タグ:カンクン ( 12 ) タグの人気記事

Trip to Cancun 2010 -6日目-  帰る日

12月24日 6日目
f0006855_12412623.jpg
とうとう最終日。
フライトは午後なので、午前中いっぱい、カリブ海を堪能しましょう。
f0006855_12424819.jpg
旅の間、朝から食べまくっておりましたが、そろそろリハビリ開始。
ワッフルを焼いてもらう。
f0006855_12431240.jpg
食後はビーチへ。
昨日に引き続き雲が多め。
f0006855_12445668.jpg

f0006855_12445561.jpg

最後の波遊び。
今日は波が高くて良い感じです。
f0006855_12454222.jpg

f0006855_12454083.jpg


ワタシは早めに切り上げ部屋に戻り、12時のチェックアウトを目指しパッキング。
同時に早めのお昼のクラブハウスサンドと軽食をルームサービスにオーダー。
f0006855_12495321.jpg

これが結構おいしい。 
ランチボックスの中身は、ハムチーズサンドとリンゴと甘いスナック、それとお水。

12時にチェックアウトして、手首についていたIDを切ってもらう。
宿泊者ではなくなる瞬間。  あー、バカンスが終わった。

呼んでおいたタクシーに乗り込みいざ空港へ。
f0006855_1253196.jpg


空港の入り口では、カラフルなクリスマスツリーがお出迎え。
f0006855_1253158.jpg

f0006855_1254496.jpg


搭乗まで時間があったので、お土産物探索。
f0006855_1255194.jpg
メキシコの土産物はカラフルで楽しい。
f0006855_12544418.jpg


そしてカラフルな世界から、モノクロのシカゴへ。
毎度ながら、たったの三時間半飛行機に乗るだけで、
40℃の気温差を体験できるって凄いことだ。

シカゴでは車が雪で埋もれていないかが、唯一の心配だったけど、
案外雪は積もっていなかった。
f0006855_1323731.jpg

、案外寒くもなかった。
f0006855_1323953.jpg
雪国の人の旅行は、最後まで気を抜けないなあ、などと思いつつ、
車の雪落としをするのだった。

ところで、この冬休み、シカゴからたくさんの方がカンクンへ行ったとか。
「カンクンへ行った」というと、「ええーういんちるさんも?」といろんな人に言われた。

ところが我らは、日本の方を見かけることがなかったんですよね。
時期的な問題か、ホテルの問題か。

そして年末のカンクンは、ちょっと寒かったとか?
確かに最後の2日はお天気がちょっと崩れ気味だったけど、
半袖短パンで寒いってこともなかった。
こういうのを、”紙一重”って言うのでしょう。

カンクン旅行記はこれにておしまい。
[PR]
by windchill2 | 2011-01-14 13:26

Trip to Cancun 2010 -5日目-  シュノーケリング・パラセイリング

12月23日 5日目 曇り 時々 雨 のち 晴れ
f0006855_1414583.jpg

目覚めたら部屋がうす暗い。
バルコニーに出ると、かろうじて日の出は拝めたものの空には雲が多く肌寒い。
帰るまで青天続きの予報だったので、意外だった。
f0006855_23512888.jpg

今日はチチェンイッツア遺跡ツアーを予定していたのだけれど、
長時間にわたるバスの旅はどうかと思い直し、ツアーをキャンセル。

代わりにクラブメッド前の海岸でスノーケリングをしようか目論んでいるが、
天気は回復するどころか、どんどん崩れていくのだった。
なにせ肌寒いのだ。 常夏のカンクンなのに。

それにシュノーケリングギアも持っていない。
宿泊しているホテルと、クラブメッドに電話を入れ、
ギアの貸し出しをしているのか聞くも、どちらも「ない」とのこと。

それでも行ってみるべ、と、バスに乗ってクラブメッドまで行ってみることにした・・・
f0006855_1416304.jpg
これまたケチがツキまくりの旅で。
f0006855_14184334.jpg


f0006855_2327481.jpgケチはのっけから。 
ホテルを出たら雨がパラパラ。
バス停に立てば、手を振って意思表示してもバスが止まってくれない。 

何台もパスされあと、ようやく乗るも、「メッド前」と言って降ろされたところは、建設中の建物があるだけで、クラブメッドはありそうもない。 人影もない。
いきなり、ココハドコ?状態になってかなり不安なんですけど。

ほどなく現れた通りすがりの現地の人にクラブメッドの場所を聞き、何とかメッドにたどり着くも、敷地広すぎ、警備員に監視され続けるわで、ようやくビーチへ出た頃には、出発から1時間半くらいかかっており、皆心身共にヘトヘトだった。

2km以上ビーサンで歩き続けたワタシも2号も、靴擦れができてしまった。
2号は、帰ったらコンペがあるというのに、なんてことだ。

しかも、いろんなサイトで、メッド前のビーチがシュノーケリングには良いと書いていた割には、クラブメッド宿泊者以外は泳げそうもない雰囲気で、そんなこんなで子ども達は「帰りたい、ここで泳げても泳ぎたくない」と怒り出してしまった。とほほ。

まあ、確かにこの状況ではわからなくもない。
カンクンのビーチはホテル前とはいえ、全てパブリックとのことだけど。

f0006855_032290.jpg

てな訳で早々に帰ることにし、北側にあるホテルThe Westin前からバスに
乗るべくビーチを歩いていたら、陽気なお兄さんに声をかけられる。
「シュノーケリングしない?」

救世主現る。

てな状況で、兄さんに後光が差して見える。
よく見れば、どことなくジーザスに似ている。
もちろん脊椎反射で飛びつく我ら。
f0006855_23522480.jpg
早速お願いして、兄さんについていくと、そこはさっきまでいた
クラブメッドのビーチだった。ぽかーん。
兄さん、シュノーケリングセットを、タオルにくるんでわきに隠して持ってるし、
怪しげ感500%てとこだが、もうどうにでもして、って心境だった。
f0006855_004349.jpg
結局そこで兄さんがガイドになりみっちりとシュノーケリングを楽しむことができ、
帰るころには、太陽も出てきて暖かくなり、
やっぱり我が家の旅であるというか、終わってみれば楽しかったという感想がでるのであった。
(気が動転していたので、兄さんの写真が一枚もなかった)


カンクンでシュノーケリングを2回ほどしたけれど、
お魚を見る、という点ではあまりお勧めできない。
イスラ・ムヘーレスやコズメルへ行けば状況は違うのかもしれないけど、
ビーチに大量に砂を投入しているため、砂が拡散してサンゴから何から埋もれてしまっているし、
魚もそれほど多くなく、地味系の魚ばかりだった。 

以前訪れたタヒチのボラボラ島や、ハワイのハナウマベイ、タートルベイ、
と比べようもなく地味な海、というのが正直な感想です。


その後バスでホテルへ戻り、ランチ。
クリスマスが近いので、コーンチップがドギツイ赤と緑でかわいい。
f0006855_051567.jpg

ランチの後はビーチへ。
2号はずっとやりたいと言っていたパラセーリングをオットと二人で楽しんだ。
f0006855_131618.jpg

f0006855_131179.jpg

私と1号は読書。
f0006855_1315384.jpg
ようやくBOOK3まで読み切った。
毎回ながらムラカミセンセイは、やっぱり好きになれない。

カンクンのビーチといえば、いくつかの名物があるのだけれど、
秀逸なのは、この生首おばさん。
f0006855_1312968.jpg

一瞬ぎょっとするが、実は青空ヘアスタイリスト。
Braiding をやってくれます。

Braidingってのは、こんな風でとてもかわゆい。
f0006855_1313479.jpg
ビーチでは↑この手のヘアスタイルが多いのだけど、気合が入るとこんな↓風らしい。
f0006855_1313865.jpg
素晴らしすぎなんですけど。

ワタシは2号にBraidingを楽しんでもらいたかったんだけど、断固拒否された。
「そんなにやりたかったらお母さんがやれば?」とか言うの、つまんない娘だ。

f0006855_12565461.jpg
今日は波が高いらしい

5日目 終了
[PR]
by windchill2 | 2011-01-08 14:23

Trip to Cancun  -4日目-

12月22日  晴れ
f0006855_12162930.jpg
今日もホテルで一日まったりする予定。
朝からがっつりご飯を食べる。
普段は、コーヒーとベーグルだけなのに・・。どんだけ食べるのだ?>ワタシ
f0006855_12521494.jpg

f0006855_12522488.jpg
子供らは、マシュマロのチョコがけまで。
今日は朝からチョコレートファウンテンがあった。
f0006855_12532553.jpg



さて。
だら家族ういんちる家はホテルから貰った1500ドル分のポイントが余りまくり。
かといって使わずほっておくこともできない貧乏性である。

まずはムリヤリ予約を入れてもらったSPAへ行き、フェイシャルエステを受けてみる。
(当初予約がいっぱいだと言われた)
f0006855_12184857.jpg
ホテルのホムペとちょっと違い、薄暗いスピリチュアルな雰囲気の部屋で
1時間半のフェイシャルを受けたら、お肌がつるっつるのてかってかになった。

かなり痛い作業もあったけど、顔パックの間に全身のマッサージを
してくれたり、幸せなひと時を送る。
施術後、2号に「お母さんの顔が光っててコワイ」と言われる。

今度はホテル出入りカメラマンによる家族写真撮影。
過密スケジュールである。


これもポイント消化作戦。
宿泊当初、ポイントを使える特典を説明された時に
これはありえないでしょ、と思っていたオプションだが、
ともかく他に使い道がないので、頼んでみた。

これがまあ、たったの30分なんだけど、
その間にスカイラウンジやらビーチに連れまわされ、
日本人的にはかなり恥ずかしいポーズを取らされまくり。

テーマがあるとすれば“恥ずかしさに打ち勝つ”。
何かの罰ゲームのようだ。

子供たち、特に2号がかなり不機嫌になってきてヒヤヒヤものだったけれど、
1号は流石大人になったというか呆れていたというか、言われるがままにポーズしてくれていた。

ってか、

結構面白がっていた。
↓この写真はいたく気に入ったようで、Facebookに乗せると喜んでいたし、
家族全員でじゃーんぷの写真では、自分が一番ジャンプが高いとかいって、ほくそえんでいた。
流石ワタシ達夫婦の血を引いている。
f0006855_1312788.jpg



まあ、こんなアメリカンな写真も2度と撮ることもないだろうから
ある意味良い経験であったと思う。
パレス系ホテルにお泊りの予定のある方は、是非写真を撮られてみたらいかがでしょう?

f0006855_1241866.jpg
しかし、何度見ても恥ずかし過ぎる写真ばかりだ。
何故にそんなにハリキル、オットよ。(真ん中の写真ね)

とまあ、成行き上家族写真を撮ることになったので、
手持ちの服は思いっきりカジュアルか夜用のフォーマルしかなかった。

フォーマルでビーチにたたずむ勇気もなく、
パジャマのような服で撮影に臨んだのはご愛嬌。

サマードレスの一着でもカバンに入れておけば良かった。(持ってないけど)
せっかくなので、この恥ずかしい写真は今年の年賀状に採用しました。
受け取った方々は、さぞや呆れ返ることでしょう。


撮影大会が終わったら、遅いランチ。
f0006855_12454037.jpg
なんと、今日のテーマはアジアンということで、巻き寿司まであった。
が、ゲロまず。 やっぱりね。

その後はビーチでへ。
f0006855_12434260.jpg
波乗り2号
f0006855_1244576.jpg
ざっぱ~ん
f0006855_12501775.jpg
マイタイ


f0006855_1324823.jpg

1号は卓球にハマり、毎日オットと勝負していた。
うちにも卓球台あるのになぜ?
f0006855_1342251.jpg


夜は子供向けに映画上映会。
f0006855_1341581.jpg

プールサイドでは、毎晩何かしらのショーが開かれているが、
観客はあまりいない。 なにしろ風が強いので寒いのだ。

ビーチで怪しく光っているテントのようなものは、ハネムーナー用の
ロマンティックディナーのテーブル(と思われる)
重ねて言うが、風が強いので肌寒い上にディナーは砂でジャリジャリかと思われ。



さて、12月22日といえば、ワタクシの誕生日。
夜になってオットが言いました。

「前回は、部屋にケーキとシャンパンを持ってきてくれたのに、今回はないなあ」


「だって前回は誕生日だって、フロントに(ワタシが)アピールしたからじゃない?
今回は何かアピールしてたの? 」

オット、無言。

何も言わないのに、やってくれる訳ないじゃん←ワタシの心の声

そういうヒトなのはわかっているので、もはや期待はしておりません。
レストランで囲まれて歌を歌われるよかマシだと思うことにする。

てな訳で、誕生日はあっさり過ぎて行った。
[PR]
by windchill2 | 2011-01-05 13:46

Trip to Cancun 2010 -3日目-

12月21日 3日目 晴れときどきくもり

一日ホテルでのんびり過ごす予定。
まずは腹ごしらえ。
f0006855_2193485.jpg
今日は卵を焼いてもらう。
グズグズ状態の両面焼きたまご。
食あたりが心配だが、とうとう手を出してしまった。
コックのおばさんは歌を歌いながらごきげんに卵を焼く。


f0006855_317637.jpg

朝食後、2号はオットを引きずる様にプールに駆け出して行く。
f0006855_2223641.jpg
だら体質の1号と私は、だらだらとバルコニーですごし、
なかなか部屋を出られない。
f0006855_2281552.jpg

パソコンの後ろに移りこんでいるベッドが快適すぎ



ランチはこのホテルの屋上にあるスカイラウンジのバーでバーガーランチ。
f0006855_2323851.jpg
注文をしてから、目の前で焼いてくれます。
f0006855_2313962.jpg
もちろん、ワタシはカクテルをお供に。
f0006855_2314992.jpg
キョーレツな緑色のカクテルは、エレクトリックレモネード。
トイレの芳香剤のかほりがほのかに感じられる、微妙なカクテルだった。

スカイラウンジはガラス張りの壁で囲まれプールもあり、360°展望。
北側を望む
f0006855_234339.jpg

南側
f0006855_2352881.jpg

はあ~、絶景。

午後は私も一緒にビーチへ。
2年前はビーチの幅がほとんどなかったが、一年くらい前に砂を大量投入したらしく、
広々としたビーチができあがっていたが、それでも既に砂が波でさらわれ、
高い壁となっている。(2号のうしろが壁です)
f0006855_2382034.jpg

ひたすら貝を拾いまくる2号
f0006855_2385314.jpg


今日は風がそれ程強くなく、ビーチの旗は赤の中に黄色が交じっているので遊泳可能。
それでも波は結構高く、ボディボードもどきをして遊ぶ。
f0006855_3174586.jpg
2号、大喜び。 オットもワタシも面白かった。
その昔、ぴちぴちの女子高生だった頃、
台風が接近して波が荒くなる材木座海岸@鎌倉へ繰り出していた頃を思い出した。
f0006855_3311726.jpg
一番大人な1号はビーチでまったり読書。
(実は一度海に入ったが、アトピー体質のため体に海水がしみるらしく、ギブアップ)
f0006855_318782.jpg
ホテルでは一日中イベントをやっている。
かけっこしたり、綱引きをしたり、ビーチオリンピックだって。




f0006855_2451043.jpg
夕食はめずらしく、フォーマルのイタリアンへ。
コースを全部頼んだらとても食べきれそうもなかったので、適当にチョイス。
パスタが激マズ以外は、結構おいしかった。

3日目終了!
[PR]
by windchill2 | 2011-01-04 03:27

Trip to Cancun 2010   2日目 -トゥルム遺跡-

2日目  12月20日 晴れ!
f0006855_13571247.jpg
実質初日な2日目は、ホテルのプールサイドでのんびりするつもりが、
唯一行きたかったトゥルム遺跡ツアーが
この日しか空きがない、ということでツアーに参加することにする。

オールインクルーシブのパレス系ホテルは、
現在宿泊数によって、ボーナスポイントがもらえ、
5泊する我が家は1500ドル分のポイントがあり、
ツアーの参加費にあてたり、家族写真をとったり、スパにつかったり、
お部屋のアップグレードしたり、リムジンに使ったりできます。

が。

世の中そうは甘くない。
ツアーもスパも、あっという間に埋まってしまうのでご用心。
出遅れた我が家は結局ポイントを使いきれなかった。

さてトゥルム遺跡ツアー。
まずは腹ごしらえをして。
f0006855_1433524.jpg

午前8時にロビー前にやってきたバスに乗りこみ出発。
f0006855_144198.jpg

まずはお約束の土産物屋さんへ寄る。
メキシコの民芸品はワタシのツボのビビッドカラーで、
見ていて楽しい。
f0006855_1422786.jpg

30分ほど土産物屋に滞在し、ようやくトゥルム遺跡へ向け出発。
時は10時半すぎ。
張り切って午前6時半に朝ごはんを食べていたので
既に全員かなり腹減り状態である。

ツアーガイドによると、ランチはこれから行くトゥルム遺跡を
見学した後ということで、どう早く見積もっても2時間後。

・・・待てません。

土産物屋で買ったチップスで飢えを凌ぐほかのツアー客を尻目に
おもむろに持参のランチボックスを出す旅慣れた我ら。
事前に頼んでおくと、ランチボックスを作ってくれるのだ(高笑い)
f0006855_1465763.jpg



一時間ほどドライブして、トゥルム遺跡到着。
ここは海沿いに建つ小さな町の遺跡で、海をバックにした遺跡群が美しい所です。
f0006855_1473076.jpg
f0006855_148334.jpg

とある建物(どれか忘れた)の窓からは年に2回、光が差し出してくるんだそうで。
その貴重な2日のうちの一日は

明日

同じツアー客、総ずっこけ。
道理で早い順に埋まるツアーが、明日は一杯だったはずだ。

ガイドさんの説明も終わり自由行動ということで、
ビーチ方面へ向かうと・・
f0006855_14185357.jpg
うっとりするくらい美しいビーチが

そして有名な風景が。
f0006855_14202992.jpg


イグアナも沢山いて癒される。
f0006855_1495545.jpg

f0006855_14223515.jpg
あっという間に集合時間です。
もっと観ていたかった。
土産物屋の30分は長いのになあ~。
f0006855_14315240.jpg

遺跡の玄関口には、空港のDFSみたいなゴーカな宝飾店があったり、
チープな土産物屋があったり。
買い物には興味がないので、イグアナやおサルと写真を撮ったりして過ごす。
f0006855_14221447.jpg


さあて、お待ちかねのランチタイム。
f0006855_1424411.jpg
バスで20分程の所にあるXPHAのパレス系ホテルへ向かう。
f0006855_142565.jpg
併設の動物園を観たり、
f0006855_14253399.jpg
シュノーケリングをしたりカヤックをこいだりしているうちに、集合時間。
帰りのバスでは、「HACHI」を観る。
英語にスパニッシュ字幕は辛いっす。

2日目終了!
[PR]
by windchill2 | 2010-12-28 23:34

Cancun Tour 2010 一日目

12月19日 晴れ

f0006855_716541.jpg
凍てつくシカゴを抜け出し2度目のカリブ海、
カンクンへ行ってきました。
リピートの理由は、

・カンクンがとても良かった。
・半分しか楽しめなかった2年前のリベンジ

というのもあるけれど、
(毎度ながら)日程や行先を決めずにグ.ズグズしていたら、
目ぼしいリゾート地の中で、カンクン行きのエアチケットしか残っていなかった、
というのが大きな理由。

まあ、それも良し。
ってことで、補習校が最終日の翌日、カンクンへ旅立った。

旅立つ前夜は、深夜まで宴会に参加し、
帰宅後ゴソゴソとパッキングの続きをして翌早朝出発というハードぶり。

行き先が時差なし、フライト時間3時間半というカンクンだからこそ、
できるワザだった。 サスガに緊張いたしましたが。

とまあ出発前からエピソード満載で、
満席ぎゅうぎゅう状態の飛行機でカンクンへ向かったのだった。

今回のホテルは、またもオールインクルーシブのパレス系。
Beach Palace Hotel。
f0006855_7184137.jpg

前回泊まったカンクンパレスと違って、かなり小ぢんまり。
これが選んだ理由。人が少なくて静かで良いかなって。
小さなホテルに飽きたら系列の別ホテルへ遠征すれば同じサービスを受けられるのもよい。

f0006855_7191893.jpg
部屋はCancun Palace 同様、ゆったり。
エキストラベッドを2台入れても余裕の広さ。
手前は、全室にあるジャグジーです。わが家は物置として使用。
2度目なので当たり前で写真を撮らなかったが、
冷蔵庫には、ジュースやお酒が満載。
ハードリカーのディスペンサーもあります。
当然、全部フリー。
エキストラベッド代もフリーです。

f0006855_7194284.jpg
早速遅いランチでも。
アメリカ生活もだいぶ長くなってきたので、
かなり美味しく感じることができる、幸せな我ら一行。
前回のこともあるので、生野菜系はとりあえずNGね。

f0006855_720588.jpg
月が出ていて、夜景もきれい。
[PR]
by windchill2 | 2010-12-27 07:39

ごはん@カンクン



食いしん坊ブログ、Chicago きっちんらしく、カンクンで食べたものシリーズ。
ほとんど自分が食べた物+ちょこっと家族分。
自分の許容範囲を超えた数の写真なので、一部訳が分からなくなり、重複しております。

f0006855_1432649.jpg
f0006855_1434040.jpg
f0006855_144058.jpg
f0006855_1442126.jpg
f0006855_852235.jpg
f0006855_8522718.jpg


一度やってみたかった、食べた物を淡々と記録するシリーズ。
↑ このフレーズに聞き覚えのある人は、食ブログ通ですな。

食事の味は・・うーん?? 60点くらい? ぎりぎり合格点。
許せる範囲デス。

ともかくサービスがよろしいので、食に関する総合点はもうちっと高く、75点くらいかな。
[PR]
by windchill2 | 2009-01-10 14:03

カンクン@カリブ海 4日目 =最終日=

5日目 最終日 12月25日 晴れたり曇ったり

f0006855_10374796.jpg
とうとうシカゴに帰る日になってしまいました。

f0006855_10382219.jpg
メキシコへの海外旅行といえど、たったの3時間半の距離のカンクン。
国内旅行ではあるけれど、ダイレクト便でも9時間もかかるハワイ、
同じ本土の西海岸までだって4時間半もかかっちゃう訳で、
それを踏まえると、カンクンはシカゴ在住者にとって、
非常に身近なリゾート地なんですね。

なのでカンクンへは、3泊4日なんてツアーも結構あり、
我々も毎日プールサイドにいるんだから、
4泊も泊まれば十分でしょーなんて思っていたのだけれど、
思惑は大きく外れ、あっという間に過ぎちゃって、
一週間くらいいても全然OKでした。
おサイフ的には、あんまりOKじゃありませぬが・・。


午後2時半発のフライトなので、
今日も午前中いっぱい遊び倒そうと思います。

最終日の朝は、朝焼けに始まる。
薄暗い海もいい感じです。
f0006855_10385564.jpg

その後食事でも・・・と思い子ども達に声をかけると、
2人とも食欲なしとのことで、オットと2人でレストランへ。
毎日食べまくったせいか、実はワタシ達もあまりお腹がすいてないんですけどね。

部屋へ帰って簡単に荷造りをしておき、プールサイドへ。
f0006855_10393017.jpg

今日も、ワンダホーな景色です。

カンクンでの滞在ホテルを決めるにあたって悩んだのが、プールの規模でした。
たぶん、おそらく、我が家のことなので、あまりあちこち出歩かず、
ほとんどの時間をプールサイドで過ごすと踏んだからです。
で、毎日プールならば、飽きが来ないようにプールが充実しているところ、となり。

大規模プールのあるヒルトン、もしくは同じ系列ホテルのムーンパレスと悩み、
予約を入れたのは、旅立つ3日前でした。それもオットにせかされてようやく。
無謀にも現地で決めようとしていたワタクシです。

で結局、1号の強力な希望であるオールインクルーシブと
ワタシの希望のビーチが美しいところと2つを織り込み、
更にいろんなサイトのレビューを参考にし、
室内がカビ臭いというレビューのあるところは、
徹底的に避け(アレルギー体質家族なのもで)、
カンクンパレスとなりました。

でも結局心配していた2号は小規模でたった一つしかないプールに対して、
「プール大きかったね。 楽しかったね!」と。
なああんだ~。って感じで肩透かし。

ちなみに、もう一つ、滑り台などがあるちびっこプールがあるんですが、
「ここは赤ちゃん用だから」と全く興味を示しませんでした。
合わせて、キッズクラブといって、テレビゲームやプールなどが揃っていて、
無料で預かってくれて飲み食いまで面倒みてくれるところもあったのだけれど、これも利用せず。
ああああ、大きくなったねえ。 2号ちゃんたら。


11時過ぎ、部屋に引き揚げ荷物最終パッキング。
当初の予定では、早めのお昼を食べてチェックアウトのはずが、
一同お腹が減らず。

そういえば、ホテルに頼めばサンドウィッチ弁当を持たせてくれるのだった、
と思いだすも時すでに遅しで、レストランへテイクアウトしに行く。
適当に見繕い、サンドウィッチ弁当完成。
f0006855_10402057.jpg
お腹がすいたら、飛行機で食べましょう。

f0006855_10404187.jpg
そして5日間過ごしたお部屋を後にし、ロビーでチェックアウトの手続き。
f0006855_1041155.jpg
ホテル滞在者の証、腕のリングをハサミで切ってもらい、
ゴージャスな生活が終わった。

ロビーで、予約していたタクシーを待っていると
クリスマスイベントの、サンタさんが消防車に乗ってハデに登場!
f0006855_10421219.jpg
あっという間に人だかりです。
子ども達はあつまって、写真を撮ってもらいます。
へそ曲がり2号は、ここでも中に入らず。

予約の5分前にタクシー登場。
素晴らしい。 メキシコ人ってルーズかと思ったら、
仕事はテキパキやるし、時間にも正確だし、見直しました。
というか、誤解していてごめんなさい。

f0006855_1042396.jpg
5日ぶりのカンクン空港です。
立派なデューティーフリーショップあり、フードコートあり。
f0006855_1043892.jpg
しかし、この「ありがとう」は、誰に書いてもらったのだ??

帰りのフライトはすこぶる順調。
てえか、ガーラガラ。

こんなガラガラなので、11月に入ってから、マイレージ、
しかもセーバー(直前じゃあなかなかとれない、ポイントが半分でOKのチケット)
がとれちゃったりしたのね。
アメリカ発世界同時金融危機の影響なんでしょうか?

飛行機の窓から見える風景は、青から、オレンジに変わり、
そのうち真っ暗に。眼下にきらめく街がいくつも流れていきます。
f0006855_10471526.jpg


そしてシカゴ上空。
オレンジ色の光が、視界いっぱいに広がります。
なんて大きな都市なんだろうかと、改めてその巨大さに感動。

後ろの席では小さな男の子が盛んに
「Is Chicago the biggest city in the world?」
とお母さんに話しかけていた。

うんうん、そうだよね。 そう感じちゃうよね。

機体は光の洪水の上を進み、手が届きそうなくらいの眼下に
ダウンタウンの摩天楼を眺め、真っ暗なミシガン湖に抜け出て、湖上で左旋回。
また光の上に戻り、着陸態勢に入ります。
f0006855_10565270.jpg
※ この写真は以前、ジョンハンコックセンターの展望台より撮影したものです。


うわー、雪がすごいなあ、家に入れるだろうか?
なんて、3時間半先に住んでいる人々には想像もつかない
心配をしながら、窓の外を眺めていたら、軽い衝撃。

さあて、外は寒いぞーとダウンジャケットを早速着込んで、
空港施設内に入った。

このあと、入国審査で小一時間待たされたりと、ひと波乱あるんですが、
とりあえず旅日記終了! 

やっぱり今回もトラブルばかりでしたが、終わってみれば楽しい旅でした。
ポジティブういんちる家、波乱万丈のほうが、
思い出に残って楽しいと思うことにしております。
[PR]
by windchill2 | 2009-01-09 11:03 | 旅行

カンクン@カリブ海 4日目 =プールサイド=



4日目  12月24日 はれっ!
f0006855_1442997.jpg

夜中じゅう、トイレで苦しんでいた1号。
可哀そうだが、お陰でちっとも眠れないワタクシも
結構可哀そうだと思う、自己中母ういんちるでございます。

単なる船酔いかと思ったけれど、これはもしや他に原因が?
その1 食中毒
その2 ウィルス性胃腸炎

その1が一番濃厚かと思うんだけど、
ワタシたちほとんど同じ食事していたし。
危ないと言われているサラダも途中から少しだけれど食べてたし。
しかし倒れたのは1号のみ。

原因は分からないけれど、どうやら今日もダメっぽい。
残念だけど、楽しみにしていたトゥルム遺跡のツアーはキャンセルです。

でもまあ、今日も行きたくもない買い物に一時間半も時間を割かれるのは、
正直耐え難かったので、それもいっかと思う。


そうと決まれば、すっきり。
今日は一日プールサイドに陣取り、海を眺めて過ごすぞー。
と、朝7時前にプールサイドのお気に入りの場所を取りに行く。
プールサイドのいい場所は争奪戦です。
f0006855_14151888.jpg
相変わらず“ご飯いらないモード”の1号を部屋に残し、
食事を済ませ、トゥルム遺跡ツアーの人たちが
バスに乗り込んでいくのを部屋から見送る。
そんな風景を見ちゃうとやっぱり面白くないので、
ワタシ達も、ちょっと出かけることにする。

少し南にあるヒルトンホテルの近くに小さな遺跡があるらしい
との情報を事前にネットから仕入れていたので、見に行くことにするが、
あまりに情報が少ないので、コンシェルジェを訪ねるも、
その遺跡は現在クローズされているとのことだった。

がーん。
じゃあじゃあ、このあたりで一番景色がいいと言われる
プラヤ・デルフィネス(ドルフィンビーチ)へ行こう! 
ローカルのバスに乗って。
f0006855_14202259.jpg
ホテル前のククルカン通りは、24時間バスが走っていて、
昼の時間帯は、2-3分おきと、とても便利。
乗車するときに運転手さんに行き先を告げておくと、停車してくれます。

滞在しているパレスホテルから、プラヤ・ドルフィネスは近いので、あっという間に到着。
f0006855_14214185.jpg
期待したドルフィンビーチですが、午前中のせいか、景色はいま一つ。
東向きのビーチのせいで朝の早い時間は逆光で海の色は暗いんです。
それに相変わらずの強風で白波が立ってます。

ここにも、イグアナちゃんが
f0006855_14222924.jpg


少しビーチを散歩して、ヒルトンホテルのプールなどもチェックしつつ、
またバスに乗ってホテルに戻ります。

一旦部屋に戻ってみれば、こんなかわゆい演出が。
f0006855_1157684.jpg


ホテルの建物を出ると、ものすごいブルーが飛び込んできた。
をを~!これぞカリビアンブルー!!
f0006855_9514765.jpg
f0006855_22273196.jpg
今日はどこにも行かず、プールサイドで過ごすしかない。 
この風景の中にいたくて、東側のビーチ沿いのホテルに決めたのだもの。

f0006855_1294172.jpg

それからは、ずーーーっとプールサイドでまったり過ごす。
途中からは、1号も加わり読書三昧。お酒飲み放題。
小腹が空いたら、気軽にランチやスナックをつまみ。

f0006855_23543334.jpg
極楽極楽。

f0006855_935138.jpg
ハマったのが、ナチョ&ビールの組み合わせ。
他、フレンチフライにチーズをどろ~んってのも。
どちらも、死ぬほど高カロリーデスネ・・・
f0006855_9482083.jpg
f0006855_9485172.jpg




夜は、クリスマスイブということで、ディナーショーへ。
大分回復してきた1号も参加。
f0006855_936966.jpg

今夜の出し物は、シルクド・パレスという、
シルクド・ソレイユをパクってま~す的なショー。
f0006855_9375192.jpg
筋肉の祭典てな感じの内容でした。
ごはんは・・ノーコメントっす。

こうして最終夜も更けていく~
[PR]
by windchill2 | 2009-01-05 14:38 | 旅行

カンクン@カリブ海 3日目 =イルカと泳ぐ=



3日目 12月23日 晴れだったり、曇りだったり、激しく雨だったり

f0006855_14372251.jpg
ホテル前の海岸は、とても美しいのだけれど外洋に面しているため
波がいつも高く、遊泳禁止の日が多いと事前に知っていたけれど本当だ。
今朝は風も強くて波も昨日より豪快なような気がした。

f0006855_1438053.jpg
パレス系ホテルはただいまアンリミテッドツアーキャンペーン中。
グループが企画したオプショナルツアーにエクストラチャージなしで、
何回でも参加できるんです。
行先は遺跡あり、島あり、町あり、結構豊富。

遺跡好きなワタシ的には、チチェンイッツアという遺跡は外せないところなのだけど、
片道3時間もバスに揺られるということで、子供たちからばブーイングが出そう。
文句を言われながら遺跡を見てもつまらないので、今回はパス。

ということで、5kmの沖合にある島、 イスラ・ムヘーレスへのツアーと、
少し近場のトゥルム遺跡のツアーに申し込みました。
今日はイスラ・ムヘーレスへ行き、子ども達がイルカと泳ぎます。

f0006855_14385017.jpg
海が見えるレストランで朝ごはんを済ませ、午前9時すぎ、所定のところに集合。
ここでお知らせがあった。

今日はとても風が強く波も高いので、船がとても揺れるということ。
そのため、ゆっくりと進むので、20分の船旅が、4~50分かかること。
海が荒れているので、島でのアクティビティーが出来ないかもしれないので、
それを踏まえて、参加してほしいということだった。

ここで数家族があっさりバスを降りた。
無料ツアーなので、気軽にキャンセルできるもがいいところである。
船酔い体質のワタシもそのお仲間に入りたかったが、
珍しく用意が良く、事前にイルカと遊ぶツアーに申し込んでいたので、
行くしかないのだった。

かくして、宵止め薬を口に放り込み、船の発着所までバスでむかう。
船着場まで約20分。通り沿いにずらっと並んで建っているホテルの物色をしていたら、
あっといっというまに小さな船着場に到着。
さあ、バスを降りるぞ、と思っていたら、驚愕の事件発生!

後ろの席の兄ちゃんが・・・・

リバ―――ス!



足の裏側に生暖かいものが飛び散った。



ヒ━ ━━(゚Д゚;)━━━!!!

こんな快適なバスでなのにどして?

返りを浴びた2号は恐怖のどん底に陥り、チワワのように震え
「帰る」と動かなくなってしまった。
必死で2号をなだめ、船に乗り込む。

f0006855_14415132.jpg
ちなみに写真にいる上半身ハダカの兄ちゃんが、リバースした兄ちゃん。
上半身ハダカなのは、汚れたTシャツを脱いだためと思われ。
あんなことがあっても船に乗るとは、見上げた根性。 ある意味尊敬。
しかし頼むよ・・?

船は予告どおり大揺れ。
f0006855_14441951.jpg
げっそり・・となるはずが、
添乗員のヒロミ似の兄ちゃんが、弾丸トークやらゲーム大会やら、
ダンスを披露してくれたりして船内を沸きに沸かせ、
酔う暇がありませんでした。 愉しかった。

50分近くかけて、イスラ・ムヘーレスの系列ホテルの船着場へ到着。
f0006855_048195.jpg


その後乗客はそれぞれのツアーに分かれ、
われわれはドルフィンツアーの会場へ。

イルカとキスをしたり、握手したり、背中に乗ったりと、充実の時間を過ごす。
f0006855_14462582.jpg

子どもたちが。
ええ、私たち親は、見学だけしておりました。

イルカと遊んだあとは、島にあるパレス系のホテルに戻り、
美味しいランチを食べて、ダウンタウンで買い物をして、
無事ホテル戻りましたとさ。

と行きたいところですが、ホテルでランチをしていたら、
元気のなかった1号が・・・・・いきなり・・・・




リバ―――ス!






ヒ━ ━━(゚Д゚;)━━━!!!


親として全力で回避出来ること、レストラン内でのリバースは
避ることはできたが、泣くに泣けぬ我が家であった。

そうこうしているうちに、乗船時間。
ダウンタウンに向かい、ショッピングでえす。(泣)
こんな状態で、船乗れんの?って感じの1号です。

あわててビニール袋を数枚調達し船に乗り込む。
ダウンタウンでみなが買い物に興じている間も、1号引き続きゲロゲロ。
外は雨が降ったり止んだりで肌寒い。
ダウンタウンといっても田舎の観光の町なので、無料で雨宿りできるところがほとんどなく、
かといって、ゲロゲロの1号を連れて、買い物だの、カフェだのに行けるわけがなく、
大きな木の下で雨宿り。
これって何かのバツゲーム?って感じの1時間半でした。あは。
f0006855_14594658.jpg
汚れてしまった1号のTシャツの着替えを買いに、町に出てみた図。
1時間半後みな集合!!!! ←これはスゴイことだ。

添乗員のヒロミ兄さんが
時間にちゃんと戻ってこなかったら置いて帰るから、
自力でホテルへ戻るか、ここへ泊るかしてね
とくぎを刺したせいなんでしょうか?
ともかく定刻に出航。


帰りの船はまたまた大揺れ&大宴会~♪
f0006855_1512348.jpg

ヒロミ兄さん最高!
1号には悪いが楽しいったらない。
テキーラをお客さんの口に流し込んだり、乗客をまきこみダンスをしたりして大騒ぎ。
おかげで、1号が船尾でゲロゲロしていてもあまり目立たず。
船は揺れに揺れたので、1号にお仲間も増え、頼もしかった(?)

船酔い体質のワタシは、1号が横でゲロゲロでもなぜか平気。
酔い止め薬のおかげ?
これなら、今まで行けなかったカリビアンクルーズツアーにも行けるかも。
なんて思う。


単なる船酔いと思われた1号は、結局その日復活することができず。
部屋でこんこんと寝続ける。
「食べ物の匂いをかぎたくない」というので、ルームサービスを
取ることもできず、除く3人は、外に出ることにする。

f0006855_1515435.jpg
ホテルでは毎晩何かしらショーをやっている。
昨日はメキシコのダンスショーで、今日はマジックショーとのことで、
覗きに行ってみました。

そのマジック。
30年くらい前の懐かしさを醸し出す内容で、
鳩やウサギがぽんぽん飛びだしたり、箱に入った女の人の胴体が切れちゃったりと、
レトロモード全開。
最近流行りのイリュージョンショーとかけ離れていたんだけれど、
こっちのほうがチビっ子には、受けるんじゃないかな。
2号はとても楽しんでいました。

たまに部屋で寝ている1号を様子見しつつ、
本日の夕食は、予約してあったイタリアンにて。
f0006855_1522034.jpg

空腹に負け、マジックショー会場で、
ちょいとご飯をつまんでしまったので、お腹があまり空かず。
スープとデザートは割愛。 パスタは一皿をオットとシェアしました。
全体的にちょっと塩からかったけど、サービスは最高でした。


そんな訳で、1号倒れたままで波乱の3日目終了!

キミが熱望してオールインクルーシブホテルに泊まったんだから
明日からはちゃんと食べてよ~!

と瀕死の1号に冗談をかましつつ一同就寝。
[PR]
by windchill2 | 2009-01-03 15:02


2004年8月15日より、オットの転勤に伴い、シカゴで駐在生活を送っています。子供と一緒に、アメリカ生活を楽しんじゃおう!


by windchill2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

東京都出身。
90年代にカリフォルニア州に駐在。2004年8月より、シカゴ郊外に2度目の駐在中。

《主な登場人物》
オット  
1号♂ 17さい 
2号♀ 12さい
累計: 検索エンジン登録 
本日: SEO対策
昨日: メール配信   
アクセスアップ


旧ブログ→→→→→→→


windchill659(a)gmail.com
↑の(a)を@に変更して送ってください。

多忙のため、お返事を書くことがなかなかできませんごめんなさい。
シカゴについてのご質問等は、US新聞ドットコム住むトコ.COMなどの掲示板を利用されると、情報が集まりますよ






AX
Free counters!
free counters


カテゴリ

全体
ごあいさつ
旅行
日本
未分類

以前の記事

2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
more...

最新のトラックバック

アクアリウムの調査
from アクアリウムのアレやコレ。。
アクアリウムRSS
from アクアリウムのアレやコレ。。
アクアリウムの調査
from アクアリウムのアレやコレ。。
アクアリウムに関する記事
from アクアリウムのアレやコレ。。
コラーゲンパックでお見合いへ
from お見合い

検索

タグ

(68)
(54)
(52)
(41)
(35)
(34)
(30)
(22)
(21)
(20)
(19)
(19)
(15)
(14)
(13)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)

その他のジャンル

忍者ツール

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧