タグ:旅行 ( 54 ) タグの人気記事

聖地セドナとアーチーズへの旅2011 5日目-2 Four Corners Monument

忘れていたわけではないが、ちっとも書けずにいた冬の旅行記の続き。
行ってみたいと思います。
f0006855_14232240.jpg

メサベルデを後にし、次なる目的地のFour Corners Monument(4コーナーズ)へ向かいます。
一時間半の旅です。

ここは観光地としてはかなりマイナーなトコロでカーナビには載っていない。
ネットで検索をかけてもなかなかヒットしない、なにげに幻の観光地なんであるが、
20年前にL.A.に駐在していた時から気になっていたので、寄ってみることにした。
f0006855_14283474.jpg

途中はなんもない。
砂漠の田舎の風景が続く。
たまに珍しい自然の造形物があるくらい。
f0006855_14291218.jpg

かなり退屈してきたところで、看板が。
やっと着いたか。
f0006855_14335157.jpg
標識のある角を曲がると入り口が。
なんともしょぼそーな雰囲気だ。閑散としている。
それにしては一人3ドルと、結構高いアドミッションフィー。
ここまで来たからには払いますとも。
f0006855_14374517.jpg

ささ、この先が、Four Corners Monument.
アメリカで唯一、4つの州境が交わるポイントです。
f0006855_1125852.jpg


いろんな立ち位置で撮ってみました。

親子で3つの州に同時にいる図  ↓
f0006855_151773.jpg


4州独り占めの図 ↓  まあオットならやるだろうとは思っていたポーズ。
f0006855_183487.jpg

4州で昼寝する図
f0006855_19613.jpg

などなど、空いていたのでいろんな写真が撮れた。

ちなみにこのポイントの回りは、ぐるっとネイティブアメリカンの土産物屋に囲まれているが、
この日は数店のみが営業をしていた。(目が合うとすかさず呼ばれる(~_~;)
ハイシーズンには全店舗が営業になり、にぎわうのであろうか。
いずれにせよ、オフシーズンに来ないとくだらない写真を撮るのは難しそうだ。

4つの州を股に掛け気が済んだので、明日飛ぶ予定のフェニックスの空港に
少しでも近づくべく、南西に進路を取る。
その為宿は取っておらず、「行けるところまで行こう」という
うぃんちる家十八番の作戦が採用されていた。

メサベルデが冬期で限定公開だったのと、4Cournersで時間がかからなかったせいもあり、旅は順調。
第一候補だったKayentaを早い時間に抜けられたので、3時間弱先にあるFlagstaffまで行くことにした。
f0006855_1265769.jpg

この3時間弱のドライブは西向きに走る。
しかも夕方の時間帯で晴れ。
f0006855_127155.jpg
アメリカの夕日は日本では想像できないくらいキツく、サングラスなんて殆ど役に立たない。
ドライバーは大変である。。


そのうち見事な夕焼けが広がった。
f0006855_1343469.jpg
f0006855_134437.jpg

こんなに美しい夕焼けは滅多に拝めない。
f0006855_1344993.jpg
汚れたフロントガラス越しじゃなく裸眼で眺めたいところだが、日没はすぐそこ。
お宿は決まっていない、ということで道を急ぐ。

とっぷり日が暮れていた午後7時過ぎ、Flagstaffで目を付けていた宿、
Embassy Suites Hotelsに飛び込んだところ、満室で玉砕。
前日夜にチェックした時には、「空室あり」だったのに・・・・

それから、2-3件電話するもどこも満室と断られ、
やっとこさ、”今日は年末の繁忙期だ”ってことを思い知る。
もう悠長に宿なんて選んでいられない。

道を車で流しながら、Vacancy(空室あり)の看板を光らせているモーテルに
手当たり次第駆け込むモードに突入。
でもなるべく内廊下のある中流モーテル希望なんてゼイタクなことも思っていた。
f0006855_21695.jpg
アメリカのモーテルは飛び込み客大歓迎。 外にある看板には 空室情報 が書いてある。
No が点灯すると”空室なし”です。


しばらく走り見つけた Best Western に駆け込んだら「ラスト2部屋」と言われあわてて申し込む。
こんなショボいモーテルに100ドル×2部屋も払うんかい。。。。などと思ったりもしたが、
躊躇しているヒマはない。
同じようなことを考えている客がやって来るんである。

”最後の客”だった我らが手続きをしている間に、レセプションのカウンターの上に置いてあった
"Vacancy"の立札は取り下げられ、「満室です」と断れて去っていく人も見た。

せせせーふぅ~!

ありがとう。Best Western!
野宿にならずに済んで良かったよ。

てな訳で精神的に疲れ果て外食する元気もなく、手持ちのカップ麺をすすり、
デリバーしたピザをつまんで5日目終了!
[PR]
by windchill2 | 2012-02-07 02:20 | 旅行

聖地セドナとアーチーズへの旅2011 3日目-2 メキシカンハット

12月26日 モニュメントバレーからの続き

モニュメントバレーを後にして、163を北上。
メキシカンハットへ向かう。
小さな町を通り抜けたら、さらっと出てくるモニュメント。
f0006855_11354295.jpg

かなり地味目ですが、確かにメキシカンハットをかぶっているように見える。

てことで、次へ。
目的地まではまだ200kmほどあるので、あんまりゆっくりいしてるヒマもありません。
本来163をそのまま進むと速いのだけども、ビューを求め261を北へ迂回し
Valley of the Godsを臨みながら進む。
f0006855_1136826.jpg
と、視界に大きくて高い壁が迫ってきた
f0006855_11361685.jpg
f0006855_11362495.jpg
うへ、ココ上がって行くの?なんて話しているうちにみるみる崖のきわを登りだした。
f0006855_11363145.jpg
車内はコワイコワイの大合唱。
落ちそう~
1号はこの旅で、スリル満点のこの崖っぷちの道が一番印象に残っているらしい
f0006855_11363853.jpg

f0006855_11364410.jpg
f0006855_1319787.jpg
なんつか、言葉が出ません。
かなり遠回りでしたが、それだけ価値のある道だった。
「グランドサークルへ行っちゃうと、どこもつまんなくなっちゃうよね。」
って友だちと話したんだけども、その通り。


f0006855_1319850.jpg
風景は秋から冬へ。
このあと日没。以降写真なし。
アーチーズ国立公園へのゲートシティMoab(モアブ)はかなり寒かった。

27日へ続く
いよいよ、アーチーズへ入ります。
[PR]
by windchill2 | 2012-01-05 13:46 | 旅行

聖地セドナとアーチーズへの旅2011 3日目-1 モニュメントバレー再び

12月26日はれ 気温40°F前半(6-7℃)
午前8時、セドナを後にしユタ州のアーチーズ国立公園へ向かいます。
寄り道せずに7時間半の旅です。
f0006855_137190.jpg
f0006855_137734.jpg
f0006855_1371228.jpg
f0006855_13153141.jpg
寄り道しないのもつまらないので、まずは3度目になるけどもモニュメントバレーへ向かいます。
f0006855_137259.jpg

f0006855_1371920.jpg

走ること5時間、モニュメントバレーが間近に迫ってきた。
f0006855_1372988.jpg
入場料一人5ドルを支払いビジターセンターへ。
f0006855_1373210.jpg
f0006855_1374013.jpg

f0006855_137526.jpg

f0006855_13223126.jpg
f0006855_1322527.jpg
しばしビュートを眺めたら、車で下界へGo!中の世界を回ります。
前回はキャンピングカーで来たので、ツアーに参加したのだけども、
今回は問題なしの車だったので、自分たちで未舗装の道を回った。
f0006855_1375762.jpg
f0006855_138188.jpg

↑ 今回は昼間だったので、影がなく全体的に風景がのっぺりとしている。
ちなみに夕暮れ時に撮った前回の同じ場所はこう ↓
f0006855_13262687.jpg
訪れる時間により全然表情が違いますね。
f0006855_13111782.jpg

ささっと回り、次なる目的地、メキシカンハットへと向かいます。
f0006855_13112250.jpg
おおっと忘れちゃいけない、ポイント。
f0006855_13112649.jpg

どこまでも続くまっすぐな道。
圧巻です。
驚くべきとことは、ずっと先に見える地平線までが10分~15分で行けるということ。
数時間先の目的地を考えたら、気が遠くなったりする。

つづく
[PR]
by windchill2 | 2012-01-04 14:03 | 旅行

別府温泉地獄めぐり その3

別府温泉地獄めぐり つづき

お次は山地獄

園内はまんまるい山があり、これが由来かと。
f0006855_13365943.jpg

ここは動物園がウリです。
動物好きの2号はここで長時間停滞し動物にエサをあげていた。
f0006855_1337146.jpg
見事地獄の策略にはまってますね。はは
f0006855_1337575.jpg
「ゾウさんがかわいかった」と言っておりますが、写真なし。
カバさんのみありました。
疲れてたんだな、ワタシ。

ちなみに「かわいい」と言われているぞうさん、お客さんに唾をかけます。
鼻からなので、唾じゃないかもだけど、ぶわっとかけます。 
イラつくとかけちゃうそうです。


では次!
f0006855_13423523.jpg

海地獄です。 青い温泉が由来かと思われ。
f0006855_13424389.jpg
もうもうと立ち込める煙。なぜか定期的。
よく見るとパイプから出ているような気がしないでもない。
湯煙自体は本物だと思いますが、演出ですかね。
f0006855_13424529.jpg


池には原産地アマゾンの大鬼蓮が浮いている。
f0006855_13424819.jpg

子どもも乗れるんだそうです。
f0006855_13425731.jpg


さて、海地獄探索。
f0006855_13425363.jpg
いろいろと趣向を凝らしてあります。
上の写真の赤丸内は、足湯の説明書きなんですが・・・子ども達爆笑。
何かと思えば。。。。
f0006855_13425130.jpg
”足から出ている湯” と英語で書かれていた。
of じゃなくて、for だな。

教えてあげなくちゃ、と思いつつそのことを忘れていた。

f0006855_1343135.jpg
エナジー補給をし、最後の地獄へ。
もー暑くてヘロヘロ。


最後は坊主地獄
f0006855_13591734.jpg

f0006855_13591987.jpg

めちゃくちゃ熱い、熱湯風呂のような足湯にも入ったりしたんですが、写真なし。
どれだけ疲れていたのだか。

地獄めぐり、子どもはスタンプラリーの用紙をもらえる。
f0006855_13591184.jpg
f0006855_13591361.jpg


とまあ駆け足の別府温泉地獄めぐりでした。
f0006855_1423610.jpg

[PR]
by windchill2 | 2011-08-07 13:43

別府温泉地獄めぐり -かまど地獄ー

かまど地獄つづきデス

日帰りの上に、夕方福岡で用事がある我ら。
全部の地獄を回れるフリーパスを購入していたので、大急ぎで回る予定。
でも温泉卵は食べなくてはね~。と売店へ。
「温泉ピータン」と書いてあったので、まさかアヒルのたまご?と聞きましたら、
普通の卵ですと。ほっ(ピータン嫌い)
f0006855_530191.jpg
卵をパクついたりしていたら、おじさんと仲良くなる。
f0006855_5301875.jpg

f0006855_5302477.jpg

f0006855_10173894.jpg

f0006855_530284.jpg
取材はココまで。記者さんかえられました。
オンエアは地方版だそうで。
(しっかりオンエアされるつもり)
f0006855_5302866.jpg
いやー、熱いお湯だったよ。

イマドキ源泉かけ流しだなんて、贅沢なお風呂だ。

次行こう。

お次は鬼山地獄
あんど、ワニ園。
f0006855_7132012.jpg

昼近くなり、太陽サンサンの灼熱地獄も加わり、移動するのも辛い。
温泉に入って、体力消耗してるしね。
f0006855_7132383.jpg
それに園内こんな風だもの。暑いのなんのって。
ココの源泉は98℃だそうです。
f0006855_7132593.jpg
ここは地獄よりはワニ園です。
殆ど期待していなかったんだけども、かなりワニが巨大で見ごたえあり。
数も凄いです。
一番大きな2代目イチローは、全長4.5mだそうだ。でかっ。
f0006855_7132855.jpg

しかし一番目を引いたのは、ソフトクリームと飲み物。そして地獄の食べ物
f0006855_7133188.jpg



地獄めぐりはまだまだ続く・・・・・
[PR]
by windchill2 | 2011-08-06 06:46

日本滞在ダイジェスト、別府温泉 その1


結婚するまで九州には縁がなく、別府だの阿蘇だの
熊本だのとは知ってはいたけども、
それが福岡から日帰り圏内にあるとは思いもよらなかった。

オットが子供の頃も思いもよらなかったらしいけれど、
高速道路が通ったおかげで、有名な観光名所が日帰りでいけるんですな。
しかも高速道路は渋滞は殆どなし。

てなわけで、北九州から2時間強の別府温泉で地獄めぐりをしてきた。
別府温泉と言えば、地獄めぐり。

海地獄・鬼石坊主地獄・山地獄・鬼山地獄・白池地獄・
血の池地獄・龍巻地獄・かまど地獄

とモノモノしい名前の8つの地獄があり、どんな地獄かと言えば
イエローストーンの小規模版。

といっても、超が100コ以上ついちゃうくらいの小規模さなので、
イマドキそれだけでは集客は見込めず、それぞれの地獄は企業努力をしている。
たとえば、ワニ園だったり、水族館だったり、動物園だったり・・・
もうどっちが本業だかわからんくらいに頑張っているんだけども、
やっぱり田舎の温泉街なので、それもショボ感が漂っている・・・。
しかし、それがオモロイのだ。

f0006855_14564673.jpg
立派で綺麗な施設の奥に第一の地獄が。
だって自動ドアですよ、入り口。
池は思っていたよりは赤くないがカナリ熱そう。
f0006855_1456493.jpg
施設がきれいなので、結構にポイント高し。
強烈に暑い日だったが、足湯はめちゃくちゃ気持ちが良かった。

ココは本体で売れる自信があるようで、抱き合わせはなかった。

お次は・・・・・竜巻地獄。
f0006855_14565547.jpg
あれれ、嫌なヨカンが・・・ちっさい上に屋根付き囲いつき
f0006855_1457660.jpg

やややっぱりショボすぎ~。
f0006855_1457849.jpg
横にいた団体さんのガイドのおっちゃんが、ずーっとずーっと
「子供だましですよね」とか「イエローストーンと比べられちゃあねぇ~」とか
「商売ですからね」などなど、自虐的なことを言い続けているのが一番印象に残った。
たしかに、イエローストーンのOld Faithful Geyserと比べちゃあ、かわいそうだ。
つか、自分たちで比べてるんですが。看板で。

噴出時間が短いのがウリと書いてあるんだけども、くだんのガイドのおじちゃん曰く
人工的に操作して、間隔が短くなるようにしてるんだそうだ。
そんなこと言っていいの?ガイドさん。



さっつ次! かまど地獄
f0006855_14573911.jpg

f0006855_14574316.jpg

f0006855_14574542.jpg

f0006855_14574979.jpg

f0006855_14575282.jpg

かまどの由来は、しゅんしゅんとあちこちから煙が立ち上がってる様かしらん?
あまり印象に残らないハズのこの地獄が、一番印象深いところになった。
実は。

続きは次回に。
[PR]
by windchill2 | 2011-08-05 15:19

九州で

駆け足で九州を堪能中。
f0006855_22292744.jpg
f0006855_22294771.jpg
f0006855_22331125.jpg
日本に来て食べすぎて急激に太ってしまった。
近々健康診断を受けるというのに何てことだ。
[PR]
by windchill2 | 2011-07-23 22:36

Trip to Galena 2

f0006855_1344110.jpg

7月4日 旅は2日目
つづく・・・と前回書いた割に、あまり続きがなかった。

2日目は朝をゆっくり過ごしてからチェックアウトをし、メインロッジの裏手にある湖、
Lake Galenaでカヌー遊び。
メインロッジに泊まれば、バルコニーからは湖が一望できます。
f0006855_1341890.jpg
f0006855_1325383.jpg
宿泊者には無料でボート類を貸出ししてくれます。
f0006855_1325181.jpg

オールが良いせいか、カヌーはすいすい進んで、結構たのしい。
f0006855_1318113.jpg



お昼をジェネラルストアで調達し一路、自宅へ。
ガリーナはシカゴ郊外では珍しく起伏のある土地で、景色が美しい。
f0006855_133585.jpg
f0006855_131858.jpg


f0006855_13334100.jpg
そしてどこまでも続くコーン畑。
アメリカのでっかさを感じる時です。
f0006855_13175238.jpg

f0006855_1324423.jpg
f0006855_13193975.jpg


旅も終盤に差し掛かり、おっちょこちょい一家に欠かせないのは忘れ物。
まず、1号がカヌー遊び後、「携帯がない」と騒ぎ出す。
家族にコキ降ろされながらビラに携帯を取りに行ったら、ソファベッドの中に埋もれていたらしい。
流石にしゅんとしていた。

で、家に帰り夜中に「ないない」と言い出したのはワタクシ。
あれだけ1号をこき下ろしておきながら、化粧ポーチを忘れてしまった。
うそーん、ちゃんと忘れ物がないかチェックしたのに~。
でもどっこを探してもないんである。
恥ずかしいので、翌日家族に内緒でコソコソとホテルへ電話してみれば、やっぱりあった。
ウレシイやら、がっくしするやら。
ハウスキーパーさんがソッコーで荷物を送ってくれて、今日手元に帰ってきました。
めでたしめでたし。

忘れ物と言えば、ホテルへ電話をしようとして、「はて、忘れ物って単語ってなんていうんだろ?」って思った。
なんかすごく基本的な言葉っぽいに、知らない。
忘れ物を入れておく箱は、Lost & Foundというのだけど、「忘れ物」ねぇ。
仕方がないので、1号に聞いてみたら、「忘れ物」って単語は存在しないと言いうのだ。
ほんとかいな?
でも2号もそう言うので、そうかもしれない。

今頃ですがつい先日、ラルク・アン・シエルはフランス語で「虹」という意味だと知った。
正確には”空のアーチ”だそうで。
なに?そのポエマーな言語は、って思った。

日本語でもあるのだろうか、単語があってもおかしくないだろうに、ないもの。
[PR]
by windchill2 | 2011-07-08 13:31

Trip to Galena その1

f0006855_121127.jpg

またまた気ままな旅に出た。
今回は大人のリゾート地として知る人ぞ知るGalena(ガリーナ)@Illinois
いつものとおり、ホテルも予約せず計画は行きの車の中で。
iPhoneばんざい。
f0006855_121269.jpg

飛び込みで入ったホテルはEagle Ridge Resort & Spa
ゴルフ場からマリーナ、分譲の別荘など広大な敷地を有するリゾートです。

フロントで「お部屋ありますか~?」と聞いたところアサインされた部屋は
2ベッドルーム、キッチン、サンルーム、BBQグリルにジャグジー付きのVilla(一軒家)だった。
しかも格安。
これが当日飛び込みの醍醐味である。
f0006855_121118.jpg
一見ショボそうなビラだが・・・中は結構広々
f0006855_12324244.jpg

荷物を入れ、ビラの中を一通り探索したら、午後5時を回っていた。
大急ぎでワイナリーへ向かう。
f0006855_1211319.jpg
こぢんまりとしたワイナリーだったので、探すのに手惑い、
ツアーの最終出発ぎりぎりに到着。
f0006855_121358.jpg
かけつけ一杯の白を試飲したら、ツアーの始まり。
f0006855_121541.jpg
ぶどう畑をみたり、工場を観たり。
f0006855_121884.jpg
ツアーに参加したのは、はるか昔カリフォルニアはナパバレーのChristian Brothers Winery以来。
やっぱり楽しい。
f0006855_121877.jpg


最後にワインの飲み方などのレクチャーを受けつつロゼを飲み、ツアーは終了。
酔っ払いでにぎわっているお隣のショップ&バーでワインなどを買って、ダウンタウンへ。
(子供たちには発泡ぶどうジュースを買う。コレがかなり美味しかった)
f0006855_1211852.jpg


ハラペコだったので、スポーツバーでピザなどを食べる。
f0006855_121846.jpg


なんとお隣のテーブルは、2号の現地校の下級生一家だった。 世界は狭い・・・


つづく
[PR]
by windchill2 | 2011-07-07 12:41

Trip to Cancun 2010 -6日目-  帰る日

12月24日 6日目
f0006855_12412623.jpg
とうとう最終日。
フライトは午後なので、午前中いっぱい、カリブ海を堪能しましょう。
f0006855_12424819.jpg
旅の間、朝から食べまくっておりましたが、そろそろリハビリ開始。
ワッフルを焼いてもらう。
f0006855_12431240.jpg
食後はビーチへ。
昨日に引き続き雲が多め。
f0006855_12445668.jpg

f0006855_12445561.jpg

最後の波遊び。
今日は波が高くて良い感じです。
f0006855_12454222.jpg

f0006855_12454083.jpg


ワタシは早めに切り上げ部屋に戻り、12時のチェックアウトを目指しパッキング。
同時に早めのお昼のクラブハウスサンドと軽食をルームサービスにオーダー。
f0006855_12495321.jpg

これが結構おいしい。 
ランチボックスの中身は、ハムチーズサンドとリンゴと甘いスナック、それとお水。

12時にチェックアウトして、手首についていたIDを切ってもらう。
宿泊者ではなくなる瞬間。  あー、バカンスが終わった。

呼んでおいたタクシーに乗り込みいざ空港へ。
f0006855_1253196.jpg


空港の入り口では、カラフルなクリスマスツリーがお出迎え。
f0006855_1253158.jpg

f0006855_1254496.jpg


搭乗まで時間があったので、お土産物探索。
f0006855_1255194.jpg
メキシコの土産物はカラフルで楽しい。
f0006855_12544418.jpg


そしてカラフルな世界から、モノクロのシカゴへ。
毎度ながら、たったの三時間半飛行機に乗るだけで、
40℃の気温差を体験できるって凄いことだ。

シカゴでは車が雪で埋もれていないかが、唯一の心配だったけど、
案外雪は積もっていなかった。
f0006855_1323731.jpg

、案外寒くもなかった。
f0006855_1323953.jpg
雪国の人の旅行は、最後まで気を抜けないなあ、などと思いつつ、
車の雪落としをするのだった。

ところで、この冬休み、シカゴからたくさんの方がカンクンへ行ったとか。
「カンクンへ行った」というと、「ええーういんちるさんも?」といろんな人に言われた。

ところが我らは、日本の方を見かけることがなかったんですよね。
時期的な問題か、ホテルの問題か。

そして年末のカンクンは、ちょっと寒かったとか?
確かに最後の2日はお天気がちょっと崩れ気味だったけど、
半袖短パンで寒いってこともなかった。
こういうのを、”紙一重”って言うのでしょう。

カンクン旅行記はこれにておしまい。
[PR]
by windchill2 | 2011-01-14 13:26


2004年8月15日より、オットの転勤に伴い、シカゴで駐在生活を送っています。子供と一緒に、アメリカ生活を楽しんじゃおう!


by windchill2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

東京都出身。
90年代にカリフォルニア州に駐在。2004年8月より、シカゴ郊外に2度目の駐在中。

《主な登場人物》
オット  
1号♂ 17さい 
2号♀ 12さい
累計: 検索エンジン登録 
本日: SEO対策
昨日: メール配信   
アクセスアップ


旧ブログ→→→→→→→


windchill659(a)gmail.com
↑の(a)を@に変更して送ってください。

多忙のため、お返事を書くことがなかなかできませんごめんなさい。
シカゴについてのご質問等は、US新聞ドットコム住むトコ.COMなどの掲示板を利用されると、情報が集まりますよ






AX
Free counters!
free counters


カテゴリ

全体
ごあいさつ
旅行
日本
未分類

以前の記事

2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
more...

最新のトラックバック

アクアリウムの調査
from アクアリウムのアレやコレ。。
アクアリウムRSS
from アクアリウムのアレやコレ。。
アクアリウムの調査
from アクアリウムのアレやコレ。。
アクアリウムに関する記事
from アクアリウムのアレやコレ。。
コラーゲンパックでお見合いへ
from お見合い

検索

タグ

(68)
(54)
(52)
(41)
(35)
(34)
(30)
(22)
(21)
(20)
(19)
(19)
(15)
(14)
(13)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)

その他のジャンル

忍者ツール

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧