タグ:日常生活 ( 11 ) タグの人気記事

ブックレポート と 一日入院レポート

f0006855_0555549.jpg


いやなんだか毎日やること盛り沢山。
しかも頭を使うことが多くて、脳みそがオーバーヒート気味です。
正しい日本語、正しい英語、両方とも使い慣れていないのだな、と痛感してます。

ペンを持つことも多くなり、自分の字の汚さにもげんなりします。
確か昔は字が綺麗だったはずなんですけどね、使わないと錆びるもんですね。

さて、英語(またか)
今日は明日提出期限のブックレポートを仕上げねばなりません。
登場人物の説明と、サマリー(あらすじ)を半分くらい書いて、もう嫌になっている。
だいたい内容を正しく把握していないのに、コンクルージョン(結論)まで行きつけるのか。
宗教がベースの話なので、日本語で読んだとしてもわからないと思われ。
実際なんでそうなる訳?って読んでいて疑問だらけのオハナシなんですもん。

海外在住と言えど、ここらあたりの駐在奥たまは、
日本語で通そうと思ったら通せちゃうので、英語力は本当に気合いを入れないと身に付きません。
でもしかし気合いってなかなか入らないんですよね。
普段の生活は、結構なんとかなったりしますしね♪

そういえば、結構何とかなった典型的例がこの夏ありました。

この夏、日帰り手術をしたんですが、術前の電話での手続きから、検査から、手術当日、
術後の電話でのフォローなど、英語オンリーでオットのサポートなし、という状況でした。
(うちのオットが冷たい人で助けてくれなかった、という訳ではなく、
なんとなく伝達ゲームが面倒だったので自分からNo Thank you!しただけなんですけど。)

でもまあそんな状況も、ワタシのつたない英語力でなんとかなるというか、
カウンセラーとの話も、検査技師たちとの話しも、
看護師さんとの話しも、麻酔科の先生の説明も、
術後の電話でのフォローアップも。

なぜだか知りませんが、わかるんですよねぇ~。
(主治医の先生は日本語ができるんですが、登場するのは術直前のみでした。)


で。
患者なワタクシ、英語が出来ないという特殊な患者である上に、
手術当日にオットの付き添いを拒否した、変な患者でした。

理由は、忙しいオットには仕事に行ってもらいたかった、というもあるけど、
術前は一人静かに読書をしたかったというのが、大きな理由。

でそのことをナースに説明して、オットには一旦仕事に行ってもらったんですが、
周りを見れば家族がぐるっとベッドの周りを取り巻くように付き添われている患者ばかりで、
“おひとりさま”な患者はワタシぐらいだった。

それだけでも非常識なのに、オットがやってくれました。

術後は運転してはいけないので、事前にドライバーを確保するのが患者の務めなんですが、
もちろんその任務にはオットがついたのだった。

前述の通り、オットは私を病院にドロップして出社。
ナースが術後に連絡をしたら、すっ飛んでくる手はずだった。

ところが
オットのケイタイはずっと圏外

ってどういうことよ?(怒)

麻酔が覚めて看護師さんから「あなたのご主人に連絡がつかないんだけど?」と言われ、
「なら会社に電話してみるね」とダイヤルしたところ、

その番号は使われておりません

なんてカウンターパンチをくらう。

そういや、ずいぶん前にオフィスが移転して、電話番号も変わっちゃってたのよね、
オフィスに電話することなんて稀なので、すっかりアドレス帳を更新するのを忘れていたんだった。
変ネ~って笑ったんですけど、流石に生きた心地がしませんでした。

こっぱずかしくって!

オットの間の悪さにあまりに腹が立って、リダイヤルボタン連打。

数十分後、やっとつながったオットからは想像した通り、
「あれ~、電源入ってるし、オフィスで待機してだんけどなあ~」
という返事が返ってきたんですが・・・間が悪すぎる。

オフィスにいて圏外なんてこと、今まで滅多にないんですけどねっっ。(猜疑心の塊)

んとに、うちっていつもすんなりコトが運びません。
だから面白かったりもするんですが。

手術はもちろん大成功でした。



さて、現実逃避終了。英語の宿題にもどろっと。
[PR]
by windchill2 | 2009-12-04 01:41

シカゴの夏の午後 と ?

f0006855_23562795.jpg
またまた、Myパソがあやしくなり、再インストールしました。
今度の今度は長いパソコン生活の中でも類をみないほどの深刻な雰囲気で、
突然シャットダウンと再起動を繰り返したのち、立ち上がらなくなってしまったんですよ。
ああ、焦った。 珍しくマメにバックアップをとっていたので、
ダメージはほとんどなかったのが救いです。
ウィルスの仕業かと思ったんですが、2種類のウィルススキャンソフトではひっかからずで。 
一体なんだったんだろうか。
というわけで、昨日は復旧作業と“ねじまき鳥”に取りつかれた一日だった。

ねじまき鳥クロニクル、2部まで読み進みましたが、うーん???な感じに突入。
やっぱり村上作品は、わたしにはあれかもしれませぬ。
なんかね、セリフが浮いていて感情移入しずらい。
それは“歯の浮くようなキザなセリフ”というものじゃなくて。
橋田スガコさんの脚本や翻訳作品に通ずるものがあるような、
なんというか、“こんな風に話す人々にお目にかかったことがない”という類のもの。 
まあ、奇妙な現象だらけの彼の作品に現実を求める自体間違っているとは思いますが。


■■■


そういえば、日曜日の朝、天気が良かったのでチャリを積んで、
ダウンタウンへフラッと遊びに行きました。

ミレニアムパークの代名詞的なオブジェ、ビッグビーン。
f0006855_1099.jpg

午前10時前だというのに、結構な人出でした。
f0006855_001084.jpg

f0006855_23571738.jpg

f0006855_010374.jpg

f0006855_123840.jpg
夏のシカゴはイベントだらけ。毎週のようにイベントがここで行われます。

f0006855_0113989.jpg
チャリでちょっとお散歩。 自転車を持ち込まなくても、借りることもできます。
f0006855_012887.jpg
セグウェイツアーなんてのもあり。 ガイドさんと一緒に観光をしながらの2時間ツアー。 
約60ドル。 果たして高いか安いのか?
ツアー参加者の得意げな顔を見ると、安いかもしれません。

f0006855_12551270.jpg
ちなみに、シカゴダウンタウンのポリスオフィサーは、セグウェイに乗り颯爽とパトロールしております。
(注)この写真、シカゴ警察のモノかは不明。
おおよそこんな感じです。おおよそ。あくまで、大凡。


f0006855_0144383.jpg
夕方用事があって時間がないので、車で移動して湖沿いへ。
冬に流氷を見たくて1号と訪れた同じ場所へ。
f0006855_0453021.jpg
雪が深くて湖岸までいきつけなかったのよね。この時は。
とても同じ場所とは思えません。
f0006855_0462394.jpg
この先は砂浜かと思っていたら、こんな感じだったのね~。
f0006855_0505155.jpg
アイスキャンディー食べたり
f0006855_052121.jpg
お昼寝中の飼い主さんの横で、ヒマそうにしているワンコを眺めたり
f0006855_0471418.jpg
木陰にシートを敷いて、ちょっとお昼寝したりして、夏の午後は静かに過ぎてくのでした。
[PR]
by windchill2 | 2009-08-05 01:06

【例のパンで作ったパングラタン】 母の夏休み

f0006855_10271676.jpg

昨日のつづき。
あの立方体のパンはこれにバケた。
半分に切り、中をくりぬいて、シチューをつめて、
チーズをのっけて、オーブンで焼く。

f0006855_1038445.jpg
インパクト大なランチでした。
ついでに、胃にもインパクト大だった。
ハライッパイ・・・・。

1号の驚いたカオがオモシロかったデス。


■■■


夏休みに入った途端、一日の走行距離が50キロを超える日が多くなった。
この夏の間中は、こんな調子の日々になりそう。

何度も何度もしつこく書きますが、アメリカのお母さんは忙しい。
ご飯をつくって食べさせて、「いってらっしゃい!」と玄関先で言ったら
ホッとできる訳じゃない。

どこまでもどこまでも。
子ども達の行くところへ連れて行かねばならない。
連れて行ったら、今度は迎えに行かねばならない。
帰る時間がない時は、どこかで時間を潰したり。
結構疲れるんである。

日本では、そんな生活をほとんどしていなかったので、
渡米当初は習い事はなるべく近場。できるなら10分以内。
なんてことばかり考えて、選んでいたんだけれど、

段々だんだん。
そういう自分に慣れてきて、時間をかけられるようになり、
いまじゃあ、遠くまで行っても苦にならなくなった。

あの頃、「げげ、そんな遠くに??」とか「そんな時間まで??」
などと思っていた所や時間は、今じゃあ、大したことない所です、はい。
まあ、たかだか片道20キロ(30分弱)ってとこですが。
そんな自分でも頑張ってるジャン!と褒めてあげたいのに、
もっともっと頑張っている人が沢山いるんですよね。
尊敬します。

ここのところ、午後9時になっても、うっすら明るいシカゴあたり。
冬は4時過ぎに日が暮れてしまうので、すごい落差。
いつまでたっても、夕方が続いているので、送り迎えもなんだか楽しかったりする。


ともあれ、母は健康第一。
倒れないようにしなくちゃ。




■■■


この夏は、2号相手に料理教室を開こうと思っている。不定期ですが。
もう4年生だしね。
早速、明日のサマーキャンプのデザート用に、ブラウニーを焼く。
お米も研いでもらった。
今は楽しんでいるけど、一通り楽しんで面倒になる時期がクセもの。
さて、料理はモノになるでしょうか。



■■■


f0006855_10321418.jpg数週間前に摘芯して根元まで切り戻したビオラが、再生して満開になった。
(正確に記述すると、根元から1節残して)
をを、本当に再生するんだ~。
伸びた茎を、根元近くで切ってしまうのでなかなか勇気のいる作業だったけど、やって正解だった。
我ながら感動。

玄関に置いてあるもう一鉢が、大きくなってそろそろ限界なので、
この鉢と入れ替え、摘芯しようかとおもっている。
ガーデニングもなかなか奥が深くて楽しいです。


←この写真は、4-5日前の写真。
今はもっとてんこもりの花が咲いている。
[PR]
by windchill2 | 2009-06-19 10:45

【カスタードプリン】 休日の朝

f0006855_520611.jpg
その昔、本当にすごく昔。
勤めていた会社が、それまで半ドンだった土曜日を休日にして、週休二日になった。
コトブキ退社が決まっていたワタシは、その週休二日を体験することなく、
辞めていくことになっていた。
イヂワルなおぢさん達に、といっても彼らは当時30代半ばだったので、
大してトシヨリでもなかったんだけど、20代前半のワタシには、
とんでもないオヤヂに見えた。 今の自分の年を思うと、オソロシイことだ。

そのおぢさんたちに、
「うぃんちるちゃん、うぃんちるちゃん、
もうすぐ土曜日も休みになるんだぞー、羨ましいだろ~!」などとからかわれ

「ふーんだ! ワタシなんて、もうすぐ毎日が日曜日だもんねぇ!」
などと返していた。

確かに、結婚直後は、ちょ~ヒマヒマだったけれども、
気が付いたらヒマと思う日が貴重になり、今に至っている。



ここのところ、週末がとても忙しい。
夫婦で分担して、あちこち走りまわっております。
なので、片親状態になると、朝から晩までタクシー運転手~。
さすがに疲れますです。

疲れたところに、夜遅く2号が帰ってきて(お迎えにいったんですケド)
“友達とメール交換したいから、メアドを作って欲しい。”
なんて言われると、ちょっとクラクラして

あんたメールなんて打てるの?

なんて、キーっとなってしまいます。
速やかに、翌朝1号に丸投げし、アドレスはどうする、
パスワードはどうする、などと。

あーでもない、こーでもないと、
3人でキングサイズの大きなベッドにうつ伏せになり
朝っぱらから相談するものそう悪くないんである。
お行儀が悪いかは置いといて。

最近のワタシ達家族に、
全員がゆっくり起きることの出来る朝はなくなって久しいので、
今日の様な何もない休日の朝は貴重な時間だった。 思い起こせば。
オットはその貴重な時間帯に惰眠をむさぼっておりました。

で、思ったのだけれど、
貴重な時間というのは、その時はなかなか気付かないもんであるね。


あなたが虚しく過ごした今日という日は、
昨日死んでいった者が、あれほど生きたいと願った明日


この言葉には賛否両論がありますが、
いつまでも、明日のことを思い浮かべつつ、
目ざまし時計をセットできる自分でありたいなあと思うんである。




2号のメアドはめでたく出来上がり、母と兄からテストメールを受け取った。
兄は、先日入手したiPod touchから得意げにメールを送信。
それぞれ嬉しそうであった。


先ほどメールボックスに、こんなお返事が来ていた。
f0006855_52025100.jpg

なぜか、「おかあさん」じゃなくて、名前にさんづけなんだけれども。
なんだかまともな文章で驚いた。
「”送る”って漢字覚えてたの?スゴイじゃん!」などと、
余計なことをつい言ってしまいました。
[PR]
by windchill2 | 2009-05-26 05:57

【冷やし中華始めました】  いきなり夏。

f0006855_1410110.jpg


おちこんでいるアナタも、そうでないアナタも。
笑い転げてくださいませ。
ふと小耳にはさんで笑った話!

■■■

↓ 昨夜投稿ボタンを押すのを忘れていました。 

今日(22日金曜日)は肌寒い一日でしたが、ここのところめちゃくちゃ暑かった。
ちょいと灼熱地獄が入っていて、朝元気だった庭のお花が、夕方帰ってきたら、
しな~っと死にかけており・・・あわてて水を投入し復活したんですが。

ひゃー、いきなり夏だぁ!って思いました。
つい最近まで肌寒くて、たしか暖房のスイッチを切ったのは一週間前。
朝晩一人フリースを着こんで震えていたですけどね~。
まあ、ワタシの場合、異常なる寒がりなんですが
この気温の乱高下がシカゴらしいです。

我が家は家の中央、面積にすると建物の半分くらいが吹き抜けという
日本の住宅ではちょっと想像がつきにくい構造なんですが、
コノ構造は夏は2階が異常に暑くなるんですよね。

どれくらい暑くなるかというと、
いきなり2階の自室にいた1号が発狂した。

いい加減にしてくれよ!
お母さんはわがままなんだよ!!!
お母さんは暑くないからいいかもしれないけど、
オレは暑くて死にそうなんだよ!!


何の前振りもなく突如上記のようなことを叫ばれて、
ワタクシ、真剣にきょとーんとしました。
エアコンの温度設定になんも手も入れてなかったんですから。
シカゴの気温が勝手に上がっただけなんですったら。
しかしさすがのワタシも、“今日は暑いなあ”と思っていたので、
1号は相当暑かったんだと思います。お気の毒です。

さて。
アメリカの住宅は、省エネに大きく逆行していて、
全館冷暖房システムなので、こういう場合とても困ります。
暑い2階に気温を合わせると、1階が異常に寒くなるもんで、
冷え症のワタシは、厚着をして震えるしかありません。

気の利いた家だと、1階と2階に別々の冷暖房システムを導入しており、
それぞれコントロールできるんですけど、我が家の場合さにあらず。
とすると対処法は以下の通り。

一、地道に、1階のエアコンの吹き出し口を閉めてまわる。
一、設定温度を低くして(つまり2階に合わせ)私が我慢して震える。
一、苦情が出る個室にポータブルのクーラーを導入。
一、暑がり族は、涼しいベースメントに避難する。

しかし、シカゴの夏は短い。
こうして、どうしようかな?などと考えていると
あっという間に雪が降り出します。

あ、不吉? やっと夏になったのに。
どーもすいませんデス。


■■■

iPod Touchを手に入れた1号。
狙いどおり、嬉しくて舞い上がっております。

で、私もヤツからiPodをせしめたのだけど、
「イヤホン壊れてるから」ということで、イヤホンを買ってみました。
こおんなの。ウォーキングしてたら便利かな?と思って。
f0006855_1415959.jpg

で、早速装着してみたのですが、
自分の耳が、かわゆいサイズだってことを忘れておりました。

耳に掛ける部分が耳より大きくて、カスリもしないいなんて。アホな・・・。


■■■


土曜日の今日は補習校の通学バスのバス当番でした。
シカゴ補習校は大所帯なので、校舎の近隣が車であふれ返らないよう、
バス通学が基本になっています。

バス当番のおシゴトは、その通学バスが滞りなく運行できるようお手伝いをすることで。
子ども達がバスの中でちゃんと着席しているかの確認をしたり、
バスドライバーにヨロシク!などという簡単なオシゴトをします。

普段オットがこのようなオシゴトをやっているので、5年も在籍しておきながら、
バス当番をしたのは、初めて?かもしれないワタシ。
何をしたらいいのかわからず緊張したが、その割に遅刻しそうになり非常に焦る。

で、結局のところ、乗り込んでくる子ども達に挨拶をしつつ、
バスドイバーのおばさまと世間話をしていたら、あっという間に出発の時間。
つーか、話が盛り上がりすぎ?で、返って焦る。
今朝は焦ってばかりだ。

「みんな、ちゃんと座っていい子にしてるんだよ」と言ってバスを降りたんだけれど、
よく考えたら、ネイティブの子ども達を目の前に、めちゃくちゃ英語をベーラベラと
しゃべりまくってたってことだ、ということに気づき恥ずかくなった。

きっと1号がバスに乗っていたら、
「お母さん、いい加減にしろよ。 恥ずかしいだろ!」
と後で怒られたに違いない。

で、結局バス当番の感想は。
10分じゃ、バイリンガル教育の難しさや、
日米の医療問題などを話すには足りなかった。ってことで。

そりゃ、英語力の問題か。




 
[PR]
by windchill2 | 2009-05-23 23:21

【ストロベリーショートケーキ】 母の日?

f0006855_7292271.jpg
【ストロベリーショートケーキ】
我が家ではあまり受けそうもないケーキばかりを作っていたら、
「イチゴのショートケーキがいいんだけど」、と、言われてしまいました。

すっかり忘れていましたが、今日はマザーズディでした。
大きさの不揃いのイチゴだったので、ハート型に切って適当に乗せたんだけれど、
なんだかそれっぽいケーキで、タイミングよろし、な感じです。

さて、母の日。
2号が学校で作ったプレゼントをくれました。
男衆は、すっかり気がついていないようで、1号にちょっと質問をしてみたらば、
「母の日は、来週だ」と言い切られました。
我が家らしいエピソードだ。


■■■


豚インフルエンザですが、イリノイ州で一番患者が出ている。
と報道されておりますが、この数字にはカラクリがあります。
住むトコ.comの掲示板にDupage Medical Group の桃山先生が情報を載せていらっしゃいますが、
以下のような内容です。

アメリカ全国の検査の確認はすべてアトランタにあるCDCで確認されていましたが、
今週に入ってからイリノイ州の保健所がその検査が独自できるようになりました。
それによってこちらで集めたものを検査することがほかの州の保健所に比べてとっても早く
できるようになったのです。


というわけで、イリノイ州は豚インフルエンザの患者数がほかの州に比べて多いという訳です。
もちろん、シカゴはアメリカ第三の大きな都市ですので、人口も多いというのもありますが、
数字の多さは、医療機関、検査機関がしっかり機能しているという現れなんじゃないかと思います。

なので!
闇雲に、メディアに踊らされないように心がけたいものです。



■■■


のどの調子がよくなりつつあると思ったら、腰を悪くし、
腰がだいぶよくなったなあ、などと思っていたら、今度は手です。

身に覚えがまったくないのだけれど、突然右の手のひらが痛くなり、
なにかをつかもうとすると激痛が走ります。
昨日は鉛筆を持つのも辛いくらいだった。

だれか、一寸釘打ってない?

なんて思ったりするのだけれど、ちょっと前に帰国した愉快な友だちが
トラブルだらけのシカゴ生活を送っていて、それも一つ一つが
大事件レベルのトラブルに週一くらいに見舞われていたんだった。

彼女が日本に帰国した途端、回りにいたワタシたちは、
怪我だらけになり、もしや彼女がワタシたちテニス仲間の
トラブルを一身に引き受けてくれていたんだろうか?
なんて思ってしまう今日この頃です。

体の調子もヨロシクないんだけれど、パソコンの調子も
実はエライ悪くて、ここ数週間というもの、1クリックに何秒もかかったり、
メーラーがメールを読み込みに行かなくなってしまったり。

昨日はとうとうアプリケーションが起動しなくなるまでになり、
重い腰を上げ、リカバリーをしたのだった。

それはいろいろお腹に溜め込んだパソコンに下剤を飲ませて、
宿便をきれーに吐き出させる作業で、とても勇気がいります。
バックアップを何重にしても、ボタンを押すのが怖かった。

お腹がすっきりしたパソコンは、さくさく、信じられないくらいに
早く動いて快適です。
もっと早くやればよかったなり。

いやー、しかし。
最近のパソコンは、なあんて楽チンなんでしょうか。
メールの設定、pop とか、smtpとか、メアドを入力しさえすれば、
勝手に読み込みに行って設定までしてくれちゃうんですよ。
メモを片手に、地道に手入力していたあの頃って
いったい何だったんだろうかと悲しくさえあります。
そんなわけで、リカバリ作業も、拍子抜けするくらい楽でした。
といっても、バックアップ作業に時間がかかり、一日潰れましたが。



シカゴはここ一週間で一気に芽吹き、とても美しいです。
永遠に雪の世界が続くのかと錯覚しがちなシカゴですが、
春ってやっぱりいいですね。
我が家のビオラも満開です。
f0006855_7241114.gif

[PR]
by windchill2 | 2009-05-11 07:37

【鶏つくねバーグ弁当】 サマータイム

f0006855_648088.jpg
【鶏つくねバーグ弁当】
毎回同じような弁当だけれども、文句が出ないのでいいんです。現地校弁当だしね。
かえってバリエーション豊かに、シーフードなど入れようものなら、文句の嵐と思われ。

ぶっちゃけ、宴会の残り物弁当です。
鶏唐揚げと鶏だんごとエノキとシイタケ消化作戦。

朝から手を汚すのがイヤだったので、鶏ダンゴのタネをスプーンで
掬い取りつつフライパンに放り込んでいったら、1つハート形のハンバーグが焼き上がった。
↑ごはんの上に置いてあるヤツ

1号に「入れてあげるね、うふ♪」とウィンクしながら見せたら、
「遠慮しとく」と冷静に阻止された。

やっぱりな反応であるけれども。
確認せずに、勝手に入れておけばよかったなり。



◆◆◆


サマータイムが始まったのだけれど、気温は氷点下のシカゴです。
サマーな気温には程遠く・・・なんだか流石に早すぎ?などと思うのだけれども。
午後6時過ぎても、すごっっっく家の中が明るくて気持ちが悪い。

20代の頃って、サマータイムの1時間差がまったく気にならず、
ただ短に、日暮れ時が遅くなって嬉しかった記憶しかありませんが、
今は影響ありすぎでは朝は辛いし、夜は眠くて仕方がありません。
この差は一体何なのか?

もちろん「年」は大きな要因だろうけれど、
一番大きな要因は、生活習慣じゃないかと思っている。
「若い頃」は、起きる時間がとにかく遅かった。
オットの会社が家から10分の距離にあったし子どもがいなかったので、
ゆるゆると8時頃起きていたような記憶が。
それが今は6時過ぎに起床。
サマータイム導入後は実質起床時間が午前5時に繰り上がったことになるので、
宵っぱり体質の身としては、睡眠時間が大きく削られる、この1時間差は痛いのである。

この時差ボケにアジャストするのは、いつになることやら。

そういえば、「若い頃」は、週末は夫婦揃ってもっと遅くまで寝ていた・・かった。
しかし結構な確率でご近所に住まわれていた見ず知らずの日本人のお子ちゃまの

きゅっ!きゅっ!きゅっ!きゅっ!きゅっ!

と高らかに鳴り響くサンダルの音で起こされ、ため息をついていた。
そして、
〝もし自分に子どもができたら、決して週末の朝にきゅっきゅサンダルを履かせまい”
そう心に誓ったのでした。

あのサンダル、アメリカでは見かけませんね~。
日本特有でしょうか?


◆◆◆


インターネットを利用するようになってから10年以上。
ブラウザをNN(ネットスケープナビゲータ)→IE(インターネットエクスローラ)と
使ってきたけれど、最近IEがやけに動きが悪く、ちょっと困っている。

f0006855_6523657.jpg配布開始以来気になっていた、Google Chrome が正式版を
リリースしたことだし、使ってみることにしたのだけれど、これが速い!
ちょっと感動した。
インターフェイスに慣れてないので、全体的な使い勝手はまだIEのほういいけどね。

こうやっていろいろなフリーウエアのブラウザを気軽にダウンロードして使っていると、
NNを6000円以上も出して買っていた頃が嘘のように思えます。
[PR]
by windchill2 | 2009-03-13 07:14

コケシ・・・・・・・

f0006855_11151780.jpg
【ある日のワタシのお弁当】
週に一度、お弁当を持ってお出かけする日があります。
せっかちなので、「遠火の強火」が実行できず、
近火の強火で焼いた卵焼きはいつも焦げております。
いいのいいの、家族の分だから。

◆◆◆


いつも衝動的に動いています。
髪を切るのも衝動的。
今日、今、切りたい!と思ったらそのままアポも取らずに髪を切りに行きます。
な訳で、日本人オクサマ御用達と言われ、ずいぶん先まで
予約でいっぱいと言われている美容院には行ったことがありません。
だってずっと先に予約を取って、その日に髪を切りたい気分じゃなかったらどうするの?ってかんじ。

今日は髪の毛切りたい病を発病。
朝から心がザワザワしていたので、用事が済んだ午後に髪を切った。
ばっさり切って、中坊のようになった。
ええ、もちろん髪型だけ。
肌つやも、女子中坊のようになれたら最高ですけれども、
そんな美容院はどこにもありませぬ。

ここ何年もずっと、ロングを維持していたのに、秋ごろから突然
短くしたい病にかかり、どんどん髪が短くなって、今日から中坊的ショート。
女性は失恋すると、髪を切りたくなるというけれど、
失恋する機会のないオバサンが髪を切りたくなるというのは、どういう心境なんでしょうかね?
なにか変りたい自分がいるんでしょうか?

ところで我が家の人々は、何事にも無頓着だ。
だからワタシが何をしようと、ほとんど気付かれない。
信じがたいことに、この前、髪を15センチくらい切った時でさえ、
誰も気がつかなかった。

気付かないふりをしているのだろうと思い、とりあえず黙っていた。
オットに至っては一週間たっても何も触れないので痺れを切らし
「髪切ったの知ってる?」
と問うと
「知らない、言われてみても分からない」
という私的には信じがたい返事が返ってきただけだった。

しかし今回ばかりは、1号が家に入ってくるなり、「髪切った?」と。
そして間髪置かずに、「似合わないよ」ですと。
初、自発的コメントが、それかいっ!

2号も「かわいいけど、前の方がよかった」などとお世辞混じりのコメント。
確かに、びっくりするくらい切られちゃって、コケシのようだけれども。

私の行きつけの美容院は、ちょっと面白ランド。
一見、よくある美容院だし、美容師さんだけど、
そこの美容師さん達は、いつも切っている途中で、お客の椅子を90°回す。

と、どうなるかというと、お客の視界からは鏡の中の自分が消え、
自分の髪の毛がどうなっているのかさっぱり分からない状態になる。

どんな髪型になるのかな?ドキドキ・・・・なんていう生易しい感情はあっという間に消え、
ばっさばっさと膝の上に落ちて行く髪が恐怖をあおりたてるのです。

怖いでしょ?
でも、アメリカの美容院にしては結構上手なので、
渡米以来ずっと通っているんですけどね。

それにこの髪形も、一週間もすれば皆慣れるだろうし、
2週間もしたら、ほど良く馴染むだろうから、
髪型の悩みなんて、大して問題じゃないんである。

◆◆◆

用事があって、友達数人と近くの巨大モールに朝一で行った。
午前10時の開店にあわせて、待ち合わせをしたのだけれど、
開店前のモール内に足を踏み入れてみれば、
沢山の人ですでに賑わっていた。

どうやら、寒さの厳しいこの地の人々は、
朝のモール内でウォーキングしているようです。
おお、賢いではないですか。
こうやって精力的に歩くことを、パワーウォークというんだそうで、
恐ろしく体力のないワタクシ、少し見習わなくれては、などと思います。

◆◆◆

夕飯の筍ごはん用のタケノコを焦がしてしまいました。
ほのかにコゲ臭いなあとは思っていたんですが、
その隣で炒めていた、明日の晩御飯用の仕込み、飴色玉ねぎの匂いだと思い
スルーしていたら、コゲていたのはタケノコのほうだった。
がーん
貴重な筍が、減ってしまいました。

ちなみに、我が家のタケノコご飯は、
茶飯を炊いて、そこに筍と油揚げを煮たものを投入します。


筍とタケノコ、短い文章内で表現方法がくるくると変わっていますが、
単に一番最初に変換されて出てきたのを、面倒なのでそのまま入力しただけで、
他意はございません。
[PR]
by windchill2 | 2009-02-20 12:00

【ミニプリンアラモード】 大統領が変わった日

f0006855_11595392.jpg

夏に帰国した時に仕入れいてた、使い捨て耐熱プリンカップのことを思い出し、
ミニプリンアラモードをガールズナイトの口直しにと作ってみたんだけれど、
このカップに蓋をする為には、ほんのちょっとのプリンしか入れられない。
すっごくさびしい量なのです。
結局デコしたら蓋ができず、ラップをかけて持っていきました。
何のための蓋なのかってかんじデスネ。

しかし我が家のメンバって、こういうパン屋さんに売っているような
あか抜けないお菓子が好きなのよね。
スタイリッシュなケーキも作ってみたいもんだけど、
売れないからな~。

◆◆◆

またまたアップできず過去日記状態です。
1月20日(火)、つまり昨日の備忘録。

今日から通常運転、と行きたいところですが、2号の学校は引き続きお休みです。
もともと、この週末は4連休だったのですね。
それに寒波での休校がくっつき、6連休。 長~!
といっても、この連休中は、昼に夜に結構忙しくしていたので、
あっという間に過ぎ、今日はお疲れモード。
テレビの前から動かないもんね!と朝から意気込んでいました。

というのも今日は、オバマ新大統領の就任式だったからです。
朝から、テレビのボリュームを大にして見ておりましたが、
あのオバマさんが、緊張のあまり(正確には復唱する誓いの言葉が
イレギュラーだったみたいね)誓いの言葉をカミカミだったり、
ヨーヨーマらのゴーカ演奏時に、プレジデントファミリーは、
あんまり聴いていない様子だったりと、感動的だった一方で、
微笑ましかったりもしました。

午後は家で飽き飽きしていた2号を連れ出し、
彼女の念願だった、ソリ遊びへGo!
f0006855_129268.jpg
「ソリしに行く?」って言うまでに、30分くらいかかった、ヘタレ母。
だって、寒そうだしぃ~。
なんて、思いっきり着ぶくれて行ったら、
太陽サンサンでぽっかぽか。
こんなことなら、キャンプ用のチェアを持ってきて、
本でも読んでれば良かったなって感じの気持ち良い午後。
沢山そり遊びをして、大満足の2号でした。
f0006855_129515.jpg
こんな遊び場がすぐ近くにあるなんて、
シカゴ郊外は子育てには適したところだと思う、東京出身者です。



いやしかし、東京は雪が滅多につもらない地域なので、
シカゴの冬の、白と青のコントラストの効いた景色は
毎年飽きもせず感動してしまいます。

学校から帰ってきた1号が、
「明日は暖かいらしいよ」と言った瞬間に
「ええー!! 雪が溶けちゃうじゃん!」って叫んでしまったくらい
この雪景色が好きなのです。

そして雪が溶けてしまうはずだった昨日の明日、
つまり今日は、相変わらず朝起きたらマイナスの世界で、
雪景色はあいかわらずキレイなままだった。
我が家的には、喜ばしい出来事です。
[PR]
by windchill2 | 2009-01-22 12:52

【バターロール】 -28℃

f0006855_23324024.jpg
【バターロール】
久々にバターロールを作った。
ほんのりとした甘みがあって、やっぱり美味しい。

巻く作業が面倒であまり作らないので、
いつまでたっても、巻きが上達しない。
しかもこれって、一次発酵が終了したと同時に電話が入り、
つい電話を取ってしまい、話が盛り上がり切ろうにも切れず、
電話を肩に乗せ、分割から成型までしたのだった。
こういう女性的な並行作業が苦手な私にしては、上出来。
あとは相手に上の空状態だったのが伝わってるかどうかだ。
どーもすみませんでした。

話は整形に戻そうと、この巻くという作業が、ポイント高し。
同じ生地を、巻かずに単に丸めるだけだと、
食感が変わって、さして美味しくないんである。
パン作り、面白いです。

◆◆◆

まず、昨日、1月15日(木)のエントリーから。

今朝は、午前5時20分に電話でたたき起こされた。
こんな時間にかかってくるのは、あそこからしかない。
内容も分かっている。

ということで、今日は2号の小学校が休校になった。
すっきり晴れていい感じですが、午前7時過ぎの我が家の温度計は、
-25℃をさしていた。
この温度計を買って以来の記録だ。
昼ごろには、-20℃くらいに上昇しましたが、
午後8時現在の気温は、-23℃、華氏にすると ‐10°Fってところで、
まだまだ、低温が続く予報です。
で、またまた午後7時近くに学校区から電話がかかり、

明日も休みだってさ~!

確かにいつもと寒さが違う。
日没後に外出をしたら、車の排気ガスが真っ白に吹き出ていて、
道路がモヤってよく見えませんもん。

ちなみに、1号の高校は通常運転。
といっても、9時登校、11時帰宅という、休みのような登校時間でしたが。

そんな訳で、2号も家にいるし、予定もないので、お家でまったりしました。
というか、役員仕事が溜まっていたので、子どもが登校しようと
どのみち、自宅にいるつもりではあったんだけれど。

そんなワタシを見越した仲間から電話があり。
「こんな天気なら、家電に電話しても捕まると思った。」
ですって。
お見事なお手並みですわね。

でもしかし、仕事のある日ってなんだか現実逃避モードというか、
しばらくしていなかった、パン作りなんぞに手を出してしまったり、
ガールズナイトに持っていくメニューを考えたりして、
結局はなんだかんだと、美味しく忙しい一日を過ごしたのでした。


◆◆◆

そして、翌日になる今日、1月16日(金)
朝6時半の我が家の温度計は、-28℃(-20°F)を指していた。
流石にびっくり。
ニュースによると、今朝方の体感温度は、-37℃!(-35°F)とのことです。
同じくニュースよると、西海岸ではレコードハイで、最高気温は22℃(70°F)だとか。
めっちゃ、ゴルフ日和じゃん。

シカゴの今日の予想最高気温は、-15°くらい。
・・・・同じ国とは思えません。

以下、昨日の2号画伯の創作活動
f0006855_2340381.jpg

[PR]
by windchill2 | 2009-01-16 23:55


2004年8月15日より、オットの転勤に伴い、シカゴで駐在生活を送っています。子供と一緒に、アメリカ生活を楽しんじゃおう!


by windchill2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

東京都出身。
90年代にカリフォルニア州に駐在。2004年8月より、シカゴ郊外に2度目の駐在中。

《主な登場人物》
オット  
1号♂ 17さい 
2号♀ 12さい
累計: 検索エンジン登録 
本日: SEO対策
昨日: メール配信   
アクセスアップ


旧ブログ→→→→→→→


windchill659(a)gmail.com
↑の(a)を@に変更して送ってください。

多忙のため、お返事を書くことがなかなかできませんごめんなさい。
シカゴについてのご質問等は、US新聞ドットコム住むトコ.COMなどの掲示板を利用されると、情報が集まりますよ






AX
Free counters!
free counters


カテゴリ

全体
ごあいさつ
旅行
日本
未分類

以前の記事

2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
more...

最新のトラックバック

アクアリウムの調査
from アクアリウムのアレやコレ。。
アクアリウムRSS
from アクアリウムのアレやコレ。。
アクアリウムの調査
from アクアリウムのアレやコレ。。
アクアリウムに関する記事
from アクアリウムのアレやコレ。。
コラーゲンパックでお見合いへ
from お見合い

検索

タグ

(68)
(54)
(52)
(41)
(35)
(34)
(30)
(22)
(21)
(20)
(19)
(19)
(15)
(14)
(13)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)

人気ジャンル

忍者ツール

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧