タグ:子ども ( 52 ) タグの人気記事

【ぷち宴会料理】 英検

f0006855_13321147.jpg
【ぷち宴会料理】
あっさり目に作ってみました。

+++


ホリデーシーズンに突入したアメリカ。
サンクスギビングデーは2週間後ですが、
子供らの学校は既にお休みモードに入りつつある。

先週は2号の小学校が一日お休み、今週は1号の高校が4連休、
再来週は2号が8連休、1号が4連休再びと、
お休みフィーバー状態なのだ。
しかもうちの学区は、1号と2号が変わりばんこにお休みがあって
ちょっと落ち着かない。


+++


明日は英検の2次試験が行われる予定で、2号は2級に臨みます。
なんと素晴らしいことに、このシカゴで2級の2次までが受けられるようになったのです。
(それまでは、2次面接はLAかNYに飛ばなくてはならなかった。
2次試験実施の実現に向け尽力された関係者の方々に感謝いたします。)

一次のペーパーに合格してから、約一年。
ぎりぎりセーフの皮一枚で2号さん、一次免除期間にひっかりました。
さてどうなることやら。
帰国子女と言えど、案外と落とされちゃうらしい2次面接。

どうやら、日本人試験管の日本語アクセントの英語が分からなくて、
パニクってしまうんだとか。
確かに日本へ往復する時の機内放送の英語が、何を言っているのか
わからないとよく言ってますもん。
ワタシにはものすごく聞き取りやすいのだけどねぇ。

ばりばり日本語アクセントの英語を話す親とは、普段日本語で会話をしているので、
身近なようで身近でない、日本語アクセントの英語は大きな壁なようです。
[PR]
by windchill2 | 2010-11-14 13:41

Halloween parade @2号の小学校

2号の小学校のハロウィンイベントだった今日は、
割に温かくてシカゴ的ハロウィン日和だった。

温かい地方(カリフォルニアとか)に住んでいる子供たちは、
思い思いのコスチュームに身を包みつつ回るのが普通だろうけど、
ここシカゴはこの時期、コート着用の季節だったりもするので、
せっかく買ったコスチュームはコートの下で何に扮しているのか分からない
という親的には投資のしがいのない土地柄なのだ。
しかし今日はちゃあんとかわいい姿を見ることが出来ました。
f0006855_10342484.jpg
f0006855_10234889.jpg

2号は毎年ながら地味なワンコに扮した。
しかも普段着だよ、おい。
f0006855_1045768.gif

どんなに親がコスチュームを買ってあげるといっても
首を縦に振らない、変り者の娘です。
来年こそは最後なんだから、奇抜なコスチュームで臨んでほしいもんです。

ワタシ的な一等賞は、このキリン君?ちゃん?
f0006855_10332843.jpg
この風景ように金曜日とはいえ、
ご夫婦揃って真昼のパレードを見に来ている家庭が多いんです。
日本じゃ考えられませんね。

+++

さあて、オーブンでは明日の2号のバースディケーキ用のスポンジが膨らんできたし、
乾燥機では、寝袋が加熱殺菌のため回っている。

そうそう、明日は2号のバースディお泊りパーティなので、
ワタクシ今日はめっさ忙しいんですよ。

ブログやってるヒマはないハズなんだけど、
こういう時に限って、余計なこと(写真の加工とか)をやってしまうんですよね。
いい加減、現実逃避をやめねば。
[PR]
by windchill2 | 2010-10-30 10:56

【トマトの冷製パスタ】 コンペの季節@フィギュアスケート

f0006855_12565359.jpg
【トマトの冷製パスタ】 トマト消費大作戦


2号が何とな~く続けている、フィギュアスケート。
今年もコンペのシーズンに突入しました。
今年もゆる~く参加する予定です。

初出場だった去年はコーチの配慮で、
実力よりも下のクラスで出場して、良い思いをさせてもらっただけれど、
今年は去年よりレベルが4つあがり、2号としては厳しいシーズンになりそう。
なんといっても先月、今のレベルのFS5(フリースタイル5)に上がったばかりなので。

FS5は、“壁”のクラスと言われていて、その鬼門がアクセルジャンプ(一回転半)。
一回転半といえば、世界選手権なんかを見ていれば、
誰でも出来そうなくらいのゆるいジャンプに見えますが、
一般ピーポーにはかなりな壁らしく、
ここで躓きスケートをやめちゃう子が多いんだとか。

なのでFS5のクラスは、アクセルジャンプだけが出来ないがために、
留まっている子が大勢いるクラスで、選手層が厚いレベルです。
そこに2号が入ったもんだから、ほかの子と同じレベルとは思えない程
ヘタくそなのです。

アクセルジャンプといえば、春にある大掛かりなアイスショーにおいても
ソロで出場する為にはアクセルジャンプができること、という条件がありまして。
2号が飛べる日が来るんだろうか。

しかし。
ユルクユルクやっていた2号もとうとう、そんなレベルまできたのか、
とちょっと感慨深いのは確かです。
だからといって、これを機に頑張るわけでもなく、
以降もゆるゆるモードは続きま~す。

f0006855_12572172.jpg
最近夕焼けハンターと化してます。
午後6時くらいが美しい時間なので、ちょっくら出かけて
高台で夕焼けを眺めたりしてます。
[PR]
by windchill2 | 2010-10-19 13:04

2号のコンペ と 1号の特技

f0006855_8574529.jpg
この数週間楽しませてもらった、2号のスケートドレスを洗った。
裏返しにして、優しくやさし~く、手を切るような冷たい水で押し洗い。
また着る機会があるといいんだけれど、その頃にはもう小さくなってるでしょう。

ともあれ、2号の初コンペは終わった。
良くテレビで見る、フィギュアスケートの世界大会風景とは大違いの、
あっさりしたモノではあったけど、それでも2号のコーチが会場での練習から
メンタル面までをきっちりと面倒を見てくれて、なんだかホンモノの選手のようでした。
f0006855_5541921.jpg

そうしてすべての親がそうであるように、選手本人よりも親が緊張してしまって、
本番直前の集団練習で、派手に2回もすっころんだ2号を目の当たりにして。
それが転ぶような所じゃなかったから、見ていて気が遠くなりましたワ。

f0006855_5545585.jpg
やっぱり凄く緊張したのですって。
コーチに“練習で転んだから、本番はもう転ばないわよ”って励まされたとか。
アメリカ人って、こういう時すごいと思うんだけど、ものすごくポジティブ。
最後の練習の時に、2号どう?と言ったら、
ニッカリ笑って、“2号を負かす子なんて誰もいないわよ”
なんて言うのです。

これが日本だったら・・・私たちがコドモ時代のコーチだったら、
普段の力を出し切れ! ミスなんかするんじゃねえー!(バレー部ですケド)
などとゲキを飛はされ、一層震え上がってしまっていたもんだけども。

そんな訳で、2号はきっちり一位のトロフィーをもらってご満悦。
是非ブログに載せて欲しいなどと、普段からはあり得ない発言まで出ます。
f0006855_5564012.jpg


1位のカラクリをいえば、この大会はレベル別で、初参加の2号はちょっとレベルを落として出場をした。
更に言えば、このレベルは出場者がたったの6名なのに、
わざわざグループをAB2チーム作り、グループごとに順位をつけた。
つまり皆が入賞できてトロフィーがもらえる楽しいシステムな様です。

2号の参加した競技団体は、楽しくフィギュアスケートをしましょう♪という団体なので、
そういう風になっているらしい。
そうと知っていたら、こんなにもキンチョーしなかったぞと。

2号はあれ以来、名前が彫りこまれたトロフィーがいたく気に入り、
持ち歩いてはニコニコしております。

親のワタクシは、
「あ゛~、このトロフィーが1号のだったらなぁ。
1号もなにかしらトロフィーや賞状のもらえる競技をさせておけばヨカッタよな~」
などと、2号のヨロコビを単純に分かち合えない、悲しい受験生の親でゴザイマス。

f0006855_930121.jpg

このコンペ。
ワタシに技能賞をささげたいと思います。
みてみて、シニヨン。
2回目な割に、きれいに作れてるでそ?
我ながら「うまいじゃん!」とほくそ笑んでしまいました。

そんな母に1号は、
「お母さんてほんとナルシストだよね。」
って言う。

「自分大好きで何が悪い?」
っていつも言い返しております。




さて、その1号ですが。
2号のコンペの応援にはまったく興味がないらしく、留守番をしていた。
出番は夜の部で夕食時に家を開ける予定だったので、
夕飯は自分で作るから、ひき肉を用意しておいてくれと張り切っていて。
帰ってきたらコウフンして、ハンバーグの写真を見せられた。

こっちもブログに載せてくれってことで。
昨日もまた催促されましたので、載せておきます。

キミもナルシストじゃん。←根に持っている。
f0006855_642281.jpg
しかしまあ、どうやったらこんなマズそうな写真が撮れるのだか、不思議です。
実際は”激ウマ”だったそうですが。
[PR]
by windchill2 | 2009-12-01 10:24

【べっこう飴】 予防接種

f0006855_953692.jpg
【べっこう飴】
かれこれ1年半も前のこと、プリン作りにハマっていた時期があって、
しょっちゅうカラメルタブレット作っていたのです。
で、ついでにべっこう飴を作ってみる?てな感じで2号に
アツアツのカラメルを渡したのでした。
8才の2号は今よりずいぶんと幼く見える。
ついでに言うと、しゃれっ気もまったくなく、髪もボサボサだ。

f0006855_953274.jpg
べっこう飴といえば、子どもの頃の縁日で、屋台のそばに張り付いて、
制作風景を見学するのが楽しみだった3大テキ屋の一つだった。
残る二つは、カルメ焼きとたこ焼き。
あと、七味唐辛子売りも楽しかったな。

縁日って、いろいろな食べ物の作る過程を見ることができて、
とても楽しいトコロだったな。


+++


“me sick ”

というタイトルのメールが2号のメールボックスに入ったのは昨夜のことだった。

2号の周りではH1N1(新型フルー)が大流行している。
そりゃあもう、バッタバタという形容がぴったりなくらいの倒れ具合で。
彼女の遊び仲間がこの2週間でほぼ全滅状態。

で件のメールは数少ないサバイバーであったEちゃんからだった。
Eちゃん、キミもか・・・。

これで残るは2号のみなんだけど、
なぜ体の弱いハズの彼女がサバイブしているのか不思議。

予防接種といえば、2号は先週学校で新型の予防接種を受けた。
これについては賛否両論あると思いますが、
母的には受けさせたことを後悔するか、
受けさせなかったことを後悔するか、行き着くところはソコなのですよね。

さらに今回のワクチンは、緊急で安全性にも不安があるところですが、
まさかアメリカ政府がわざわざ生物兵器を作って国民にバラ撒く訳ないし。
無料の上に、何かあった場合はアメリカ政府が保証するという、自信満々なコトだし。

脳天気に受けさせました。
副反応は何もありませんでしたヨ。



予防接種は当日まで、注射なのかミストなのかが学校側も予測できず、
注射の場合の騒ぎを想定して、トラウマセンターという場所を設けられていた。

トラウマセンターって、その響きが・・・妙にコワオモロイ。
そのセンターで2号が泣き叫んで暴れている姿が目に浮かんじゃったワタクシですが。

それって、母がトラウマになってるんじゃないか。

結局のところ、ぜんそくを持っている子ども以外、
鼻からのミストで接取したのだけれど、2回目を受ける場合は、
やはりミストじゃないといけないとのこと。
もちろん、注射の場合もしかり。
これは、ワクチンの内容が違うため。

注射は不活化(ウィルスを殺している)、点鼻タイプのスプレーは弱毒化(生ワクチン)ということです。
[PR]
by windchill2 | 2009-11-06 10:04

【トライフル】 日曜日の我が家 と 英検の結果

f0006855_9501071.jpg



f0006855_9502660.jpg昨晩の差し入れのトライフル。今回は渋めカラーで。
ゴーカに見えるが、その実簡単であるトライフルは、
持ち寄りパーティーには良い感じのデザートだと思う。

下から、スポンジ、フルーツ、カスタードクリーム、
スポンジ、カスタード、生クリーム フルーツの順番です。

いやいや、毎度になってますが、土曜日の夜は宴会でしたが何か?
最近の呑み会の傾向として。
すっかりデザートを期待されている。


その他
・やっとセーブすることを覚え、二日酔いにならなくなった。
・前夜何時に帰宅しようと、翌日曜日の早朝テニスには支障をきたさない。



■■■

一昨日になりますが、補習校から電話があった。
そんなことは、滅多にないので、何事かと思って電話に出てみれば、
電話口の先は校長先生で、びっくりした。

「2号ちゃん、この間受けた英検準2級、合格おめでとうございます」

えええ? 直々に??? なぜ??

と思っていたら、受験者全員に連絡をしているとか。
というのも、2次試験は一時帰国した日本で、と考えている家庭が結構多いからだ。
(シカゴでは、2次試験は受けられないので)

で手続きの関係上間に合わないので、確認を取っているのだとか。
校長先生自ら。
本当にご苦労様です。

ところで、一次試験当日、2号は外耳炎で高熱を出していた、ようだった。
ちっとも気付かなかったのだけど、家に帰ってしばらくして気がついた。

だからいくら過去問のデキが良くても、今回はダメかもな
なんて思っていたのだった。

さて、何点取ってクリアしていたのだろうか?


■■■

日曜日の12時半、我が家の電話が鳴った。
相手は2号の現地校のお友達。
「今日遊べる?」ってことで。

「午後3時半からなら遊べるよ。」
と2号が答えましたところ、

「今日は夕方お兄ちゃんの野球の試合を家族で見に行くから、
晩御飯を3時に食べるから、遊べない」
って。

そこのお宅は、確かにいつも夕食が早い。
時間が早いせいか、夕食のことをディナーといわず、
サパーという、Eちゃんち。
アメリカにきて、というか中学の教科書で見て以来、
「サパー」って単語を聞いたような気がします。

しかし3時だったら・・・・
うちだったら、遅い昼ごはんにするかな。

という訳で、2号はソッコーで遊びに行き、
次の用事に間に合うように、2時半に帰ってきましたとさ。
夏休みなんだけど、みんななんだか忙しいんだよね。


■■■


同じ日に同じ場所で胡瓜の苗を買って植えた友達がいるんですが、
彼女の家の胡瓜をみたら、スンごく成長してて驚きました。
とても同じ日に植えたとは思えない程。

彼女の家は南に植えていて、我が家は西。
日照時間の関係だろうか?

ちょっと焦るのである。
[PR]
by windchill2 | 2009-06-29 09:57

【イングリッシュブレッド】 やっぱり2号は・・・・

f0006855_20133394.jpg


今日の2号はハードスケジュール。
朝8時半から夜8時半まで、パズルがきっちり合うように、
隙間なく4つの予定が入っていた。

シメは、現地校のボーイフレンドのバースディパーティー。
呼ばれた女の子はたったの二人。
ガーリィ(女の子っぽい)とは双璧にいる彼女なので、
そんなシチュエーションが多い。

まあそれは置いといて。
指定の時間にお迎えに行ったら、日本人らしきママが一人いた。
確信はないけど、99%日本人という雰囲気だったので、
帰り際、その日本人らしきママと一緒に帰っていく男の子を見て、
2号に「ねえ、あの子は日本人なの?」と聞いてみたら、
「違う」という。 

「へええ、そうなんだー。 すっごく日本人ぽいママだったら、
こんにちは、って日本語で声かけちゃうトコだったよ。
ああ、声かけなくってよかった~ だけどホント日本人ぽいなあ。
あんなに日本人ぽいアジア系の人、滅多にいないよ。」

なんつー会話をしてた訳なのですが。
その次に2号の口から出てきたセリフに、ぶっとびました。

「あの子ね、Eのお兄ちゃんの友達のだいすけ(仮名)って言うんだって。」
(どうやら、兄弟合同パーティーだった模様)

それって、バリバリ日本人の男の子の名前じゃないか~!!!
あの、ダニエル君事件を彷彿させるデキゴトです。


やっぱり2号は不思議の星からやってきた女の子だ。
ワタシは、地球での仮の母ということにしておこう。
[PR]
by windchill2 | 2009-06-27 20:25

【例のパンで作ったパングラタン】 母の夏休み

f0006855_10271676.jpg

昨日のつづき。
あの立方体のパンはこれにバケた。
半分に切り、中をくりぬいて、シチューをつめて、
チーズをのっけて、オーブンで焼く。

f0006855_1038445.jpg
インパクト大なランチでした。
ついでに、胃にもインパクト大だった。
ハライッパイ・・・・。

1号の驚いたカオがオモシロかったデス。


■■■


夏休みに入った途端、一日の走行距離が50キロを超える日が多くなった。
この夏の間中は、こんな調子の日々になりそう。

何度も何度もしつこく書きますが、アメリカのお母さんは忙しい。
ご飯をつくって食べさせて、「いってらっしゃい!」と玄関先で言ったら
ホッとできる訳じゃない。

どこまでもどこまでも。
子ども達の行くところへ連れて行かねばならない。
連れて行ったら、今度は迎えに行かねばならない。
帰る時間がない時は、どこかで時間を潰したり。
結構疲れるんである。

日本では、そんな生活をほとんどしていなかったので、
渡米当初は習い事はなるべく近場。できるなら10分以内。
なんてことばかり考えて、選んでいたんだけれど、

段々だんだん。
そういう自分に慣れてきて、時間をかけられるようになり、
いまじゃあ、遠くまで行っても苦にならなくなった。

あの頃、「げげ、そんな遠くに??」とか「そんな時間まで??」
などと思っていた所や時間は、今じゃあ、大したことない所です、はい。
まあ、たかだか片道20キロ(30分弱)ってとこですが。
そんな自分でも頑張ってるジャン!と褒めてあげたいのに、
もっともっと頑張っている人が沢山いるんですよね。
尊敬します。

ここのところ、午後9時になっても、うっすら明るいシカゴあたり。
冬は4時過ぎに日が暮れてしまうので、すごい落差。
いつまでたっても、夕方が続いているので、送り迎えもなんだか楽しかったりする。


ともあれ、母は健康第一。
倒れないようにしなくちゃ。




■■■


この夏は、2号相手に料理教室を開こうと思っている。不定期ですが。
もう4年生だしね。
早速、明日のサマーキャンプのデザート用に、ブラウニーを焼く。
お米も研いでもらった。
今は楽しんでいるけど、一通り楽しんで面倒になる時期がクセもの。
さて、料理はモノになるでしょうか。



■■■


f0006855_10321418.jpg数週間前に摘芯して根元まで切り戻したビオラが、再生して満開になった。
(正確に記述すると、根元から1節残して)
をを、本当に再生するんだ~。
伸びた茎を、根元近くで切ってしまうのでなかなか勇気のいる作業だったけど、やって正解だった。
我ながら感動。

玄関に置いてあるもう一鉢が、大きくなってそろそろ限界なので、
この鉢と入れ替え、摘芯しようかとおもっている。
ガーデニングもなかなか奥が深くて楽しいです。


←この写真は、4-5日前の写真。
今はもっとてんこもりの花が咲いている。
[PR]
by windchill2 | 2009-06-19 10:45

【チョコチップクッキー】 あれ?って??

f0006855_12201487.jpg
【チョコチップクッキー】
2号のサマーキャンプはお弁当持ちなので、それ用にデザートのクッキーを焼いた。
日本のお弁当と違って、アメリカのお弁当は手抜きがアリなので、気が楽です。
(アレルギー関係はうるさいけど)

ちなみに今日のメニュー
・ハム&チーズ&レタス サンド
・枝豆
・りんご
・ジュース&麦茶
・クラッカー

はい、見事に火を使っておりませぬし、どれもジップロック入りなので、
お弁当箱さえも使っておりません。
むいたリンゴを、まんまジップロックってのがこっち流だったりする。


アメリカ人の子お弁当は、クッキーだけ とか、フルーツのみ、とかだったりするので、
これでもマシなほうかと思われるのだけど。

クッキーといえば、この国では焼く前のクッキー生地(クッキードゥ)
を食べちゃうのが、アリらしい。
アイスクリームでも、クッキードゥ入りなんてのが売ってるくらいだから、
本当なんだろうけど、うえって感じ。

で、今回食べてみたら、結構おいしかった。
ほのかに悔しい。


■■■



掃除しても 掃除しても、ちっとも家が片付かない日ってのがある。
あー、やだやだやだやだ!
すっきりした家で暮らしたいよー!!
って、叫びたくなる。


単にモチベーションが落ちてるんでしょうかね?
ついでに言うと、ご飯作りもモチが落ちてる。

何を作ったらいいのか、毎回途方に暮れております。
パンやお菓子は作りたい物がたくさんあるんだけれど。


そんな日に限って、2号が自分でスープを作りたいなんて言う。
しかも忙しい夕飯時に。

キッチンが大渋滞になるからダメ!

という言葉を飲み込み、やらせてみたら、
結構おいしいスープを作った。
そろそろ2号にも料理を仕込む時期だなって思うのだけど、
モノになるまでの過程を考えると、面倒くさくてなかなか着手できません。

ところでワタシは一体どうやって料理を覚えたのだろうか?
って思ったのだけど、
全く”記憶にございません”ってことで。


■■■


2号@4年生。
心なしか、胸が膨らんできた。 
ああ、もうそんなトシなのか、と思っていたら、

バスルームにシャワーをしに行っていた2号が
「おかあさーん、あれになっちゃった。 来て~!」 
と呼ぶではないか。


え? あれ?

あれ?ってあの あれ?

まさか、あの「あれ」?

ちょっと早くね?

つか、「あれ」なんていう隠語、うちじゃ使ったことがないんだけども。

などと焦りつつ、バスルームに向かい、
裸の2号が差し出すもを見れば
びろーんと襟元が伸びた、洋服だった。

洋服が「あれ」になったそうで。

あれって、ゴムが伸びたってことかいっ!!!


・・焦ったぜぃ。


■■■

シメは美しく。

今夜はバックヤードのホタルが奇麗でした。
[PR]
by windchill2 | 2009-06-16 13:22

【カスタードプリン】 休日の朝

f0006855_520611.jpg
その昔、本当にすごく昔。
勤めていた会社が、それまで半ドンだった土曜日を休日にして、週休二日になった。
コトブキ退社が決まっていたワタシは、その週休二日を体験することなく、
辞めていくことになっていた。
イヂワルなおぢさん達に、といっても彼らは当時30代半ばだったので、
大してトシヨリでもなかったんだけど、20代前半のワタシには、
とんでもないオヤヂに見えた。 今の自分の年を思うと、オソロシイことだ。

そのおぢさんたちに、
「うぃんちるちゃん、うぃんちるちゃん、
もうすぐ土曜日も休みになるんだぞー、羨ましいだろ~!」などとからかわれ

「ふーんだ! ワタシなんて、もうすぐ毎日が日曜日だもんねぇ!」
などと返していた。

確かに、結婚直後は、ちょ~ヒマヒマだったけれども、
気が付いたらヒマと思う日が貴重になり、今に至っている。



ここのところ、週末がとても忙しい。
夫婦で分担して、あちこち走りまわっております。
なので、片親状態になると、朝から晩までタクシー運転手~。
さすがに疲れますです。

疲れたところに、夜遅く2号が帰ってきて(お迎えにいったんですケド)
“友達とメール交換したいから、メアドを作って欲しい。”
なんて言われると、ちょっとクラクラして

あんたメールなんて打てるの?

なんて、キーっとなってしまいます。
速やかに、翌朝1号に丸投げし、アドレスはどうする、
パスワードはどうする、などと。

あーでもない、こーでもないと、
3人でキングサイズの大きなベッドにうつ伏せになり
朝っぱらから相談するものそう悪くないんである。
お行儀が悪いかは置いといて。

最近のワタシ達家族に、
全員がゆっくり起きることの出来る朝はなくなって久しいので、
今日の様な何もない休日の朝は貴重な時間だった。 思い起こせば。
オットはその貴重な時間帯に惰眠をむさぼっておりました。

で、思ったのだけれど、
貴重な時間というのは、その時はなかなか気付かないもんであるね。


あなたが虚しく過ごした今日という日は、
昨日死んでいった者が、あれほど生きたいと願った明日


この言葉には賛否両論がありますが、
いつまでも、明日のことを思い浮かべつつ、
目ざまし時計をセットできる自分でありたいなあと思うんである。




2号のメアドはめでたく出来上がり、母と兄からテストメールを受け取った。
兄は、先日入手したiPod touchから得意げにメールを送信。
それぞれ嬉しそうであった。


先ほどメールボックスに、こんなお返事が来ていた。
f0006855_52025100.jpg

なぜか、「おかあさん」じゃなくて、名前にさんづけなんだけれども。
なんだかまともな文章で驚いた。
「”送る”って漢字覚えてたの?スゴイじゃん!」などと、
余計なことをつい言ってしまいました。
[PR]
by windchill2 | 2009-05-26 05:57


2004年8月15日より、オットの転勤に伴い、シカゴで駐在生活を送っています。子供と一緒に、アメリカ生活を楽しんじゃおう!


by windchill2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

東京都出身。
90年代にカリフォルニア州に駐在。2004年8月より、シカゴ郊外に2度目の駐在中。

《主な登場人物》
オット  
1号♂ 17さい 
2号♀ 12さい
累計: 検索エンジン登録 
本日: SEO対策
昨日: メール配信   
アクセスアップ


旧ブログ→→→→→→→


windchill659(a)gmail.com
↑の(a)を@に変更して送ってください。

多忙のため、お返事を書くことがなかなかできませんごめんなさい。
シカゴについてのご質問等は、US新聞ドットコム住むトコ.COMなどの掲示板を利用されると、情報が集まりますよ






AX
Free counters!
free counters


カテゴリ

全体
ごあいさつ
旅行
日本
未分類

以前の記事

2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
more...

最新のトラックバック

アクアリウムの調査
from アクアリウムのアレやコレ。。
アクアリウムRSS
from アクアリウムのアレやコレ。。
アクアリウムの調査
from アクアリウムのアレやコレ。。
アクアリウムに関する記事
from アクアリウムのアレやコレ。。
コラーゲンパックでお見合いへ
from お見合い

検索

タグ

(68)
(54)
(52)
(41)
(35)
(34)
(30)
(22)
(21)
(20)
(19)
(19)
(15)
(14)
(13)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)

その他のジャンル

忍者ツール

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧