タグ:フィギュアスケート ( 30 ) タグの人気記事

2号のスケートコンペ

f0006855_9492461.jpg
なんだか今年の年末は非常に忙しく、朝から晩まで予定がつまっていて
ブログがなかなか書けません。



昨日は、今シーズン初のコンペがあった。
現在ISIのFreestyle5というレベルにいる2号は、
フリースタイル4にエントリーです。
(ISI のFreestyle5は、日本のバッジテストの1級あたりみたい)

結果は予想通りで残念!でしたが、
やっぱりコンペは緊張感があっていい。
目標あっての日々の練習ですもんね。

以下当日の模様~。
f0006855_9501096.jpg
出番の一時間前に会場入り。
チェックインカウンターに音楽CDを渡してから、
ストレッチやメイクをしたりして、出番待ち。
今回はセミプロのメイクさん(師匠のお嬢さま)にメイクをしていただく。



【本番の模様 2分間の演技です】
Freestyle4は以下のエレメンツを盛りこんだ演技をします。

Flip Jump
Loop Jump
Sit Spin
One-Half Loop Jump
Two Backward Arabesques (One each on the Right and Left foot)
Backward Outside and Backward Inside Three Turns / Dance Step Sequence

f0006855_11265380.jpg
音楽がスタート。最初のエレメンツ、シットスピンの腰が落とし切れずぎこちない感じ。
あれ?緊張してる?
バックワードスパイラルはいい感じ。

f0006855_1127868.jpg
おっとハーフループがちょっと崩れた。。。けど大丈夫。
と思っていたらいきなり画面から消える。あれ、転んでる。
こんなところで???  どうやらブレードを自分の足に引っかけてしまったみたい。
転んだ分演技が遅れ、右バックワードスパイラルをする時間が無くなり、
ほとんど足が上がらず。

f0006855_11272291.jpg
フリップ(一回転)、お次はループ(一回転) その調子~。
と、思っていたら、ダンスステップシークエンスがいつもと動きが違う。
後で聞いたらステップを忘れて、咄嗟に違うステップをしたとか。
痛恨のミス(コーチ談)


f0006855_141575.jpg
ループ(一回転)&ハーフループ(1回転)のコンビネーション。
フリップ(一回転)は上手に飛べた。


f0006855_11275953.jpg
前のフリップからタップトゥを挟みすぐにフリップ&ワルツのコンビネーションジャンプ。綺麗に決まった。
最後にスピンが残っているんだけど、もう音楽が終わりそう。 
時間足りるだろうか?
めっちゃ中途半端にスピンを終わらせ、巻き巻きモードで頑張ったが間に合わずに曲終了。

あちゃ~!やってもうた。
ここまでボロボロなのは練習でも見たことがない。

前日の練習の出来が良かっただけに残念だけど、
2号がヘコんでいないのが、唯一の救い。
いやいや、スケート選手の端くれとして、それじゃいけないんだけどね。
それが彼女の個性なので、仕方ありませんね。
これからもゆるゆるやりましょう。

今シーズンはもう一回コンペに出るので、次で順位が上がればいいね。
母は、2号がドレスを着てコンペに出てくれただけで大満足です。
f0006855_1074285.jpg

なんと今回のコンペは全員がトロフィーを貰えた。
ラッキー。



ところで写真。
デジイチの調子が悪いってのもあったんだけど、
まともな写真がほとんど撮れなかった。
いっちょ室内スポーツの撮り方を勉強しよう。
それ以前に瀕死のデジイチを修理に出さねば。
[PR]
by windchill2 | 2010-12-31 13:21

2号のスケートドレス制作 その4 完成!

f0006855_7312842.jpg
カンクンから帰って、年賀状を書いたり宴会に出たりしているうちに、
2号のフィギュアスケートのコンペが2日後にせまってきた。

カンクン行きが決まり、2号のコーチにその旨を告げた時、
「え? カンクン?? コンペが29日なの知ってるわよね???」
と凄まれた記憶も新しい。

告白すると。

本番用のスケートドレスが、やっとさっき完成したが、
肝心のプログラムが完成してない。
どんどん進化?している振付。

今朝、久々にレッスンに行ったら、あまりの仕上がりの悪さにコーチが怒りモードだったらしく
(2号のコーチはアメリカ人にあるまじき怖い人なのだ)
「あんたの滑りはプープだ」と言われたらしい。

プープって。。。。う〇こ

それはいくらなんでも、あんまりじゃないか。
試合前に選手の気分をマリアナ海溝に沈めてどうする。
流石に、文句言ってやりたい。

だって2号はレクレーショナルスケーターなのよ~。
ガツガツ練習して、上を目指す子と違うんだから。“
って。
小心者2号が「言わないで」と必死で止めるので、言わないけど。

こんなところで毒づいても仕方がないので、
切羽詰まった楽しいドレスの製作をいたしましょう。

まず、ずっと放置していた髪飾り。
f0006855_7322525.jpg
ペラペラのスパンコールのモチーフを黒いフェルトに貼り、
ピンを止めやすくするよう、ゴムを付けみてる。
f0006855_7325387.jpg

完成後試着。ちょっと小さいけどまずまずか。



お次はドレス。
スワロの石をじゃんじゃら付けたす。
f0006855_7332183.jpg
これが没頭すると感覚がマヒして、あっという間にギラギラになってしまう。
地味好みの2号が遠くで少し怯えているが華麗にスルー。
程なくして2号のレベルに似合わない、
ぎんぎんギラギラのドレスが出来上がった。
f0006855_7352424.jpg

f0006855_863870.jpg


そういえば、袖のふりふりも作り直したんだった。
市販のレースを付けていたんだけれど、
胸とスカートに使った黒のシフォン(という生地なのか?)で
ふんわりした動きのある袖を作った。
これは師匠のアドバイス。 
f0006855_7355516.jpg


不要になった学校のプリントの裏に適当に型紙を描いて
作った割に結構かわいい仕上がり。

これ見てコーチはもっと長い袖にして、といったけどスルー。
これくらいがカワイイと思う。

てなわけで師匠に感謝感謝。
師匠といえば、あれからずっと「あの後どうなったか気になるから見せて」と言われているが、
「もー、バッチリ! 最高の仕上がり!」と言って、はぐらかしている。
そのココロは、また何かココロが折れそうな事を言われそうだから(笑)。

本番は明後日。
今回は最下位争いなので、気楽に行けます。
[PR]
by windchill2 | 2010-12-28 07:59

ブラックフライデー と 2号のスケートドレス制作 その3

f0006855_14462960.jpg
今日はサンクスギビングデー明けの金曜日。
ブラックフライデーです。
アメリカ在住のみなさんは、お買い物に走ったんでしょうか?
今年はあんまり収穫がなかった、という話がチラホラと入ってきておりますが。

家電なんかは、Amazon.comがかなり頑張っているようです。
イリノイ州はAmazon.comで購入すると消費税がかからないこともあり、
“広告の品”より実質安くなっている模様。
これからは家でお買い物が賢いブラックフライデーの過ごし方かも知れません。

買い物に興味のないメンバーが揃っている我が家は
世の中の流れとは逆行して、冬に備えて庭の落ち葉掃きをしたり、
クリスマスツリーを出したり、2号のスケートドレス制作をしたり、
まったりと過ごしました。

さらに、翌日を考え普段は手を出さないワインなんかを
早い時間から飲んじゃったりして
ああ、しあわせ~。って感じ。

それにしても今日は寒かった。
ようやくシカゴらしい気温になってきました。
明日もきっと寒いことでしょう。


+++

2号のスケートドレス制作
本番はまだまだ先なので、ゆっくりと作業を進めています。 

今まで手つかずだった背中側に着手です。
f0006855_144826100.jpg
まずはパソコンでデザインのシュミレーションをします。

写真は過剰気味の黒のモチーフをどうにかしようとしているところ。
パソコンに仮留め状態の写真を取り込んで、
Photshopの投げ縄ツールで切り取りたい部分を囲んで切り離します。
穴が開いてしまった部分は、ドレス色と肌色を塗ると完成後のイメージが湧きやすい。 

うん、コレでいこう。
[PR]
by windchill2 | 2010-11-27 15:08

【Raspberry cheesecake】 スケートドレス製作2 と トライアウト

f0006855_1144831.jpg
【Raspberry cheesecake】
夏休みに作った涼しげなケーキ 

+++

2号のスケートドレス制作も進んでまいりました。
大方出来上がった月曜日、師匠にドレスを見せたところ、
「なんだこれ、まるでランジェリーじゃない。
太ももにガーターベルト巻いて出るの?」
と、いきなりカウンターパンチを食らう。
死傷、じゃなくて、師匠。もう少し気を遣ってください。
鈍感なワタシでも流石にヘコみます。

そんなことがありつつも作業を進め、
今日の初お披露目と相成りました。

今朝は来春にあるスケートショーのオーディションがあった。
我リンクの実力派選手たちが
ソロやらデュエット(2人の演技)やトリオ(3人の演技)やらの
枠を勝ち取るための選考会です。

当然ながら2号は全く関係ないと気にもしていなかったのだけど
コーチが「たぶん落ちると思うけど、受けてみて」と半強制的に申し込みをし、
一応参加資格はクリアしていたので、超末席での参加と相成りました。

早朝、指定された時間に行ってみれば、
大きなお姉さんスケーターばかりで場違い感が漂いまくり。
縮み上がる2号に、お姉さん達は優しく声を
かけて緊張をほぐしてくれていました。
f0006855_1184386.jpg

さて、2号のドレスなのだけれど、さすが褒め讃え上手のアメリカ人です。
「素敵なドレスねぇ~」( ̄m ̄*)V
「そのデザイン好きよ」d(⌒o⌒)b
などとスケーターのお姉さんたち、そのお母さま方からもお声がかかり、
萎え気味だった気分も赤丸急上昇。

コーチにデザインのことをちょっと相談したら、
「とても素敵だから、今シーズンはこれでいいじゃない」ということで、
単純なドレスメーカー(ワタシ)は気分よくリンクを後にしたのだった。

調子に乗ったところで、もっとドレスに手を入れますか。
タイムリーにも昨日TVジャパンのNHK趣味講座で
スパンコールとビーズで作るモチーフ、てな番組を
見たことだし、ドレスと同じモチーフで髪飾りも作ってみよう。
ますます楽しいスケートママ生活でございます。

f0006855_11115340.jpg
まだまだ未完成のスケートドレス

+++

先週からカゼの症状が長引いて体がダルダルモード。
昨日は最高潮にダルくて、ランチをパスしてしまった程だった。

家族からは「いい加減病院へ行って」と言われていたので、
病院で処方された抗生物質をようやく昨日から飲み始めました。
今日は結構調子が良いけど、薬のせいだろうか。
いいかげん、体調が元に戻って欲しいです。
[PR]
by windchill2 | 2010-11-12 13:24

ちくちくお針子生活 -2号のスケートドレス製作-

f0006855_7304696.jpg
ハロウィンーン、2号のバースディパーティという
二つイベントを終え、ほっとしていたらカゼをもらい
喉の痛みにくしゃみに鼻水に微熱というセット症状に襲われ
今一つ調子が出ない日々を送っております。

転んでもただでは起きないと言われるワタシであるので、
家に籠りがちなのを良いことに、2号のコンペ用の
スケートドレスの制作作業にとりかかりました。

今回の課題は、夏に投げ売りセール品の
5ドルで買ったペラペラのシンプルなドレスを
いかにしてコンペ用に仕上げるか?というところ。
ふふふ、闘志が湧くぜ。

まずは、ダンス用の布地や素材やスワロの石を売っている専門店へ向かう。
ドレスを持って行き(コレ必須)、隙を見つけて店員さんに相談。
ここの店員のおばちゃん達は、見た目普通の地味なおばちゃんたちなのだけど、
実はセンスがとっても良いのである。

今シーズンの曲のイメージに合わせ、「黒でデコりたい」と伝え、
いくつかサンプルを見せてもらい、まずはモチーフを決める。
f0006855_7311533.jpgお次は、スワロの石。 どんな色を何個買うのか、これも相談。
とりあえず、最低限の2グロスを仕入れて・・・
早速家に帰り仕事に取り掛かる。


f0006855_734564.jpg思うところがあって、お店でおばちゃんと一緒に考えたデザインをちょこっと変えてみる。


f0006855_7375492.jpg連なっていたモチーフを切り離し、待ち針で止めてみる。
まあ、こんなもんか。


f0006855_738575.jpgしつけを打ち、いよいよ2号登場。
めっさ面倒臭がっていたが、なんとか着てもらう。
自分のドレスなのに、恐ろしく非協力的なムスメである。

ちょっと寂しい感じがしたので、スカートに配置していたモチーフをウエスト部分に持ってきてみる。
これでポッコリお腹が少しは隠せますね。
(夕食後なので、すごくぽっこりしてるんだって)
スカートのモチーフが足りなくなってしまったので、飛び飛びにつけることにする。


f0006855_7433257.jpg
全体的に寂しいので、胸のあたりに透け素材の生地でアクセントをつけることにする。
てなわけで、Hobby Lobby(手芸屋さん)に走り、黒い布やらレースやらを適当に買ってくる。


f0006855_7454725.jpg調子に乗って、スーカートの上にも、黒い布をつけていく。


f0006855_7464396.jpgもう誰もワタシを止められまい。
黒のレースをスリーブにつけてみる。
かわいいじゃん。



f0006855_7474719.jpg
昨日の夕方から始め、丸一日後の今日はここで終了。
とりあえず、5ドルのドレスからは脱却できたかな。

今後の予定としては、
・胸のあたりの補強で裏布をあてる。
・ウエストの切り替え部分がちょっと貧相なので、手を加えるかもしれない。
・キラキラ♪スワロのストーンをつける。 
・2号希望の黒いスリーブを片側だけつける。かも。

いやー、楽しいではないか。
ストーンをつけたら、綺麗だろうなあ~。

ところでコレ、なに系のデザインになるのだろうか?
今日電話で説明していて、ゴズロリ系って言ってみたけど、
ビクトリアシークレット系だったか? などと思ってみたり。
※ビクトリアシークレットとは、セクスィ~系の下着屋さんです。

そのうち その2へ続く 予定。
[PR]
by windchill2 | 2010-11-08 08:20

【トマトの冷製パスタ】 コンペの季節@フィギュアスケート

f0006855_12565359.jpg
【トマトの冷製パスタ】 トマト消費大作戦


2号が何とな~く続けている、フィギュアスケート。
今年もコンペのシーズンに突入しました。
今年もゆる~く参加する予定です。

初出場だった去年はコーチの配慮で、
実力よりも下のクラスで出場して、良い思いをさせてもらっただけれど、
今年は去年よりレベルが4つあがり、2号としては厳しいシーズンになりそう。
なんといっても先月、今のレベルのFS5(フリースタイル5)に上がったばかりなので。

FS5は、“壁”のクラスと言われていて、その鬼門がアクセルジャンプ(一回転半)。
一回転半といえば、世界選手権なんかを見ていれば、
誰でも出来そうなくらいのゆるいジャンプに見えますが、
一般ピーポーにはかなりな壁らしく、
ここで躓きスケートをやめちゃう子が多いんだとか。

なのでFS5のクラスは、アクセルジャンプだけが出来ないがために、
留まっている子が大勢いるクラスで、選手層が厚いレベルです。
そこに2号が入ったもんだから、ほかの子と同じレベルとは思えない程
ヘタくそなのです。

アクセルジャンプといえば、春にある大掛かりなアイスショーにおいても
ソロで出場する為にはアクセルジャンプができること、という条件がありまして。
2号が飛べる日が来るんだろうか。

しかし。
ユルクユルクやっていた2号もとうとう、そんなレベルまできたのか、
とちょっと感慨深いのは確かです。
だからといって、これを機に頑張るわけでもなく、
以降もゆるゆるモードは続きま~す。

f0006855_12572172.jpg
最近夕焼けハンターと化してます。
午後6時くらいが美しい時間なので、ちょっくら出かけて
高台で夕焼けを眺めたりしてます。
[PR]
by windchill2 | 2010-10-19 13:04

2号のコンペ と 1号の特技

f0006855_8574529.jpg
この数週間楽しませてもらった、2号のスケートドレスを洗った。
裏返しにして、優しくやさし~く、手を切るような冷たい水で押し洗い。
また着る機会があるといいんだけれど、その頃にはもう小さくなってるでしょう。

ともあれ、2号の初コンペは終わった。
良くテレビで見る、フィギュアスケートの世界大会風景とは大違いの、
あっさりしたモノではあったけど、それでも2号のコーチが会場での練習から
メンタル面までをきっちりと面倒を見てくれて、なんだかホンモノの選手のようでした。
f0006855_5541921.jpg

そうしてすべての親がそうであるように、選手本人よりも親が緊張してしまって、
本番直前の集団練習で、派手に2回もすっころんだ2号を目の当たりにして。
それが転ぶような所じゃなかったから、見ていて気が遠くなりましたワ。

f0006855_5545585.jpg
やっぱり凄く緊張したのですって。
コーチに“練習で転んだから、本番はもう転ばないわよ”って励まされたとか。
アメリカ人って、こういう時すごいと思うんだけど、ものすごくポジティブ。
最後の練習の時に、2号どう?と言ったら、
ニッカリ笑って、“2号を負かす子なんて誰もいないわよ”
なんて言うのです。

これが日本だったら・・・私たちがコドモ時代のコーチだったら、
普段の力を出し切れ! ミスなんかするんじゃねえー!(バレー部ですケド)
などとゲキを飛はされ、一層震え上がってしまっていたもんだけども。

そんな訳で、2号はきっちり一位のトロフィーをもらってご満悦。
是非ブログに載せて欲しいなどと、普段からはあり得ない発言まで出ます。
f0006855_5564012.jpg


1位のカラクリをいえば、この大会はレベル別で、初参加の2号はちょっとレベルを落として出場をした。
更に言えば、このレベルは出場者がたったの6名なのに、
わざわざグループをAB2チーム作り、グループごとに順位をつけた。
つまり皆が入賞できてトロフィーがもらえる楽しいシステムな様です。

2号の参加した競技団体は、楽しくフィギュアスケートをしましょう♪という団体なので、
そういう風になっているらしい。
そうと知っていたら、こんなにもキンチョーしなかったぞと。

2号はあれ以来、名前が彫りこまれたトロフィーがいたく気に入り、
持ち歩いてはニコニコしております。

親のワタクシは、
「あ゛~、このトロフィーが1号のだったらなぁ。
1号もなにかしらトロフィーや賞状のもらえる競技をさせておけばヨカッタよな~」
などと、2号のヨロコビを単純に分かち合えない、悲しい受験生の親でゴザイマス。

f0006855_930121.jpg

このコンペ。
ワタシに技能賞をささげたいと思います。
みてみて、シニヨン。
2回目な割に、きれいに作れてるでそ?
我ながら「うまいじゃん!」とほくそ笑んでしまいました。

そんな母に1号は、
「お母さんてほんとナルシストだよね。」
って言う。

「自分大好きで何が悪い?」
っていつも言い返しております。




さて、その1号ですが。
2号のコンペの応援にはまったく興味がないらしく、留守番をしていた。
出番は夜の部で夕食時に家を開ける予定だったので、
夕飯は自分で作るから、ひき肉を用意しておいてくれと張り切っていて。
帰ってきたらコウフンして、ハンバーグの写真を見せられた。

こっちもブログに載せてくれってことで。
昨日もまた催促されましたので、載せておきます。

キミもナルシストじゃん。←根に持っている。
f0006855_642281.jpg
しかしまあ、どうやったらこんなマズそうな写真が撮れるのだか、不思議です。
実際は”激ウマ”だったそうですが。
[PR]
by windchill2 | 2009-12-01 10:24

お針子さんと三平方の定理

f0006855_1424281.jpg
何かに熱中すると、たとえ時間があろうとも
他のことが出来なくなってしまう、困った性格の持ち主のワタクシ。

今、わたしの頭の中を支配しているのは、
シリーズ化しているスケートドレス制作でゴザイマス。

あれから、家の中がカオス状態に・・・
料理が簡素化も甚だしく・・・・

どうにかしたい、この極端な性格。

スケートドレス制作、最終ステージのラスボスは、
スリーブ(袖)の取り付け。です。

キャミスタイルのドレスに、2号が寒いと言い出したのです。
確かに端で見ていても寒そうです。

しかし、自慢じゃないが洋裁の経験はあまりない。
ましてや、型紙を自ら起こすなんてありえない次元・・・などと思ったのだけれど、
やりたがりな性格なもので、とりあえず肌色のメッシュ素材の布を買ってみました。

で、手っ取り早く2号の長袖パジャマを検証したところ、
型紙はこおんな形になるというのは、容易に理解できた。
f0006855_14275193.jpg



それをもとに布を裁断するとこうなるのも理解できた。
f0006855_14282057.jpg



お次は採寸。
2号の腕回りだとか肩から手首までの長さだとか
を測ってみて、紙に原寸大の線を引いてみたところ・・・

最近矢鱈に目につく三平方の定理が??
(一応受験生の母なもんで)

f0006855_14374815.jpg


垂線を下ろすポイント(A)を計算してみたところ、
ぴったし~! いえい。

お針子さんと三平方の定理、意外な取り合わせでした。

これであっているのかは分かりませぬが、自家用なので問題なし。
どうにもならなくなったら、2号には寒さで震えてもらいましょう。
f0006855_1448575.jpg

布を縫い付け、余分なところを裁断し。
腕周りをぴったりに縫い直していきます・・・。

マネキン2号、恐ろしく非協力的でございます。
試着を嫌がる嫌がる。

という訳でこの後なんとか形になった。

肝心なのは、これで演技ができるのか?ということで、
明日、リンクで着て最終チェックとなります。
さて、どうなるでしょうか。
[PR]
by windchill2 | 2009-11-23 15:06

スケートママのオシゴト ースケートドレス制作ー

f0006855_1129450.jpg
この前、2号のアイスドレス用に買ってきたスワロのラインストーン。
3種類、約350コ。

もともとそんなに華美なドレスにするつもりがなかったので、
買いすぎだろ~~なんて思っていた。



日曜日の昼過ぎ。
スケートアメリカの放映を見ながら
選手たちのゴージャスドレスにウットリ。

キムヨナきれいすぎ~
ちょっとちょっと、2号のドレスと色が同じよ~♪

などと思いつつ
チマチマと石をつけてみた。

楽しすぎるんですケド。

もう手が止まらなくなっちゃって。
地味ファッションがキホンだった東京出身者的には、
ありえないくらいのギンギンギラギラ化に歯止めがかからず、

あっという間に350コ装着。

まだ欲求不満なので、明日石買い足しに行きます。
2号のコンペもこれが最初で最後かもしれないし、
もう派手に行っちゃえ!ってことで。

当の2号は、まったく興味なし。

見せても、ふううん。

「ちょっと着て見せて」

とお願いしても、

「なんでそんなことしなくちゃいけないの」

と。

つまんないヤツだ。んとに。



日曜日の今日は、朝から楽しいことばかり。
来週も楽しい日曜日でありますように。


f0006855_11283648.jpg金曜日の弁当
誠に1号の評判がよろしかった。

・おからバーグ
・たまごやき
・ソーセージ
・マッシュルームとアスパラの塩炒め
・きんぴらごぼう
・レンコンと桜エビのきんぴら風
[PR]
by windchill2 | 2009-11-16 11:39

フィギュアすけーと あれこれ

f0006855_1403033.jpg
このブログをしばらく読んでいらっしゃる方ならご存知だろうが、
2号はアイススケートをやっている。

ということで、ワタクシ所謂スケートママでございます。
スケートママってなんだか優雅な響きであるけれど、
練習場は一年中恐ろしく寒いのであるからして、
夏場もコートを持ち歩く滑稽なママたちの集団です。

別に見学しなくてもと思われるでしょうが、
転んで頭を打ったりと大変怪我の多いスポーツなので、
なるべく見学するようにしているのです。


ココ、シカゴは一年の半分が冬なので、インドアスポーツが盛んな土地です。
だからといって冬スポーツの王者、スキーは流行らない。
なぜなら、そこに山がないから。 そして寒すぎるから。

そんな訳で、ホッケーにフィギュアスケート、
テニスやサッカーもインドア展開しております。
テニスなんて、アウトドアなんてありえない世界ですからね。
日本に帰国した暁にはテニスを続けて、などと思っていますが、
果たしてアウトドアが基本の日本のテニスになじめるのだろうか。


そんなシカゴはリンクだらけ。
我が家から車で30分圏内に10か所くらいのアイスリンクが
あるんじゃなかろうかという、スケーター天国らしい。
リンクが空いている上に、田舎なので料金が安いということで、
日本からも有名どころのスケーターが合宿にやってくる程。


その恩恵は、イッパンピーポーな子供たちにまでふりまかれ、
空いてるリンクでプライベートレッスンを受ける、ということがあっさり可能になります。

どれくらいリンクが空いているかといえば、この前、
小学校の登校前にリンクに行ったらば、スケーターはたったの4人。
音楽かけ放題でコンペのプログラムの練習し放題という状況でした。
で、リンクの使用料は30分で500円程度です。

一方日本は、フィギュアスケート人気で生徒が激増しているにもかかわらず、
アイスリンクが経営難でどんどん閉鎖されて、スケートをする環境が
悪化をたどる一方だとか?
しかしスケーターの質は日本のほうが断然上だとか。
これいかに?

そんな素晴らしい環境の中、ゆる~くスケートをしていた2号ですが、
そろそろちゃんと目標を持ってスケートをしてみようか、
と本腰を入れ、プライベートレッスンを取り始めたのが、
夏休みが始まった6月あたりだった。

以来、これまでの2年は一体何だったのか?というくらいの
スピードで上達しだしたのです。
これにはマジびっくり(死語?)
「日進月歩」という言葉が、ぴったり合います。


で、彼女の「目標」というのは、コンペに出ること。
コンペというのは、まんま競技会 のことなんですけど。

ここがアメリカのスケート界の良いところで、お遊びで楽しくスケートをやりたい人と、
競技として上を目指したい選手の住み分けがきっちりできている。

なので、お遊び組はお遊び組のコンペに参加すれば良いのです。
そのお遊び組の中でも、細かくレベル分けされて競うので、
始めて間もないよちよちスケーターでも、優勝する機会があるんです。

つまりヘタッピ2号でも優勝できるかもしれないって訳で、
いい思い出作りができるんではないだろうか。

で、コンペですよ。
参加するにあたっては、スケートドレスが最低限必要になる。
プレーンなドレスを一枚持っているのみの2号。
これに、母はハリキってデコっちゃおうと目論んでいる。
荒川静香さんのお母様が、娘の練習の待ち時間に衣装のスパンコールをつけた、
というのは有名な話ですが、それは世界共通、
スケートママのオシゴトらしい。

というわけで、今日はテニスの後の疲れた体に鞭打ち、
ちびっと遠くの街にある素材専門店まで足を運んでみました。

f0006855_1405773.jpgそのお店は、ダンスなどに使う衣装関連の専門なんですが、
店内、布からスワロのラインストーンまで
キラキラの大洪水でクラクラします。

カウンターにあるおびただしい量のスワロのビーズに
眼がシバシバです。

買うスワロのラインストーンの当たりはつけて行ったものの、
いったいどれくらいの数量を買ったらよいのかが見当もつかず、
お店のおばちゃんに相談したところ、とても親切に
石のカラーからデザインまで相談に乗ってくれました。

「うちの娘は、ともかく、ファンシーだったりゴージャスだったり、
そういう服が嫌いなの。」

と言いましたところ、目をまん丸くされて

「え? スケーターなのに????」って一言言われた時は、
可笑しくなってしまった。
ほんと、フィギュアスケーターなのに、地味なドレス着てどうすんだよ。
ってカンジです。

ともあれ、スワロのラインストーン3種とアップリケを買うことができた。




さて、イケてるドレスになるのか、そうでないのか、
そして、派手でありながら、地味風味(どんなだよ)

ここからが母の力の見せドコロ。
頑張りま~す。
というか、タノシソウ。
[PR]
by windchill2 | 2009-11-11 14:05


2004年8月15日より、オットの転勤に伴い、シカゴで駐在生活を送っています。子供と一緒に、アメリカ生活を楽しんじゃおう!


by windchill2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

東京都出身。
90年代にカリフォルニア州に駐在。2004年8月より、シカゴ郊外に2度目の駐在中。

《主な登場人物》
オット  
1号♂ 17さい 
2号♀ 12さい
累計: 検索エンジン登録 
本日: SEO対策
昨日: メール配信   
アクセスアップ


旧ブログ→→→→→→→


windchill659(a)gmail.com
↑の(a)を@に変更して送ってください。

多忙のため、お返事を書くことがなかなかできませんごめんなさい。
シカゴについてのご質問等は、US新聞ドットコム住むトコ.COMなどの掲示板を利用されると、情報が集まりますよ






AX
Free counters!
free counters


カテゴリ

全体
ごあいさつ
旅行
日本
未分類

以前の記事

2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
more...

最新のトラックバック

アクアリウムの調査
from アクアリウムのアレやコレ。。
アクアリウムRSS
from アクアリウムのアレやコレ。。
アクアリウムの調査
from アクアリウムのアレやコレ。。
アクアリウムに関する記事
from アクアリウムのアレやコレ。。
コラーゲンパックでお見合いへ
from お見合い

検索

タグ

(68)
(54)
(52)
(41)
(35)
(34)
(30)
(22)
(21)
(20)
(19)
(19)
(15)
(14)
(13)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)

その他のジャンル

忍者ツール

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧