見事な夕焼けが広がった。
f0006855_1343469.jpg
f0006855_134437.jpg

こんなに美しい夕焼けは滅多に拝めない。
f0006855_1344993.jpg
汚れたフロントガラス越しじゃなく裸眼で眺めたいところだが、日没はすぐそこ。
お宿は決まっていない、ということで道を急ぐ。

とっぷり日が暮れていた午後7時過ぎ、Flagstaffで目を付けていた宿、
Embassy Suites Hotelsに飛び込んだところ、満室で玉砕。
前日夜にチェックした時には、「空室あり」だったのに・・・・

それから、2-3件電話するもどこも満室と断られ、
やっとこさ、”今日は年末の繁忙期だ”ってことを思い知る。
もう悠長に宿なんて選んでいられない。

道を車で流しながら、Vacancy(空室あり)の看板を光らせているモーテルに
手当たり次第駆け込むモードに突入。
でもなるべく内廊下のある中流モーテル希望なんてゼイタクなことも思っていた。
f0006855_21695.jpg
アメリカのモーテルは飛び込み客大歓迎。 外にある看板には 空室情報 が書いてある。
No が点灯すると”空室なし”です。


しばらく走り見つけた Best Western に駆け込んだら「ラスト2部屋」と言われあわてて申し込む。
こんなショボいモーテルに100ドル×2部屋も払うんかい。。。。などと思ったりもしたが、
躊躇しているヒマはない。
同じようなことを考えている客がやって来るんである。

”最後の客”だった我らが手続きをしている間に、レセプションのカウンターの上に置いてあった
"Vacancy"の立札は取り下げられ、「満室です」と断れて去っていく人も見た。

せせせーふぅ~!

ありがとう。Best Western!
野宿にならずに済んで良かったよ。

てな訳で精神的に疲れ果て外食する元気もなく、手持ちのカップ麺をすすり、
デリバーしたピザをつまんで5日目終了!
[PR]
by windchill2 | 2012-02-07 02:20 | 旅行

ひさびさ 2号のコンペ

f0006855_1321630.jpg
昨年春以来。久方ぶりに2号がコンペに参加した。
いやー、やっぱりコンペは楽しい。
予想通り結果は振るわなかったが、この緊張感がたまらんばい。

今回は試合一時間半前のコーチMのテキストメールから始まった。
「試合が40分前倒しになってるんだけど、もう近くにいる?」っていうの。
えっと、まだ家ですよ・・・・

待ち合わせ、30分後だよね?
コーチがいつも遅れて来るから待ち合わせ時間前には行かないよ。
てか、時間の変更って、コーチにはもちっと前に連絡きてるでしょ?

ってイヤミをいいたいところだが、言う間もなく家を飛び出た。
会場には試合の40分前に到着し、アップする時間があって、ほ~っ。
しかしすぐに試合開始じゃ。

まずは試合直前のグループ練習。
あの子うまそうだ、なんて考えながら滑っているんだろな。
ずらっとコーチが並んで壮観。
f0006855_1323834.jpg


2号はグループ2番手。
f0006855_1325818.jpg

練習不足であぶなっかしい演技ですが、
審査員に笑顔を振りまく場面もあり、余裕あるじゃん、なんて思っていたらば、
実は頭の中真っ白だったらしい。
f0006855_132731.jpg
ワタシはワタシで、冬の旅行でデジイチのレンズのフォーカスが壊れちゃって使えず、
ビデオカメラまでご臨終してしまい、まともに使えるレンズがなくて頭が真っ白だったんですけど。
f0006855_1329980.jpg
↑ まだまだ未完成のドレス。

この前日本で、スワロのあまりの安さに大人買いしちゃったので、
500コくらいは石乗せちゃってます。現時点で。
まだまだ沢山余ってるので、更に乗せそうな予感。

って、どんだけハデ好きなんでしょね。ワタシ。
f0006855_13352126.jpg
お蔭で同じグループの選手の中では際立って発光しておりまして、
流石に目立ちますわ。おほほほほほ。

派手好きコーチMも大満足だった模様。
ところで、コーチMはドレスにも髪形にも結構煩い。
こんな低レベルの大会なのになぜそんなに拘る、って思う程煩い。

今回はシニヨンを作るのが面倒だったので、
「ポニーテイルにして良い?」と聞いたところ
「じゃあ、なるべくフレンチブレードにして」と言われた。
フレンチブレードって、これね。編み込み。
f0006855_13515485.jpg

ワタクシ器用なもので白旗揚げませんけども、
細かい作業が苦手なママだったらどうすんねん。
なんて毎回思うのだった。

という訳で、今シーズン初コンペは終わったのだった。
[PR]
by windchill2 | 2012-02-05 14:09

【ギョウザドッグ】 スケートドレス制作つづき

f0006855_650414.jpg

【ギョウザドッグ】
肉まんを作ろうと思ったらあいにくの肉切れ。
お肉を買いに行くのが面倒だったので、冷凍庫の餃子を包んでみた。

餃子ドッグはかつて、TDSの人気の食べ物だったとか?
おやつにもってこいかも。
もうちょっと気合入れて成形すればヨカッタ。
f0006855_5361132.jpg

肉まん系はパンを作る手順と似ているけども、数段簡単なので、
初心者の方はコレから作ってみると良いかも。

+++


出歩いてばかりで家事がたまってきたので、
今日はじっくり家の仕事をやりつつ、
2号のスケートドレスをデコったり、
おやつの肉まんを作ったりしてまったりと過ごした。
週末に久しぶりのコンペがあるというのに、
今回はちっともスイッチが入らないんである。
f0006855_545033.jpg

スイッチが入らないのは2号本人も同じで、
最近は練習もあんまりしていない。
出ることに意義があるらしく、順位はどうでもよいのだって。
まあ、そういう楽しみ方もいいかもね。

スケートと言えば、12月のことだけども、
去年の秋にあった春のアイスショーのオーディションの
結果が郵送されてきた。
f0006855_54562.jpg


これに合格すると、当日はソロやデュエットでの演技をすることが出来るし、
販売されるパンフレットにはソロリストとして顔写真と名前が掲載されるしで
子どもにはちょっと名誉な合格なのです。
そのせいか、わざわざ郵送で送ってくるんですよね~。
リンクで手渡せばよいのにって思うんだけど、
こういう儀式みたいなものが好きなのよね、きっと。

+++

大掃除をしていると、得体のしれないものが沢山出てくる。
これがコワイ。
一番怖いのは、何も書いていないCDやDVD。
いちいち再生してみて中身を確かめるのが面倒なので、
見つけると、あっ、見つけてしまった。
なんてガックリくる。

今日もDVDを一枚発見。
恐る恐る再生してみると、なんと懐かしい「ドラゴン桜」だった。
阿部ちゃん好きなんだよね~。
デビュー当時は、こんなにイイ役者になるとは思ってもみなかったが。

そして当たり前だが出演者がみんな若い。
山P、ハセキョウ、ガッキー、サエコ、長澤まさみ
当時は、ガッキーもサエコも、長澤まさみも知らずにみてましたとも。
みなさん、今もご活躍ですね。
ハセキョーは?と思いぐぐろうと思ったら、まさに第2子をご出産したばかりというニュースが。
へえええー。

で、やっぱりドラゴン桜は面白い。と思った。
[PR]
by windchill2 | 2012-02-02 06:00


2004年8月15日より、オットの転勤に伴い、シカゴで駐在生活を送っています。子供と一緒に、アメリカ生活を楽しんじゃおう!


by windchill2

プロフィールを見る
画像一覧

東京都出身。
90年代にカリフォルニア州に駐在。2004年8月より、シカゴ郊外に2度目の駐在中。

《主な登場人物》
オット  
1号♂ 17さい 
2号♀ 12さい
累計: 検索エンジン登録 
本日: SEO対策
昨日: メール配信   
アクセスアップ


旧ブログ→→→→→→→


windchill659(a)gmail.com
↑の(a)を@に変更して送ってください。

多忙のため、お返事を書くことがなかなかできませんごめんなさい。
シカゴについてのご質問等は、US新聞ドットコム住むトコ.COMなどの掲示板を利用されると、情報が集まりますよ






AX
Free counters!
free counters


カテゴリ

全体
ごあいさつ
旅行
日本
未分類

以前の記事

2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
more...

最新のトラックバック

アクアリウムの調査
from アクアリウムのアレやコレ。。
アクアリウムRSS
from アクアリウムのアレやコレ。。
アクアリウムの調査
from アクアリウムのアレやコレ。。
アクアリウムに関する記事
from アクアリウムのアレやコレ。。
コラーゲンパックでお見合いへ
from お見合い

検索

タグ

(68)
(54)
(52)
(41)
(35)
(34)
(30)
(22)
(21)
(20)
(19)
(19)
(15)
(14)
(13)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)

その他のジャンル

忍者ツール

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧